昨日、すみだタワーのデザイン監修者と設計者が決定の発表がありました。デザインは、元東京芸術大学学長の澄川喜一氏と、東京大学名誉教授の安藤忠雄氏になりました。安藤氏が手がけた作品は、最近では表参道ヒルズが有名です。基本設計の方は、東京タワーと同じく日建設計になりました。
 またHP上で『届け!私が想う新タワー』と題したアンケートも実施されています。ネット上では評判の悪かったデザインですが、アンケートではデザインについてもあるので、理想のデザインを伝えるにはいい機会かと思います。
 このアンケートの項目で、「新タワーの展望台に欲しい施設は何ですか。」というものがあり、その選択肢の一つに「天空回廊(空中遊歩道)」がありました。選択肢にあるということは、空中遊歩道を作るプランもあるということでしょうか。思っていたよりも楽しめる施設になりそうな気がしています。