新宿駅新南口ビル(仮称)
 新宿駅新南口駅舎跡地で建設中の「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。1ヶ月以上前にタワークレーンが組立が始まったと教えて頂いていたのですが、その頃は超高層ビビル4日本編2の作業で忙しく撮影に行けませんでした。今はもう印刷所での印刷・製本の段階に入っているのでようやく撮影に行くことが出来ました。撮影日は10日前の4月12日で埼京線ホームから撮影しています。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 今見えているのは地下部分で地下1階、と地下2階は駐車場となります。そして地上1階〜5階が商業施設となり、6階〜33階がオフィスフロアとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」の建設地は甲州街道と新宿タカシマヤの間です。新宿と言えば超高層ビルですが、ここが一番JR新宿駅から近い超高層ビルとなります。

新宿駅新南口ビル(仮称)と新宿交通結節点
 「新宿駅新南口ビル(仮称)」の隣では「新宿交通結節点」が建設中です。もうかなり建設が進んでいるように見えますが完了予定は2015年度です。一番上の4階部分が高速バス関連施設、3階がタクシー、一般車の乗降場、2階が歩行者広場、駅施設となります。ちなみに1階は既存の新宿駅ホームです。

■新宿駅新南口ビル(仮称)の物件概要■
名称:新宿駅新南口ビル(仮称)
計画名:新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目他
階数:地上33階、地下2階
高さ:高さ167.31m(最高168.16m)
用途:事務所、店舗、駐車場、駅舎
敷地面積:18,699.08
建築面積:18,416.48
延床面積:136,700
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:国土交通省・東日本旅客鉄道
設計:東日本旅客鉄道
施工:大林・鉄建・大成・大和小田急共同企業体
工期:2006年2月4日着工〜2016年3月31日竣工予定

新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の完成イメージ図

新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図
JR東日本より新宿駅新南口ビル(仮称)の断面図


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ