晴海客船ターミナルから見た勝どき・晴海方面
 昨日の晴海客船ターミナルから見た勝どき・晴海方面です。右側の塔のようなものは中央清掃工場の煙突で、その右側では住友不動産のツインタワー「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)が勢い良く伸びています。左側の巨大なツインタワーが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)です。

晴海から見たTTTと勝どき ザ・タワー
 そんな「THE TOKYO TOWERS」の左側にタワークレーンが見えました。これはトライスター型の巨大なタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。ようやくタワークレーンが建てれていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 現地から見た「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。タワークレーンはまだ1基のみでしたが、大きさ的に最低でも3基のタワークレーンは建つと思います。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 タイミング良くトラックが出るためゲートが開いたので中を覗き込むと1階梁部分の型枠が見えました。柱部分の鉄筋コンクリートは出来上がっているようでした。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 別角度からもう1枚。次に見に行くのは来月になると思いますが、そのときにはタワークレーンが増えて上へ伸びはじめていると思います。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
販売:2014年5月上旬第1期販売予定
入居:2017年3月下旬予定

ザ・ワールド
 おまけです。昨日の出勤前に晴海客船ターミナルに行ったのはこの分譲型豪華客船「ザ・ワールド」を見に行ったためです。wiki情報になりますが購入するには資産10億円以上が必要だとか…ググってみると一番安い部屋でも約8000万円で年間管理費は400万だとか…とにかく船員以外はお金持ちしか乗っていない船です。

晴海客船ターミナル横の地質調査
 もう一つおまけです。晴海には2020東京オリンピックの選手村が建設されますが、そのスケジュールは2015年度に防潮堤などを先行整備、2016年度から基盤整備、宿泊棟建設などの工事に着手となっています。晴海客船ターミナルの隣の道路ではその下準備のためと思われる地質調査が行われていました。選手村は14階ということですが、それは選手村として使用するのは14階までということで、建設するのは14階以上でも良いようなので、どのような選手村となるのか今から楽しみです。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。