新宿駅新南口ビル(仮称)の空撮
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)の空撮です。

 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中で鉄骨がグングン組まれていっています。低層階ではガラスカーテンウォールの取り付けも始まっています。ブログを書いていてふと思ったのですが、新宿ってガラスカーテンウォールの超高層ビルって少ないですね。

新宿駅新南口ビル(仮称)の空撮
 もう少し近くからもう1枚。撮影日は1月25日です。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 こちらは1月31日に撮影。ようやく超高層ビルらしい高さになりました。1〜5階が商業施設で6〜33階がオフィスフロアとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 個人的にはこの鉄骨むき出しの姿が好きです。

新宿交通結節点
 足元では低層のJR駅ビルと「新宿交通結節点」が建設中です。「新宿交通結節点」は屋上階となる4階が高速バス関連施設、その下の3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場と駅施設となります。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 地上から見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿タカシマヤの屋上から見た「新宿駅新南口ビル(仮称)」です。ニョキッと見えるようになっていました。

新宿駅新南口ビル(仮称)の空撮
 もう一度空撮です。縦に貫く幹線道路は甲州街道です。新宿駅あたりから先はこの甲州街道が区境となっており、左が渋谷区、右が新宿区となっています。「新宿駅新南口ビル(仮称)」が建っているのは渋谷区側です。

新宿駅新南口ビル(仮称)の空撮

新宿の超高層ビル群の空撮
 新宿の超高層ビル群の空撮です。まだまだ再開発の余地がありそうな新宿ですがこれからも新しい超高層ビル計画が出て来るんですかね?

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:駅舎、事務所、店舗、駐車場
敷地面積:17,860.96
建築面積:18,416.18
延床面積:136,541.88
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・大成鉄建・共同企業体
工期:2013年9月着工〜2016年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ