大崎ウィズシティ
大崎駅の南側に建つオフィスビルと分譲マンションからなる複合施設
大崎ウィズシティ」の2013年末の様子です。

右の少し背の高い方がオフィスビルの
大崎ウィズタワー」(地上24階、高さ110.215m)です。

左の白い建物が分譲のタワーマンションで
ル・サンク大崎ウィズタワー」(地上25階)です。

ル・サンク大崎ウィズタワー
新幹線から撮影した「ル・サンク大崎ウィズタワー」です。
上層階のみ角の形が他のフロアと異なります。
また、箱型のタワーマンションに見えますがL字型の配置となっています。

大崎ウィズシティ
ル・サンク大崎ウィズタワー」と「大崎ウィズタワー」の境目です。

大崎ウィズシティ
2014年1月竣工予定ということもあり敷地周りも完成していました。
大崎駅とはペデストリアンデッキで直結となります。

大崎ウィズシティの物件概要
名称(全体):大崎ウィズシティ
名称(事務所棟):大崎ウィズタワー
名称(住宅棟):ル・サンク大崎ウィズタワー
計画名:大崎駅西口南地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都品川区大崎2丁目834番地
用途:事務所・共同住宅・店舗・児童福祉施設(高齢者施設)・駐車場
総戸数:204戸(地権者住戸含む)
階数(事務所棟):地上24階、塔屋1階、地下2階
階数(住宅棟):地上25階、地下2階
高さ:高さ110.215m
敷地面積:7,171.46
建築面積:3,691.51
延床面積(全体):58,456.59
延床面積(事務所):29,849.17
延床面積(住宅):20,265.35
延床面積(店舗):1,194.72
延床面積(公共施設):1,179.85
構造(事務所棟):S造(地下:SRC、RC造)
構造(住宅棟):RC造(地下:SRC、RC造)
建築主:大崎駅西口南地区市街地再開発組合
   (日本土地建物、山田建設、NIPPOコーポレーション、セコムホームライフ)
売主:NIPPO
設計:協立建築設計事務所・清水建設
施工:清水・NIPPO建設共同企業体(清水建設・NIPPO)
完成予定:2014年1月
入居予定:2014年2月


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ