ウールワースビル

 アメリカの出国は超簡単で普通に飛行機に乗るのと同じような感じでビックリ。去る者は去れ!って感じなんですかね?そんな本日もクリックよろしくお願いします。→ここをクリック(ブログランキング)

 ロウアーマンハッタンにあるグランドゼロ近くのウールワース・ビルです。設計はカス・ギルバート、地上60階、高さ241m、1913年竣工です。1929年にクライスラービルが建つまでは世界一の高さでした。
 高さ241mというと都庁(地上48階、高さ243.4m)よりちょっと低く、六本木ヒルズ(地上54階、高さ238m)よりちょっと高いくらいです。そんな高さの建物が今から100年近く前に建っていたということに驚かされます。

 ウールワースビルの場所は、googleマップへのリンクを貼っておくのでそこで確認して下さい→クリック

ウールワースビル

 このビルを建てたフランク・ウールワースは、5セントストア、10セントストアで成功したウールワース社の創業者です。日本で言うとダイソーみたいな感じですかね。

 ウールワースビルの外観は、このようにゴシック様式を取り入れており、ヨーロッパの聖堂やお城などのを連想させますが、このビルはオフィスビルとして使用されています。「商業の大聖堂」と呼ばれていたようですが納得です。

ウールワースビル

 近代的な超高層ビルならば、高さが違うくらいで日本でもいろいろと見ることが出来ますが、こういった外観の超高層ビルはニューヨークならではじゃないかなと思います。
 NYには日本では見ることのない外観のビルが多く、どのビルも新鮮でとても良かったです。

ウールワースビル

 入り口もこのように細かな装飾がしてあります。中には入っていいのかどうかわからなかったので、外観を見るだけにしましたが中を見てみたかったです。1942年まで54階に展望室があったようなので、それが復活する日が来たらいいなーなんて思っています。

参考URL:摩天楼ブルース(4)商業の大聖堂