大手町温泉

 昨日、三菱地所より「大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業」敷地内において温泉掘削が完了し、温泉の湧出を確認するとともに、本温泉の源泉名を「大手町温泉」と命名したとニュースリリースがありました。

 この「大手町温泉」は深度約1500mまで掘削をしており、6月6日に湯を汲み上げサンプルを採取、公益財団法人中央温泉研究所で温泉分析を行い、7月14日温泉分析書を受領し温泉認定されたとのことです。成分分析の結果は泉温36.5度、湧出量240L/分、pH値7.3で泉質は「含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・中性・温泉)となっており、「療養泉」に分類され、疲労回復や健康増進、冷え症などの効果があります。

▼三菱地所:ニュースリリース(2014年7月15日)
大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業 敷地内 グローバルビジネス拠点・大手町に「大手町温泉」湧出 (PDF 456KB)

大手町の超高層ビル群
 これは東京スカイツリーから見た大手町の超高層ビル群です。矢印と名称を入れた部分が「大手町温泉」の掘削を行っていた「大手町一丁目第3地区」です。同再開発では地上31階、高さ168.28mのオフィス棟と地上18階、高さ87.67mの宿泊施設「星のや東京」が建設されます。

 「星のや東京」は温泉もある日本旅館とすると発表されていたので宿泊施設用の温泉だと思っていたのですが、オフィス棟側に設置されるフィットネス施設においても「大手町温泉」を利用する予定となっています。

 大手町では「大手町野村ビル」(地上27階、高さ138m)の25階〜27階に「コナミスポーツクラブ グランサイズ 大手町」があります。これに対抗するための温泉なのかなとも思います。開業は2016年春の予定です。

大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)

大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)
 「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟」(地上18階、高さ87.67m)の建設地です。「新公庫ビル」の跡地で上記の通り「大手町温泉」もある星野リゾートのホテルによる宿泊施設「星のや東京」がこの場所に建設されます。総客室数は84室の予定です。

大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)の外観予想パース
大手町一丁目第3地区 B棟(星のや東京)の外観予想パース[出典:東京都の報道発表資料]

 このように大手町としては小さめの建物になります。また、超高層ビルに囲まれた立地なので眺めは隣のビルだけだと思います。

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 B棟の物件概要■
名称:星のや東京
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上18階、塔屋1階、地下3階
高さ:87.67m
客室数:84室
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体):約12,200(単体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日竣工予定

大手町一丁目第3地区 A棟(オフィス棟)

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
 「大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上31階、高さ168.28m)です。「日本政策投資銀行本店ビル」「公庫ビル」の跡地です。

(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
 別角度からもう1枚。北側以外は超高層ビルに囲まれた立地です。大手町は「連鎖型都市開発」が行われており連続的に建て替えが行われどんどん超高層化が進んでいます。

(仮称)大手町一丁目第3地区 A棟の外観予想パース
大手町一丁目第3地区 A棟の外観予想パース[出典:三菱地所のニュースリリース]

■(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番
階数:地上31階、塔屋2階、地下4階
高さ:168.28m
敷地面積:11,171.91(全体)
建築面積:7,146.76(全体)
延床面積:205,354.38(全体)
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計・NTTファシリティーズ
施工者:戸田建設
工期:2014年4月1日着工〜2016年4月1日完了予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ