都庁から見た中野の超高層ビル群
 中野5丁目の「中野ブロードウェイ」の隣に三菱地所レジデンスと首都圏不燃建築公社によるタワーマンション「(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事」(地上24階、最高高さ89.32m)が来年2月に着工予定となりました。

 これは東京都庁から見た中野の超高層ビル群で、写真中央あたりに中野駅があり、右端の白い建物が「中野ブロードウェイ」です。

都庁から見た中野ブロードウェイ
 「中野ブロードウェイ」にズームです。この右端の手前が「(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事」の建設地です。

 「中野ブロードウェイ」の総称は「コープ・ブロードウェイ・センター」(地上10階、高さ31m)で地下1階から地上4階までが商業施設、5階からが住宅となっています。今回、初めて「中野ブロードウェイ」を歩いてみましたが全長140mもあるだけあって長いですね。サブカルチャーで有名な場所ですが、そういった店舗は2階〜4階にあるようです。今回は時間がなくて1階を通り抜けるだけでしたが、次に中野に行くときはもうちょっと「中野ブロードウェイ」を歩き回ってみたいです。

(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事
 「(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事」の建設地です。この更地部分だけなのか他の既存建物までが範囲なのかはわかりません。後ろの白いビルが「中野ブロードウェイ」です。

(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事
 早稲田通りから見た「(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事」の建設地です。左側は中野ふれあいロードの商店街です。

(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事 建築計画のお知らせ
 「(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事」の建築計画のお知らせです。

■(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)中野区中野5丁目計画 新築工事
所在地:東京都中野区中野5丁目194番他(住居表示5丁目51番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
階数:地上24階、地下1階
高さ:83.62m(最高高さ89.32m)
敷地面積:1,928.27
建築面積:1,423.53
延床面積:17,993.79
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社
設計者:プラネック・デザイン 一級建築士事務所
施工者:未定
工期:2015年2月15日着工〜2017年7月末竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。