晴海客船ターミナルから見た豊洲
 晴海客船ターミナルから見た豊洲方面です。中央あたりに屋根が斜めになった建物が豊洲駅前で建設中の「豊洲シビックセンター」です。

豊洲シビックセンター
 豊洲駅前から見た「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)です。このように外観が随分と見えてきました。江東区の出張所、文化センター、図書館などが入ります。11階には展望ラウンジ、12階には屋上庭園が出来る予定なので楽しみです。

豊洲シビックセンター
 ららぽーと豊洲側から見た「豊洲シビックセンター」です。目の前には広大な空き地がありますが、ここは「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区」で地上35階、高さ約180mの高層階がホテルとなるA棟、地上23階、高さ約140mのB棟、高さ約80mのC棟が建設されます。低層部は商業施設となりららぽーと豊洲まで繋がる予定です。

豊洲シビックセンター
 「豊洲シビックセンター」の高層部です。11階には展望ラウンジ、12階には屋上庭園が出来る予定となっています。この見えている階段上の部分には木が植えられ緑化されます。詳細は下記、江東区のHPにある関連ドキュメントを御覧ください。

▼江東区
豊洲シビックセンターの整備

豊洲シビックセンター
 レインボーブリッジ側には「江東区 豊洲シビックセンター」の文字も取り付けられていました。11階の展望ラウンジのこの方向の窓側は行けそうなので、ここからの景色を見るのが楽しみです。ここまで完成しているので春頃にはオープンしそうに見えますが、2015年9月24日のオープン予定となっています。

■豊洲シビックセンターの概要■
計画名:江東区(仮称)シビックセンター
所在地:東京都江東区豊洲2丁目2番
階数:地上12階、塔屋1階、地下1階
高さ:69.90m
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.00
建築面積:1,980.00
延床面積:15,600.00
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造
建築主:江東区
設計者:日建設計
施工者:鴻池・多田・増 建設共同企業体
工期:2013年2月1日着工〜2015年7月竣工予定
オープン:2015年9月24日


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。