既にリンク先の記事はありませんが約1年前にツイートした
渋谷区総合庁舎渋谷公会堂の建替え計画の続報が出ました。


渋谷区総合庁舎は1964年に完成しましたが耐震性に問題があるため
渋谷公会堂も含めて建て替えという内容でしたが
今回はその建替え計画の詳細内容が明らかになりました。

▼建設通信新聞:2014年1月6日
大手デベ・設計グループ案特定/月内にも基本協定締結/渋谷区

渋谷区/区庁舎・渋谷公会堂再整備計画の空撮
記事によるとまずは「渋谷区総合庁」を仮庁舎に移転し
現庁舎の西側に地上15階、高さ65m、延べ約3万屬凌慶舎を建設を計画。
2015年度着工、2018年度完成(工期27ヶ月)のスケジュールとなっています。

そして現在「渋谷公会堂」がある辺りには
地上37階、高さ121m、総戸数414戸、延べ4万5300屬離織錙璽泪鵐轡腑鵑魴設する計画で
2019年度の完成を予定しており工期は42ヶ月となっています。

また新「渋谷公会堂」は敷地東側に
地上5階、高さ27m、延べ約1万2000屐2000席で建設する計画で
こちらも2019年度の完成を予定しており工期は36ヶ月となっています。

事業費は367億円で住宅部分には完成後70年の定期借地権を設定する計画です。
耐震性の問題での建替えなのでこの計画は順調に進むのではと思います。

恵比寿ガーデンプレイスから見た渋谷方面
恵比寿ガーデンプレイスから見た渋谷方面です。

中央に「NHK放送センター」(地上23階、高さ101.8m)が見えていますが
ちょうどこれの手前あたりに37階建てタワーマンションが建設されます。

それにしても渋谷は再開発計画が目白押しですね。
今後、10年くらいの間で一番変化が激しい場所の気がします。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ