昨日、7月30日に東京都の都市整備局より
西品川一丁目地区市街地再開発組合の設立認可について
の発表があり、本日、2013年7月31日に設立認可されることになりました。


より大きな地図で 西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 を表示

今回設立が認可される「西品川一丁目地区市街地再開発組合」による
西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業」とは
大崎駅の南側の国際自動車教習所跡地などの大規模再開発です。

線路に近い側の囲った場所がA街区で
地上24階、地下恭、塔屋1階、高さ120m
の店舗も含むオフィスビルが建設されます。

南側の囲った部分がB街区で
地上25階、地下1階、塔屋1階、高さ100m
のタワーマンションが建設されます。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業
北側から見た完成予想図(イメージパース)です。

オフィスビルはかなり巨大になりそうです。
タワーマンションは階段状の特徴的なデザインとなっています。

それにしても大崎駅西口側のタワーマンションは
ここも含めてどこも南側がメインとなっていますね。

未だに日当たりの良い南向き信仰が強いのでしょうか?
この場所なら線路側の北東側の方が眺望がいいと思うのですが…
そう思うのは超高層ビルマニアくらいですかね(^^;)

六本木ヒルズから見た大崎方面の超高層ビル群
約1年前に六本木ヒルズから見た大崎方面の超高層ビル群です。

現在は左下の高輪台駅周辺がもうちょっと賑やかです。
そして写真中央辺りには「大崎ウィズシティ」が見えると思います。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業
も写真中央あたりになると思うのですが
大崎はかなり大きな超高層ビル群になって来ているので
見えてもちょっとだけになりそうですね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ