超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

サンストリート亀戸跡地!地上25階「プラウドタワー亀戸クロス」の建設状況(2021.3.14)

プラウドタワー亀戸クロス

 江戸川区の自宅から見た「プラウドタワー亀戸クロス」(地上25階、最高高さ83.42m)です。板状のマンションが2棟並んでいますが、ちょうど東大島駅近くの「コーシャタワー小松川」(地上30階、高さ93m)の背後で半分以下しか見えません。



プラウドタワー亀戸クロス

 同じ日(2021年3月14日)に近くの橋から撮影。左は首都高小松川線で高架下には自転車も走行可能な遊歩道があるので、自転車で都心に行くときにはよく使っています。



プラウドタワー亀戸クロス

 「プラウドタワー亀戸クロス」にズームです。左がブライトタワー、右がゲートタワーです。両棟の隙間は少ししかないのでくっついているように見えます。



プラウドタワー亀戸クロス

 近くから撮影。写真には写っていない右側には区立第二亀戸小学校があり、手前の敷地では区立第二亀戸小学校の増築工事が行われています。



(仮称)江東区亀戸六丁目計画

 こちらは小学校の増築工事ではなく同じ敷地で建設中の大型ショッピングモールです。100店舗超のテナントが入居予定で2022年夏に開業予定となっています。建設地は大型ショッピングモールの「サンストリート亀戸」の跡地で再びショッピングモールが誕生することになります。



プラウドタワー亀戸クロス

 敷地西側にある「亀戸緑道公園」と「プラウドタワー亀戸クロス」です。この緑道を写真左奥(北側)に行くと亀戸駅があり、その反対側の南側に行くと都営新宿線の西大島駅があります。公式HPには最寄り駅としては亀戸駅しか記載がありませんが西大島駅も徒歩圏です。



プラウドタワー亀戸クロス

 亀戸駅側から撮影。



プラウドタワー亀戸クロス

 路地を入った側は静かな場所でしたが、こちら側は目の前が京葉道路のため交通量の多いです。



プラウドタワー亀戸クロス

 ショッピングモールはマンション本体側にもう少し大きくなり、マンション4階部分とデッキで直結となります。

 ショッピングモール直結タワマンは何ヵ所かあり、以前「ブリリアタワー東京」にお邪魔したときに直結通路で「オリナス錦糸町」にも行かせてもらいましたが、一般の人は通れない道なので何だか特別な気分になったのを覚えています。



(仮称)江東区亀戸六丁目計画

 大型ショッピングモールにズームです。ここは自転車で行ける場所なのでどんな店が入るのか楽しみにしています。


(仮称)江東区亀戸六丁目計画

 近くの歩道橋から見た建設中のショッピングモールです。まだ外壁が見えていないこともあり背後の「プラウドタワー亀戸クロス」と一体となって巨大な建物にも見えます。



プラウドタワー亀戸クロス 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「プラウドタワー亀戸クロス」の完成予想図です。以前は掲載されていなかったと思いますが久しぶりに公式HPを見ると追加されていました。



プラウドタワー亀戸クロス 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 以前からある亀戸駅側から見た完成予想図です。撮影時のショッピングモール部分は、手前の窓がある部分の建設がまだ始まっていない状態でした。



プラウドタワー亀戸クロス 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 近くから見上げた完成予想図です。部屋によっては景色がショッピングモールの壁となりそうです。



プラウドタワー亀戸クロス 空の間完成予想CG
空の間完成予想CG[出典:公式HP]

 共用施設として22階に設置されるラウンジ「空の間」です。



プラウドタワー亀戸クロス 空の間完成予想CG
空の間完成予想CG[出典:公式HP]

 ゲートタワーの北側のため東京スカイツリービューとなります。



プラウドタワー亀戸クロス ゲストスイート空 完成予想CG
ゲストスイート空 完成予想CG[出典:公式HP]

 22階にはゲストルームとなるゲストスイート「空」も配置されます。



横丁エリア完成予想CG
横丁エリア完成予想CG[出典:公式HP]

 ショッピングモールとマンションはこのようにデッキで接続されます。



芝生エリア完成予想CG
芝生エリア完成予想CG[出典:公式HP]

 マンションとショッピングモールの間にある芝生エリアにはイベントに使えるステージも整備されます。サンストリート亀戸時代にもステージがあり売れる前のPerfumeが無料ライブをやっていたことでも有名でしたが、今度は隣がマンションのためライブイベントが行われるかは不明です。部屋でノンビリしているところに「タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャー!」とか聞こえて来たら嫌でしょうからね。



プラウドタワー亀戸クロス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(住宅棟)■
名称:プラウドタワー亀戸クロス
仮称:(仮称)江東区亀戸六丁目計画
所在地:東京都江東区亀戸6丁目31番1他(地番)
用途:共同住宅、商業、保育施設、駐車場等
総戸数:934戸(ブライトタワー482戸、ゲートタワー452戸)
階数:地上25階、地下2階
高さ:81.72m(最高高さ83.42m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:22,989.26
建築面積:2,214.85(ゲートタワー)、2,570.61(ブライトタワー)、9,797.37屐幣Χ氾錙
延床面積:42,557.83(ゲートタワー)、54,406.50(ブライトタワー)、58,256.92屐幣Χ氾錙
建築主:野村不動産
売主:野村不動産、三菱地所レジデンス
設計者:前田建設工業
施工者;前田建設工業
工期:2019年7月上旬着工〜2022年1月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

森トラストが赤坂見附に高さ140mの超高層複合ビル建設!地上26階「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地の様子

(仮称)元赤坂一丁目計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した赤坂見附駅周辺です。写真中の赤い網掛けをした場所で森トラストによる超高層複合ビル「(仮称)元赤坂一丁目計画」が建設されることになりました。

 規模は地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ140m、敷地面積2,398.91屬紡个靴瞳築面積1,200屐延床面積31,000屐▲侫蹈構成は不明ですがホテルと事務所で構成されます。建築主は森トラスト、設計者はプランテック総合計画事務所、施工者は未定で、2022年8月1日着工、2025年2月14日の竣工予定となっています。

 建設地の背後は「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)でこれよりも少し低いビルとなります。また、右側の大きなビルが赤プリ跡地の「東京ガーデンテラス紀尾井町」(地上36階、高さ180m)でその左側の茶色のビルが「ホテルニューオータニ ガーデンコート」(地上30階、最高高さ134.7m)です。これと同じくらいの高さの複合ビルとなります。



赤坂Kタワー

 2021年3月27日に撮影した「(仮称)元赤坂一丁目計画」の計画地方面です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 「赤坂Kタワー」の手前にある「赤坂見附MTビル」(地上11階、地下2階、1975年2月)と「赤坂見附アネックス」(地上10階、地下1階、1964年6月)が建設地となります。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 弁慶橋から弁慶濠越しに撮影。



THE ROSE & CROWN

 「赤坂見附MTビル」の1階に入っていた「ザ・ローズ&クラウン 赤坂店」は2020年12月25日に閉店していました。この時期の閉店はコロナの影響と思われそうですが、再開発となると建替えに向けた閉店だったのかもしれないですね。



赤坂Kタワー

 「(仮称)元赤坂一丁目計画」の隣に建つ「赤坂Kタワー」は鹿島建設が企画・開発・設計・施工し所有する超高層複合ビルで、左の低いビルは鹿島建設の本社となっています。そんな鹿島建設と関わりのある地のため施工者は鹿島建設になるのではと思っています。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 少しズームです。青い案内標識のすぐ後ろの小さなビルが既存ビルの「赤坂見附アネックス」(地上10階、地下1階、1964年6月)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 その「赤坂見附アネックス」の背後が「赤坂見附MTビル」(地上11階、地下2階、1975年2月)です。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 現地には建築計画のお知らせが設置されていましたが、解体工事のお知らせはまだ設置されていませんでした。着工予定が来年8月のため1年後には既存ビルの地上部は姿を消していそうです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 建設地は三角形の角地で建築面積は1,200屬靴ありません。高さ140mの超高層ビルとしては細身な外観となりそうです。



(仮称)元赤坂一丁目計画

 ちなみに既存ビルが解体されたタイミングが背後の「赤坂Kタワー」(地上30階、高さ157.93m)をキレイに撮る最初で最後のチャンスだと思っています。



(仮称)元赤坂一丁目計画 計画地案内図

 現地に掲載されていた計画地案内図です。目の前には赤坂見附駅に繋がる地下通路の入り口があります。



(仮称)元赤坂一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)元赤坂一丁目計画
所在地:東京都港区元赤坂一丁目201番1,205番3
用途:ホテル、事務所
階数:地上26階、塔屋1階、地下2階
高さ:140m(最高高さ140m)
構造:鉄骨造、SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:2,398.91
建築面積:1,200
延べ面積:31,000
建築主:森トラスト
設計者:プランテック総合計画事務所
施行者:未定
工期:2022年8月1日着工〜2025年2月14日竣工予定

国立競技場巨木土台化計画!

国立競技場巨木土台化計画

 本日4月1日、情報通の志賀津田氏より『国立競技場巨木土台化計画』なる構想が寄せられました。同計画は1年延期となった東京2020オリンピックに間に合うよう「国立競技場」の土台を巨木に置き換えるというもので、工期の都合により一晩で巨木に成長する「ジャックと豆の木」に出てくる豆を探しているとのことです。

 また、当初想定よりも建物の総重量増加により地盤沈下の恐れがあるため担当者は「ラピュタに出てくる飛行石を巨木の中心に置けば軽くなるんんじゃね?知らんけど」と言っていました。

 配管や人の動線など気になるところが多々ありますが「それは豆と飛行石が見つかってから考えればいい」とマックで女子高生が言っていたとのことです。



 ということで、エイプリルフールネタでしたが、もうこんなネタしか思いつかず…。来年からは何かネタが思いついたときだけやることにします(^^;)

本日で「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」が閉館!ホテルパシフィック東京として開業して約50年。解体され新たな超高層ビルへ建て替えられます

SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 品川駅西口前の「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」(地上30階、高さ112.5m)です。旧「ホテルパシフィック東京」と言った方がわかりやすいでしょうか。現在は「京急EXホテル品川」として営業していますが「シナガワ グース」が本日2021年3月31日に閉館することに伴い、本日の宿泊をもってホテルの営業も終了します。

 今後は解体されトヨタ自動車を共同事業者として新たな複合ビルが建設される計画となっています。階数、高さは不明ですが延床面積約20万崢供⇒囘咾魯フィス・MICE・商業・ホテル等で計画されておりオフィスはトヨタ自動車が活用します。21年度初め頃には解体工事に着手し2024年頃までの完成を目指すとされています。

▼京浜急行電鉄:IRニュース(2020年4月6日)
品川駅西口地区におけるシナガワ グース敷地を活用した当社開発に関するお知らせ

▼SHINAGAWA GOOS
公式HP



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 ということで一度も行ったことがなかったので2021年3月20日に見納めに行ってきました。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 エントランスです。天井の照明が印象的でした。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの眺め

 見納めに使ったのは30階のレストランチェリー ウィズ スカイバー。行こうと思い立ったときには土日の昼間はウエディング系が入っていたので18時からの食事に行ってきました。

 ここに行ったら見たかったので高輪ゲートウェイ駅前に出土した「高輪築堤」の遺構。もう暗くなり始めていましたがギリギリ見ることができました。大きな溝がある場所が「高輪築堤」です。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)から見た高輪築堤

 「高輪築堤」にズームです。望遠レンズに変えた頃にはさらに暗くなっておりあまりキレイに撮れずでした。

 この「高輪築堤」の一部は現地で保存される計画で、高輪ゲートウェイ駅前の再開発で建設される超高層ビルのうち1棟の設計を見直すとのことです。残りの遺構は移築や埋め戻す方針とのことです。高輪ゲートウェイ駅前の再開発が終わると次にまた再開発があるのは100年後とかになると思いますが、そのときにはまた「高輪築堤」が掘り起こされ同じような議論が起きるのかもしれませんね。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの眺め

 「シナガワ グース」の30階からの眺めです。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの眺め

 品川駅です。北側にコンコースや北口駅前広場の整備が計画されていますがその工事ですかね。超高層以外はキチンと調べていないのでイマイチよくわかっていません。

▼JR東日本:ニュースリリース(2019年2月26日)
品川駅のお乗り換え利便性向上と混雑緩和及びバリアフリールートの拡充に取り組みます



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)から見た品川駅

 品川駅です。周辺は再開発が進んでいますが駅舎はちょっと古さを感じます。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)から見た飛行機

 こうして撮っているとすぐ上を飛行機が何機か通り過ぎていきました。この辺りからだと結構近いです。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの夜景

 夜景です。東京タワーと高輪ゲートウェイ駅が目立っていますが、右側には東京スカイツリーがギリギリ見えています。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)から見た高輪ゲートウェイ駅

 隈研吾が建築デザインした夜の『高輪ゲートウェイ駅』はいいですね。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)から見た高輪ゲートウェイ駅

 今はこうして目立っていますが目の前に再開発ビルが建ち並ぶとまた雰囲気が変わりそうです。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの夜景

 品川駅周辺の超高層ビル群です。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)からの夜景

 羽田空港の高さ制限がなければもっと高い超高層ビルが建ち並んでいたかもしれませんね。



京急EXホテル品川 閉館まであと12日

 「京急EXホテル品川」のロビーです。閉館までのカウントダウンがありました。



ホテルパシフィック東京の建設前

 その隣では建設前から現在に至るまでの50年間の歴史パネル展が開催されていました。本日までの開催です。



建設中のホテルパシフィック東京

 1969年7月の基礎工事着工時の様子です。



建設中のホテルパシフィック東京

 1970年4月には鉄骨建方がスタートし、1フロア5日のペースで進み1970年9月には最上階に達したとのことです。約5ヵ月で30階まで達するとはなかなかのペースです。



建設中のホテルパシフィック東京

 そして1970年10月8日には上棟式が行われ最後の鉄骨が上がっていったとのことです。こういった盛大な上棟式って今でもやっているところはあるんですかね?長年超高層ブログをやっていますが上棟式の話は聞いたことがありません。



建設中のホテルパシフィック東京

 1970年8月から12月にかけては外壁の取付作業が行われました。有田焼タイルを打ち込んだコンクリートパネルで光線の状態により七色に変化するとのことです。



ホテルパシフィック東京

 そして1971年7月27日に「ホテルパシフィック東京」として開業しました。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)跡地の再開発ビル

 今後は解体され面影は全くない別の超高層ビルへ建て替えられます。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 そんなパネル展を後にして外から見た「ホテルパシフィック東京」です。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 ホテル部の「京急EXホテル品川」は明日のチェックアウトを最後に営業終了します。こうして窓明かりがあるのは今夜が最後となりそうです。解体工事のお知らせはまだ見当たりませんでしたが見納めするなら今のうちです。

■物件概要■
名称:SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)
旧名称:ホテルパシフィック東京
所在地:東京都港区高輪3丁目13-3
用途:ホテル
総客室数:935室
階数:地上30階、塔屋3階、地下3階
高さ:112.5m
敷地面積:23,022.88
建築面積:7,616
延床面積:82,730
建築主:京浜急行電鉄
設計者:坂倉建築研究所、東京建築研究所、桜井建築設備研究所、森村協同設計事務所
施工者:鹿島建設、東急建設
工期:1971年6月竣工

街区名が『MEGURO MARC(メグロマーク)』に決定! 〜JR東と野村不動産による再開発〜 32階、24階タワマンなど「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト」の建設状況(2021.3.24)

MEGURO MARC

MEGURO MARC 外観イメージ
外観イメージ[出典:野村不動産]

 西五反田3丁目のJR東日本と野村不動産グループによる再開発プロジェクトの街区名称が『MEGURO MARCメグロマーク)』に決定したと発表されました。

 『MEGURO MARC』の『MARC』は「MEGURO AROUND CITY」の略称で「自然な私に還るまち」をコンセプトに一人ひとりの自分らしさを出発点(MARK)として周り(AROUND)と丸く(MARC:マルク)」つながるまちを創るという思いが込められています。「自然な私に還るまち」をコンセプトに、都心にありながらも豊かな緑に囲まれた広場のある場所で、様々な世代の人々が安心して働き、暮らせるまちづくりを目指すとのことです。

 完成予想図も同時に公開されましたが、左がジェイアール東日本ビルディングによる地上13階、高さ69.5mのオフィス棟、中央がジェイアール東日本都市開発による地上24階、高さ85.32mの賃貸のタワーマンション、右が野村不動産とジェイアール東日本都市開発による地上32階、最高高さ128.7mの分譲のタワーマンションとなります。

▼野村不動産:ニュースリリース(2021年3月29日)
(仮称)西五反田 3 丁目プロジェクトの街区名称を「MEGURO MARC」に決定 〜住まいと働く場所が共存した多様性のあるまちが誕生します〜 (東日本旅客鉄道・ジェイアール東日本ビルディング・ジェイアール東日本都市開発・野村不動産)



MEGURO MARC 配置図
配置図[出典:野村不動産]

 敷地の南側に分譲住宅棟、北側に賃貸住宅棟が配置され、東側にオフィス棟が配置されます。日当たりの良い場所に分譲住宅棟が配置されますが、東京都心の超高層ビル群が広がり迫力ある景色や夜景が見れるのは北側となります。

 3棟に囲まれた敷地中央部分には広場が設けられますが、配置図を見る限りでは公開空地も多そうに見えます。隣接する公園も整備するとのことなので、公園と公開空地が一帯となる整備が行われそうです。また、図の下の青色が付いた部分は数メートルの段差がある場所となっていますが、この図を見るとオフィス棟あたりに階段が設置されるのかもしれません。



MEGURO MARC 位置図
位置図[出典:野村不動産]

 場所はJR目黒駅と五反田駅の中間くらいで山手線の外側となります。住所は品川区西五反田三丁目となりますが、この場所ならばブランド性の高い目黒を名乗るのも納得です。




MEGURO MARC オフィス棟

MEGURO MARC オフィス棟

 2021年3月24日に撮影した「MEGURO MARC オフィス棟」(地上13階、地下1階、最高高さ69.5m、延床面積約38,720)です。既に鉄骨が組まれて始めています。事務所の他に店舗も配置されます。



MEGURO MARC オフィス棟

 建築主はジェイアール東日本ビルディング、設計者は日建設計、施工者は竹中工務店・鉄建建設JVで、2022年4月30日竣工予定となっています。



MEGURO MARC オフィス棟

 撮影時は4階部分まで鉄骨が組まれていました。



MEGURO MARC オフィス棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。オフィス棟はA棟として扱われています。

■物件概要(オフィス棟)■
名称:MEGURO MARC オフィス棟
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目175番1,249番1,249番2,249番17
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上13階、地下1階
高さ:69.5m(最高高さ69.5m)
構造:S造、SRC造、RC像
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,786.48
建築面積:3,050
延床面積:約38,720
建築主:ジェイアール東日本ビルディング
設計者:日建設計
施行者:竹中工務店・鉄建建設JV
工期:2020年5月15日着工〜2022年4月30日竣工予定




MEGURO MARC 賃貸住宅棟

MEGURO MARC 賃貸住宅棟

 目黒駅側から見た賃貸のタワーマンションとなる「MEGURO MARC 賃貸住宅棟」(地上24階、地下2階、高さ85.32m、延床面積18,567.57)です。

 左奥に見える超高層ビルが「学研ビル」(地上24階、最高高さ119.3m)、中央が隣接地の「DNP五反田ビル」(地上25階、高さ118.04m)、その右のタワーマンションが「ファミーユ西五反田 東館」(地上31階、高さ109m)です。



MEGURO MARC 賃貸住宅棟

 仮囲いの透明部分から見た建設地です。



MEGURO MARC 賃貸住宅棟

 建築主はジェイアール東日本都市開発、設計者と施工者は竹中工務店で2022年10月14日の竣工予定です。ジェイアール東日本都市開発による賃貸マンションは当ブログでは初登場の気がします。



MEGURO MARC 賃貸住宅棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。賃貸住宅棟はB棟として扱われています。ニュースリリースでは戸数は記載されていませんでしたが建築物環境計画書制度を見ると194戸となっています。

■物件概要(賃貸住宅棟棟)■
名称:MEGURO MARC 賃貸住宅棟
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目249番1,249番10
用途:共同住宅、保育所
総戸数:194戸
階数:地上24階、地下2階
高さ:85.32m
構造:RC造、S造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:3,853.14
建築面積:1,526.75
延床面積:18,567.57
建築主:ジェイアール東日本都市開発
設計者:竹中工務店
施行者:竹中工務店
工期:2020年8月24日着工〜2022年10月14日竣工予定




MEGURO MARC 分譲住宅棟

MEGURO MARC 分譲住宅棟

 坂の途中から見た分譲のタワーマンションとなる「MEGURO MARC 分譲住宅棟」(地上32階、地下1階、最高高さ128.7m、延床面積約36,710)です。

 数値的には背後の「DNP五反田ビル」(地上25階、高さ118.04m)より10mほど高くなりますが、この辺りは傾斜地のためどこを高さの基準にするかで実際の見た目の差は変わります。



MEGURO MARC 分譲住宅棟

 坂の下から撮影。左の円形のタワーマンションは「ドレッセ目黒インプレスタワー」(地上23階、高さ69.95m)です。すぐ隣に賃貸と分譲のタワーマンションが並ぶので眺望に大きく影響が出そうです。



MEGURO MARC 分譲住宅棟

 五反田駅側に移動して撮影。クレーンが見えている場所がオフィス棟で分譲住宅棟は左側となります。

 建築主は野村不動産とジェイアール東日本都市開発、設計者と施工者は竹中工務店で竣工予定は他より遅く2023年9月30日予定となっています。建築主にジェイアール東日本都市開発も名を連ねていますが、名称は野村不動産の「プラウド」シリーズになると予想しています。



MEGURO MARC 分譲住宅棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。分譲住宅棟はC棟として扱われています。建築物環境計画書制度を見ると総戸数は311戸となっています。

■物件概要(分譲住宅棟)■
名称:MEGURO MARC 分譲住宅棟
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目247番18,249番1
用途:共同住宅
総戸数:301戸
階数:地上32階、地下1階
高さ:126.5m(最高高さ128.7m)
構造:RC造、SRC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:7,711.42
建築面積:1,400
延べ面積:約36,710
建築主:野村不動産、ジェイアール東日本都市開発
設計者:竹中工務店
施行者:竹中工務店
工期:2020年7月15日着工〜2023年9月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク