Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 池袋で建設中の複合施設「Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)」(地上49階、高さ189m)です。1,2階が商業施設、3階〜9階までが豊島区新庁舎、11階〜49階が分譲マンションの「ブリリアタワー池袋」となっています。これら全てを含めた施設全体の名称は「としまエコミューゼタウン」となっています。

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 少し離れたところから見た「ブリリアタワー池袋」です。これは4月12日の撮影ですが、その時点で44階まで伸びていました。上棟は5月の予定となっています。

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 豊島区新庁舎となる低層部です。現豊島区庁舎は2015年5月1日に閉庁し、2015年5月7日にこの新庁舎が開設となります。新庁舎は東京メトロ有楽町線の東池袋駅と地下通路で直結となります。

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 別角度から。マンション部の「ブリリアタワー池袋」は総戸数432戸(分譲住戸322戸、非分譲住戸110戸)ですが、販売から約7週間で完売しています。

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 ちょっと離れたところのコインパーキングから見た東池袋駅周辺のタワーマンション3棟です。

Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
 さらにもう1枚。こうゆうところから見るとかなり大きく感じます。

新宿から見た池袋の超高層ビル群
 新宿から見た池袋の超高層ビル群です。近くで見るとかなり大きく感じた「ブリリアタワー池袋」ですが、「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ約240m)と比べると近くで見たときよりも小さく感じます。

■ブリリアタワー池袋の概要■
名称(全体):としまエコミューゼタウン
名称(住宅):Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)
計画名称:南池袋二丁目A地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都豊島区南池袋二丁目24番24(地番)
階数:地上49階、塔屋2階、地下3階
高さ:189m
総戸数:432戸(分譲住戸322戸、非分譲住戸110戸)
敷地面積:8,330
建築面積:5,450
延床面積:94,800
建築主:南池袋二丁目A地区市街地再開発組合
売主:東京建物、首都圏不燃建築公社
設計・監理:日本設計(構造設計協力:大成建設)
デザイン監修:隈研吾建築都市設計事務所(外観および一部共用部)
施工:大成建設
販売代理:東京建物不動産販売、三井不動産レジデンシャル
工期:2011年9月1日着工〜2015年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ