勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 勝どきで建設中の巨大なトライスター型のタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。撮影した3月21日時点では18階あたりを建設中でした。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 北側から撮影。この写真には写らないようにしましたが、左側では環状2号線勝どき高架橋(仮称)が建設中で橋桁がすぐ隣まで伸びてきていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 西側から撮影。だいぶ高くなってきたので横向きで撮るのは今回が最後になるかもしれません。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 南側から撮影。縦向きでの撮影でも違和感ないくらいの高さになってきました。

 トライスター型とはY字型をしており、3つのウィングがあります。「勝どき ザ・タワー」はその3つのウィングを組み合わせて建物の間に制振装置を配置する「VDコアフレーム構法」が採用されています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 「THE TOKYO TOWERS」の共有施設棟前から見た「勝どき ザ・タワー」です。背後の「クレストシティレジデンス」(地上18階、高さ54.715m)より高くなったように見えます。

勝どき方面と富士山
 本日の自宅マンションから見た富士山です。富士山の左足元に見えているタワークレーンが「勝どき ザ・タワー」です。我が家からマンション本体が見えるまではまだもう少しかかりそうです。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ