(仮称)新鉄鋼ビル
 東京駅八重洲北口の隣接地で建設中の「(仮称)新鉄鋼ビル」(地上26階、最高高さ135m)です。「第一・第二鉄鋼ビルディング」の建替えで勢いよく鉄骨が組まれていっています。

(仮称)新鉄鋼ビル
 呉服橋交差点から撮影した「新鉄鋼ビル」です。1階、2階は店舗フロアでオフィスフロアは3階〜24階となるので、白い外壁部分からがオフィスフロアです。また、1階の一部は羽田・成田へ直結するリムジンバスのターミナルとなります。

(仮称)新鉄鋼ビル
 外壁にズームです。角に柱のないタイプのオフィスフロアとなります。マンションはこういった角部屋は一番良い部屋ですが、オフィスだと管理職はオフィスフロア窓側の中央で、こういった端は平社員となるんですかね。

オークウッドレジデンス東京
 隣のサービスアパートメント棟の「オークウッドレジデンス東京」(地上20階、最高高さ約100m)です。地下1階〜地上3階が商業施設フロアで1階にはバスターミナルが整備されます。4階、5階はビジネスサポートフロアとなり、6階からがサービスアパートメントの「オークウッドレジデンス東京」となります。

オークウッドレジデンス東京
 サービスアパートメントとは家具付きのマンションのことですが、ここは1泊から長期滞在まで対応しているのでホテル変わりに使用することも出来そうです。ただ、メインの顧客は海外から来るビジネスマン向けだと思います。

(仮称)新鉄鋼ビル
 横から見た「新鉄鋼ビル」と「オークウッドレジデンス東京」です。横幅があるので正面から見たときは大きなビルに見えましたが、こうして横から見ると東京駅周辺では普通レベルに見えますね。

■(仮称)新鉄鋼ビルの物件概要■
名称:(仮称)新鉄鋼ビル
サービスアパートメン部:オークウッドレジデンス東京
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目1番12及び中央区八重洲一丁目102番他

[オフィス棟]
用途:事務所、店舗、貸会議室、駐車場
階数:地上26階、塔屋1階、地下3階(オフィスフロアは24階まで)
高さ:約135m(建築計画のお知らせでは高さ140m)

[サービスアパートメント棟]
用途:サービスアパートメント、ラウンジ、フィットネス、店舗
階数:地上20階、地下2階
高さ:約100m

敷地面積:7,399.67
建築面積:5,600
延床面積:117,000
構造:鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)、中間免震構造
建築主:鉄鋼ビルディング
設計:三菱地所設計
施工:大成・増岡組建設共同企業体
工期:2013年4月15日着工〜2015年10月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。