住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の空撮です。今までは「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」としていましたが、公式サイトが「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」としてオープンしているのでこちらの名称を使用します。

 タワークレーン4基で建設中の大きなビルが業務棟で地上40階、高さ230.06mとなります。隣のタワークレーンが1基だけある場所が地上27階、高さ109.05mの賃貸住宅棟となります。

 巨大な超高層オフィスビルだと思っていましたが、隣に建つ同じ住友不動産の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)と比べるとそこまで大きく見えないものですね。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 別角度からもう1枚。建設地は谷町ジャンクションのすぐ近くで、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 空撮の前日に現地から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の業務棟です。

 1階が4層吹き抜けのエントランス、5階、6階がカンファレンスセンター、7〜24階がオフィスフロア、25階が免震フロア、26階がスカイロビー、27階が機械室、28〜40階がオフィスフロアとなります。地下部は店舗や駐車場となり、地下3階から六本木一丁目駅に直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 この円形の鉄骨部分が1階の4層吹き抜けのエントランス部分となるようです。前の写真を見てわかる通り円形の鉄骨はエントランス部分だけのようです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 年末に撮影に行ったときはまだタワークレーンはありませんでしたが、今は住宅棟部分にもタワークレーンが設置されています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 ここに建設される住宅棟は賃貸マンションとなりますが、立地、周辺相場、新築、大規模再開発、タワーマンションといったことを考えると、本物のお金持ちにしか縁がないマンションになるのは確実です。

六本木・虎ノ門・赤坂の空撮
 最後に六本木、虎ノ門、赤坂全体の空撮です。

 このように超高層ビル、タワーマンションが多数建ち並んでいますが、この空撮の中では一番高い超高層ビルとなります。ただ、この左の方にはさらに高い東京ミッドタウン、六本木ヒルズがあります。

 ところで、公式サイトを見ると施工者が大成・大林建設共同企業体となっていました。建築計画のお知らせでは大林組だったのが途中で大成建設に変更になっています。ただ、着工したときのリリースでは大成・大林建設共同企業体となっていたので、大成建設が代表の共同企業体ということなのかもしれませんね。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ