日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス5号館
 御茶ノ水駅近くの日本大学理工学部駿河台キャンパスの5号館です。この辺りでは日本大学による校舎への建替えが計画されており、まずはこの南側の区画の校舎の建替えが始まります。規模は地上19階、地下3階、最高高さ82.90m、延べ27,329.68屬侶弉茲箸覆辰討い泙后

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス9号館
 これは3月13日撮影の9号館(地上14階、地下2階)です。引越のトラックが来ていました。

日本大学お茶の水総合開発(第2期)に伴う9号館解体工事
 撮影から数日後に解体工事のお知らせが掲示されていました。解体工期は2015年4月20日から2017年8月31日までで清水建設となっています。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス6号館
 隣の6号館(地上5階、地下1階)です。こちらは道路を塞いでクレーンを使って引越作業をしていました。理工学部なので何かの実験装置でしょうか?

日本大学お茶の水総合開発(第2期)に伴う6号館解体工事
 こちらの解体工期も2015年4月20日から2017年8月31日までで清水建設となっていました。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称) 配置図
 建築計画のお知らせに載せてある配置図です。最初の写真の5号館がある場所は広場となるようで、5号館はギリギリまで解体しなさそうです。実際、解体工事のお知らせも見当たらず、日本大学理工学部のHPのキャンパスマップを見ても5号館の名称が残っていました。6号館と9号館があった場所は南棟(仮称・建設中)と記載されています。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称) 完成予想図
 完成予想図です。オフィスビルっぽい外観です。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。施行者は解体工事と同じく清水建設となっています。着工は4月1日で解体工事の4月20日より早いという何とも不思議な日程となっています。

■日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)の物件概要■
名称:日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)
所在地:東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地
用途:学校(大学)、駐車場
階数:地上19階、地下3階
高さ:82.40m(最高高さ82.90m)
敷地面積:3,432.93
建築面積:1,458.00
延床面積:27,329.68
構造:鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:日本大学
設計:梓設計
施工:清水建設
工期:2015年4月1日着工〜2019年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ