新宿駅南口地区基盤整備事業
新宿駅の南口で進められている整備事業
新宿駅南口地区基盤整備事業」です。

屋根のような鉄骨が組まれているところが4階部分で
高速バスのバスターミナルとなります。

その下の3階部分がタクシーや一般車両の乗降場となり
さらにその下の2階部分に駅の改札が整備されます。

そしてその右側で鉄骨が組まれている建物がJR駅ビルとなり
さらに右側の巨大な穴が開いている場所に
新宿駅新南口開発ビル」(地上33階、高さ168.16m)
の超高層オフィスビルが建設されます。

新宿駅南口地区基盤整備事業
地上から見た「新宿駅南口地区基盤整備事業」です。
超高層ビル以外は「新宿交通結節点整備」とも呼ばれています。

新宿駅南口地区基盤整備事業
反対側から見た「新宿駅南口地区基盤整備事業」です。

新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
新宿駅新南口ビル(仮称)」の工事現場です。

1階〜5階が商業施設の「ルミネ」
5階〜7階が多目的ホール、子育て支援施設、屋上広場
6階〜33階がオフィスフロア
そして地下は駐車場となる予定です。

完成は2016年春の予定です。

新宿駅南口地区基盤整備事業の空撮
新宿駅南口地区基盤整備事業」の空撮です。

左下に写っている大きな建物は「新宿タカシマヤ」です。

新宿の超高層ビル群の空撮
新宿全体の超高層ビル群の空撮です。

こうして見ると新宿は超高層ビルは高さがありますが
棟数はそれほど多くは見えないですね。

ただ「新宿駅南口地区基盤整備事業 新宿駅新南口開発ビル
が建つことによって新宿の超高層ビル群に広がりが出そうです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ