(仮称)大手町一丁目第3地区の空撮
 「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。

 タワークレーン4基で鉄骨を組んでいるのがA棟で地上31階、高さ168.28mの大きさになります。現地で見ると周辺のビルより1フロアが大きいような気がしていましたが、こうして上空から見てみると実際に他よりも大きいことがわかります。

 背後の赤いビルが「KDDI大手町ビル」(地上23階、高さ106.8m)です。その左側の隙間ではB棟となる星野リゾートのホテル「星のや東京」(地上18階、高さ87.67m、総客室数84室)が建設中です。

(仮称)大手町一丁目第3地区 A棟
 昨日撮影した「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」です。

 昨年話題となった「大手町温泉」が湧出した場所で、このA棟内に設置されるフィットネス施設で利用される予定となっています。隣の「星のや東京」にも温泉は提供される予定となっています。

(仮称)大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)
 「星のや東京」が建設される「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上18階、高さ87.67m)です。タワークレーンの設置はまだでしたが、ようやく地上鉄骨建方が開始されました。

(仮称)大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)
 先週も撮影に来ていたのですが、そのときはまだ地上鉄骨建方開始はまだでした。

大手町の超高層ビル群の空撮
 左上に反射光が入ってしまいましたが大手町の超高層ビル群全体の空撮です。大手町では「大手町連鎖型都市再生プロジェクト」が進行中で次々に超高層ビルに建て替えられていっています。それとは別に超高層ビルの建て替えも行われており、大手町から低層ビルが消えそうな勢いで超高層化が進んでいます。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
用途:事務所、宿泊施設(星のや東京)、店舗、駐車場、地域冷暖房施設
客室数:84室
階数(A棟):地上31階、塔屋2階、地下4階
高さ(A棟):高さ168.28m
構造(A棟):地上S造(一部CFT造)、地下SRC造
階数(B棟):地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ(B棟):高さ87.67m
構造(B棟):地上RC造一部S造(免震)、地下SRC造
基礎工法:直接基礎(べた基礎)
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体)、B棟:約12,200
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ