武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
武蔵浦和駅の南側、徒歩3分の位置で建設中の
武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」(地上32階、高さ99.87m)です。
7月25日に起工祝賀会が行われるなどようやく着工されました。

この広大な敷地に総戸数776戸(南棟、東棟、西棟、シニア棟、SOHO棟)
という巨大な分譲マンションが建設されます。

来月、9月上旬には専用サイトがオープン
2014年1月には販売センターが開設される予定となっています。

武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」の南棟の建設予定地です。
南棟は32階建てのタワーマンションとなります。

武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
こちら側には中層棟が建設されます。

手前奥(左)がシニア棟、右が西棟
線路側左がSOHO棟、右が東棟
そして一番線路側は駐車場棟となります。

武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業 建築計画
武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。
一部ニュースリリースの値に書き換えています。

建築物の名称:武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
地名地番:さいたま市南区影沼1丁目、白幡5丁目の各一部

階数:地上32階、地下1階
高さ:99.86m

敷地面積:19,085
建築面積:13,187
延べ面積:95,510

着工予定:平成25年2月(2013年2月)
完了予定:平成28年3月(2016年3月)

事業者:武蔵浦和駅第3街区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産、三菱商事、三菱地所レジデンス
設計者:久米設計
施工者:清水建設

武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
敷地を南側から見た様子です。
武蔵浦和駅を中心にタワーマンションが建ち並んでいます。

武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業
北側から見た「武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」です。
武蔵浦和駅周辺の再開発エリアでは最南端に位置しています。

さらに南側にはロッテの浦和工場があるので
南側の眺望はロッテがある限り安泰です。

そのロッテの建物の左奥に見えるのが
北戸田駅前に建つタワーマンションです。

北戸田ファーストゲートタワー
そんな北戸田駅前に建つ分譲のタワーマンション
北戸田ファーストゲートタワー」(地上30階、高さ99m)です。

見ての通り外観は既に完成しており
来月、9月下旬から入居開始予定となっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ