日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)
 先月、日本大学理工学部駿河台キャンパスの22階建てツインタワーへの建て替え計画が18階へ縮小となったとブログに載せましたが、計画地が職場から徒歩圏のため出勤前に見に行ってみました。

 この白いビルは日本大学理工学部の5号館で、この辺りは広場となります。その後ろの6号館、9号館がある場所に地上18階建ての南棟が建設されることになります。また、5号館の前には建築計画のお知らせが掲示されていました。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業(南棟)外観図
 建築計画のお知らせの看板に一緒に載っていた外観図です。当初計画よりは高さは低くなってしまいましたが、なかなか良いデザインだと思います。2〜5階が教室、6〜18階が研究エリアとなります。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業(南棟)外観図
 外観図をもう1枚。手前右で見切れているのはニコライ堂で、左背後に見切れているビルは「三井住友海上駿河台新館」(地上22階、最高高さ105m)です。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業(南棟)配置図
 配置図です。

日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)の建築計画
 建築計画のお知らせは、2019年3月竣工予定となっていますが、ビル自体は2018年3月には併用開始し、本郷通り沿いに建つ5号館の解体と広場の整備が2019年3月までです。

■日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)の物件概要■
名称:日本大学理工学部駿河台校舎キャンパス整備事業に伴う南棟(仮称)
所在地:東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地
用途:学校(大学)、駐車場
階数:地上18階、地下3階
高さ:82.40m
敷地面積:3,432.93
建築面積:1,410.01
延床面積:26,914.57
構造:鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:日本大学
設計:梓設計
施工:未定
工期:2015年4月1日着工〜2019年3月31日竣工予定

ニコライ堂
 ニコライ堂です。この背後に日大の新しいビルが建設されます。そのビルが建設後にニコライ堂に近い側の北棟の計画が具体化するようです。現時点では南棟と同規模が想定されています。


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ