六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 六本木一丁目駅直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。ここは先週も載せましたが、そのときに工程表から2基目のタワークレーンが設置されることがわかっていたので、その2基目のタワークレーンを見てきました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。この通りタワークレーンが2基となりました。

 ここは規模的に考えてタワークレーンは4基体制になると思っていますが、撮影に行った12月13日時点では工程表が新しいのではなかったので、今週また新たなタワークレーンの設置があるのかどうかはわかりません。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 設置されたタワークレーンにズームです。設置順に1号機、2号機となっていました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 隣の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。基礎工事が進んでいます。

 ここは住友不動産の賃貸マンションとなりますが、参考までに近隣の同じ住友不動産が貸主の賃貸マンション「泉ガーデンレジデンス」(地上32階、高さ116m)の現在募集している部屋の家賃を見てみると、8階の1LDK(75.7)で月額44万円、26階の3LDK(178.4)で月額138万8000円となっています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 地上から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。最近はずっとこの高さで鉄骨を組んでいますが、もうすぐ勢いよく上へ伸び始めると思います。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。