日大理工学部駿河台キャンパス南棟の完成予想図
建設通信新聞より日大理工学部駿河台キャンパス南棟の完成予想図

 昨年の12月に日本大学理工学部駿河台キャンパスの22階ツインタワーへの建替計画が出ましたが、その続報が建設通信新聞に載りました。記事によるとまずは現在5,6,9号棟のある場所で南棟から建設がはじまります。規模は地上18階、地下3階の延べ約2万6800平米で、昨年記事が出たときの地上22階からは規模が縮小されています。また、現在3,4,7号棟のある場所で計画されている北棟は南棟と同規模を想定していますが、具体化するのは南棟の完成後のようです。

 設計は梓設計で、地下3階に機械式駐車場や機械室、地下2階に実験室、地下1階に管理室・倉庫、実験室、地上1階にエントランスホールや大教室、カフェ、購買室、2〜5階に教室、6〜18階を研究エリアとし、18階には音響実験室や機械室などとなります。

今後の以下のようなスケジュールを目指しています。
2014年度に近隣の日大法科大学院を改修して6,9号館の機能を一時的に移す
2015年4月〜2016年1月までに6,9号館を解体
2016年2月に南棟の着工
2017年12月に南棟の竣工
2018年4月に併用開始
2018年4月〜11月に5号館を解体

▼建設通信新聞:2014年6月24日
2.7万屐柱頭免震採用/日大の理工学部駿河台キャンパス南棟

日大理工学部駿河台キャンパス方面の空撮
 2013年1月の日大理工学部駿河台キャンパス方面の空撮です。矢印を書いた場所が南棟の建設地予定地です。矢印の右側が北棟の建設予定地です。
 また、すぐ隣の本郷通りの地下には東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅があります。そして右の方に少し行くとJR御茶ノ水駅、矢印の指す方向を下の方に行くと都営新宿線の小川町駅、メトロ丸の内地線の淡路町駅があります。

ニコライ堂
 上の空撮写真では見えていませんでしたが、日大理工学部駿河台キャンパスの裏には「ニコライ堂」があります。この背後に南棟と北棟が建設されることになります。

超高層ビビル4日本編2」発売中です。amazonの在庫はすぐに復活すると思いますが残りわずかです。よろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ