渋谷ヒカリエから見た渋谷駅桜丘口地区再開発計画方面
昨日、東急不動産から東京都知事に対して都市再生特別措置法に基づく
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の都市計画提案を行ったと発表がありました。

これは「渋谷ヒカリエ」からの眺めですがちょうどこの方角が
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の計画地方面です。

総延床面積約241,400屬了務所・商業・住宅などを建設する計画で
歩行者デッキなどで渋谷駅と繋がる巨大な再開発です。

▲東急不動産:ニュースリリース(2013年12月19日)
渋谷駅桜丘口地区再開発計画に関する都市計画の提案について(PDF)

渋谷駅周辺の空撮
渋谷駅周辺の空撮です。
白い枠の中が「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」です。
他の渋谷駅周辺の再開発も名称だけ入れてみました。

A街区のA-1棟は地上36階、高さ約180mのオフィスビル
B街区には地上32階、高さ約150mのタワーマンションが建設されます。
各街区の計画概要は以下の通りとなっています。

計画概要
事業主体:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発準備組合
所在:東京都渋谷区桜丘町1番地、2番地、3番地、及び4番地、8番地の各地内、他
用途:事務所、店舗、住宅、生活支援施設、起業支援施設、教会、駐車場等
敷地面積:約17,000
延床面積:約241,400
開業予定:2020年頃

A街区概要
用途:事務所、店舗、起業支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,070
延床面積:約174,800
階数:A1棟 地上36階、地下5階
   A2棟 地上15階、地下4階
高さ:A1棟 約180m
   A2棟 約90m

B街区概要
用途:住宅、事務所、店舗、生活支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,510
延床面積:約65,900
階数:地上32階、地下2階
高さ:約150m

C街区概要
用途:教会等
敷地面積:約420
延床面積:約700
階数:地上4階、地下1階
高さ:約30m

渋谷駅桜丘口地区再開発計画方面
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の現地です。
今はまだ既存建物が建っています。

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の完成予想図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の完成予想図

左が地上36階、高さ約180mのA-1棟
右が地上32階、高さ約150mのB棟です。

B棟の高層階は住宅、中低層階は事務所やサービスアパートメントとなります。

この完成予想図は格好いいですね。
普段は再開発情報が出るとそのURLをツイートする程度ですが
昨日は思わず完成予想図もツイートしてしまいました。

最新情報を見つけ次第ツイッターでツイートしていますので
もしよろしければフォローしてください。
フォロー返しはしていませんが(^^;)
@bluestylecom

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の断面図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の断面図

歩行者デッキで渋谷駅に繋がります。
また、地下駐車場を繋いで地下車路ネットワークの整備も行われます。

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の計画地図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の計画地図

計画地はJR沿いでJRの線路を挟んだ隣では
(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発が行われています。

恵比寿ガーデンプレイスから見た渋谷駅方面の眺め
恵比寿ガーデンプレイス」から見た渋谷駅方面です。
東京オリンピック2020の頃には全然違う景色になっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ