超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷で建設中のドン・キホーテの超高層ホテル!地上28階「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況(2021.1.2)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 渋谷の文化村通り沿いの再開発「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)の完成予想図です。建築主はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧名称:ドンキホーテホールディングス)で店舗、事務所、ホテル等で構成される複合施設となります。

※出典名は計画が発表された時点のドンキホーテホールディングスとしています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 断面構成
断面構成[出典:ドンキホーテホールディングス]

 フロア構成は1〜3階が店舗、4〜10階が事務所、11階〜28階がホテルで11、12階のホテル共用部は帰宅困難者受け入れスペースに設定され防災備蓄倉庫が配備される計画となっています。建築基準法上では地上27階、地下2階ですが、運用上は地上28階、地下1階となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 敷地概要
敷地概要[出典:ドンキホーテホールディングス]

 場所は渋谷駅から109に向かい、右側の文化村通りを進んだところにある東急百貨店の手前です。文化村通りに接しているのは敷地の一部だけで敷地の本体は通りから中に入ったところにあります。敷地はグニャグニャとした境界線となっていますが、店舗が建ち並ぶ道玄坂小路にも接しているので、そのあたりが以下の完成予想図部になるのかなと思っています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 小さいビルが多くごちゃごちゃした感じがする場所が多い渋谷ですが、ここはキレイにまとまった商業施設部となりそうです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 傾斜地が建設地のため高台のような場所もできます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した渋谷です。中央の矢印を付けたあたりが「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅方面と撮影。右端が渋谷駅あたりです。渋谷駅周辺の再開発とは少し離れた場所となりますが、こういった再開発によって回遊性の向上も期待されています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」はヘリに乗らなくても「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の最上部にある展望台「渋谷スカイ」から見下ろすことができます。左下の矢印を付けた場所が建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 建設地にズームです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらにズームです。現地に行っても中は全然見えませんが「渋谷スカイ」からはバッチリです。


 既に建設中のビルは「(仮称)渋谷道玄坂Gタワー新築工事」(地上10階、高さ32.72m、延べ926.65)という店舗、事務所、住宅で構成されるビルと「(仮称)コラビル新築工事」(地上7階、高さ約25m、延べ780.00)という店舗、共同住宅で構成されるビルです。「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」とは別のビルですが、施工者は同じ熊谷組のためかこちらの見えている側には仮囲いはありません。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通りから見た「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。渋谷駅からも近い場所なのでここがメインエントランスになるもと思われます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 そのエントランス部の完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 文化村通り沿いはバルコニーのある商業施設となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 最初に載せた完成予想図の夜景バージョンです。再開発には含まれない既存ビルを再開発ビル本体の手で挟むような形となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 「旧ドン・キホーテ渋谷店」があった場所も同再開発の敷地となっています。このすぐ近くに「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」があるので同再開発ビルにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 同じような方向から見た完成予想図です。こちらも同じようにバルコニーのある商業施設となるようです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:ドンキホーテホールディングス]

 夜景バージョンです。完成時に地上からビル本体をどこから撮ればいいのかと思っていましたが、この完成予想図と同じ場所から撮れば良さそうですね。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地看板を撮影したものですが2023年開業予定となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画  建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:116m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,850.00
延床面積:41,950.00
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

空撮&展望台&現地写真!高さ約180m、約133m「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設状況(2021.1.2)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。東急不動産が組合員及び参加組合員として参画している再開発で、地上39階、高さ179.97mと地上29階、高さ133.00mの超高層ビルが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 同じ方向から見た配置図です。渋谷駅に近い側がA-1棟、A-2棟が建設されるA街区で地上39階、高さ179.97mの超高層ビル、渋谷駅から遠い側がB棟が建設されるB街区で地上29階、高さ133.00mの超高層ビルが建設されます。C棟はB棟の敷地にあった中渋谷教会で既に移転が完了しています。

 A街区とB街区の間にあった細い路地は同再開発により廃道されましたが「補助第18号線」として幅員15mに拡幅されて新しい道路として整備されます。また、その道路上にはA街区とB街区を結び大規模なデッキ状の広場(さくらにぎわい広場)が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。

 左がA街区で規模は地上39階、高さ179.97m、延べ18万4800屐▲侫蹈構成は低層部は商業施設、中高層部はオフィスビルとなります。

 右がB街区で規模は地上29階、高さ133.00m、延べ6万9200屐▲侫蹈構成は低層部に商業施設、オフィスフロア、そして上半分が住宅とサービスアパートメントとなります。B街区は高低差がある敷地のため、運用上は地上30階、地下1階となるようです。建築物環境計画書制度でB街区を見ると分譲155戸となっているので、サービスアパートメント部以外は分譲されることになるようです。渋谷駅や再開発ビルにデッキで直結、全戸が高層階のため分譲価格は凄いことになりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
アーバン・コアイメージ[出典:東急不動産]

 渋谷駅前の歩道橋から見た完成予想図です。駅前の大規模な歩道橋とも接続され渋谷駅まで繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 A街区とB街区を結ぶペデストリアンデッキから見た完成予想図です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 別方向から見た空撮です。渋谷駅のホームに隣接した場所で、白い線が独特なGoogleの入る「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)とほぼ同じ高さの超高層ビルがJR渋谷駅を挟む形で並びます。

 左下の塔屋が斜めになっているビルが「渋谷インフォスタワー」(地上21階、高さ102m)で、B街区はそれよりも高い133mの複合ビルとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 もう少し広角で撮影。渋谷の超高層ビル群はゆっくり拡大中です。「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」が完成すると「セルリアンタワー」(地上41階、高さ184m)との間を埋める超高層ビルとなるので、渋谷の超高層ビル群の厚みが増す感じになりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」はヘリを飛ばさなくても「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の最上部にある展望台「渋谷スカイ」から見下ろすことができます。現時点でA街区とB街区に分かれていることもわかります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 B街区の細い部分あたりです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 B街区のメインの建物はこちら側に建設されます。塔屋が扇形になっている建物はC街区の中渋谷教会です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」は「渋谷スカイ」に行かなくても渋谷駅からA街区を見渡すことができます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 ちなみに山手線の外回りの方が見えそうな気がしますが、ホームは内回りと外回りで位置がずれており、見渡せるのは内回りの先頭側となります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅に一番近い側です。すぐ隣に歩道橋が見えていますが…



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 もちろんその歩道橋からもA街区を見渡すことができます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 これだけの大規模再開発を見渡せる場所があるのはラッキーです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 奥の方にズームです。左の仮囲いがある場所には臨時の歩行者通路があります。その右の鉄板が敷き詰められている場所あたりが新設される道路部分かと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 B街区の高台に向かう路地から撮影。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 仮囲い超しにはこのような景色が広がっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 配置計画図で(仮称)音楽坂と書いてあった場所あたりです。このあたりにはヤマハのビルがあったのでこういった名称になっているのかもしれません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 B街区は細い路地に囲まれているため近くに来ても特にこれといった撮影場所がありません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 C街区の教会は既に完成していて使用されています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 同再開発は駅や歩道橋からよく見えますが、近くに行くとこういった路地ばかりで全然見えません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 臨時の歩行者通路です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 ただ、仮囲いのゲートがある部分からはカメラを持ち上げれば中を撮ることができます。これは臨時の歩行者通路から見たB街区方面です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 高台側にB街区の建物が建設され、手前の低い側には道路が新設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 その道路となる部分です。ここには従来より幅のある道路が整備されますが、この先は特に再整備はされないので細い道路になります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 A街区側です。地上部の建設が始まると歩道橋からだと近過ぎるので首都高より後ろ側になるなど撮影場所は転々としそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。用途にサービスアパートメントも含まれていますが、

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

各階にテラス!地上16階、高さ78.94m「専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)」の様子(2021.1.10)

専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 2020年に完成した「専修大学神田キャンパス10号館140年記念館)」(地上16階、高さ78.94m)です。昨日、密を避けるために自転車で撮りに行ってきました。場所は九段下駅近くの靖国通り沿いで、各階に外に出られるテラスが配置された独特なデザインとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ガラス張りになっているのは靖国通り沿いの飛び出た部分のみとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ここは法学部、生田キャンパスから移転した商学部、新設された国際コミュニケーション学部が利用しています。校舎内にはゼミ室や講義室などの各種教室のほか、3階には多目的に利用できる「黒門ホール」、13・14階にはKnowledge Base(ナレッジ・ベース、図書館靖国通り分館)、最上階の16階はレセプションなどを行う「相馬永胤記念ホール」があります。15階のグローバルフロアでは、国際交流や留学についての情報交換や相談などができます。そして7階には学生ラウンジ(食堂)が入り、1階にはカフェが設置されています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 靖国通りと専大通りが交差する専大前交差点から撮影。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 やはりこのテラス部分が目立ちます。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 ただ、このテラスには網が設置されているので眺望の邪魔になっていそうです。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 裏の北側は普通のビルのようなデザインとなっています。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 靖国通り沿いには庭やベンチなどもあります。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 1階部分には建物内を貫通する通路もありました。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)

 2020年12月18日にヘリからの空撮です。矢印を付けた建物が「専修大学神田キャンパス10号館140年記念館)」です。左に行くと神保町駅、右に行くと九段下駅がある立地で近くには「日本武道館」もあります。



専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館) 建築計画のお知らせ

 2019年4月に撮影した建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)
計画名称:専修大学靖国通り神田新校舎(仮称)新築工事
所在地:東京都千代田区神田神保町3丁目4-4
用途:学校
階数:地上16階、地下1階
高さ:78.94m
構造:S造 一部SRC造
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭
敷地面積:1,927.88
建築面積:1,043.45
延床面積:15,918.53
事業者:専修大学
設計者:日建設計
施工者:鹿島建設
工期:2018年2月1日着工〜2020年1月31日竣工予定

地上28階「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!野村不動産のタワマンです(2021.1.3)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 川口で建設中のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。

 建築主は川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合で参加組合員として野村不動産が参画しています。野村不動産のタワーマンションと言えば通常「プラウドタワー」を冠にした名称となりますが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)があるためここは「プラウドタワー川口ほにゃらら」といった感じの名称になりそうですね。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 低層部の1〜3階部分は約9000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)となり、4階〜28階が総戸数481戸の共同住宅となります。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いの一帯で敷地面積9,6069.41屬箸なりの広さがあります。また、建物内には東西に貫通する敷地内通路も配置されます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 2021年1月3日に現地から撮影した「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 計画地の南側には「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)といったタワーマンションが建ち並んでいます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 敷地の北東側です。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 南側にはこのようにタワーマンションが並んでいるので開けた視界は期待できません。超高層マニア的には西向きの部屋だと、川口駅西側のタワマン群もほど良い距離で見えるので良いかと思います。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 右側で建設中のマンションは「レーベン川口GRAN ART」(地上13階)で既に完売しています。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 ゲートの網目状の隙間からスマホで仮囲いの中を撮影しました。ちなみにこういった隙間撮影ができるようにスマホを買うときは1つレンズを選んでいます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 奥の方が地下がある場所のようです。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 地下がない場所は敷鉄板が敷き詰められていました。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:前田建設工業
工期:2020年2月12日着工〜2023年3月31日竣工予定

空撮8枚&現地写真!高さ151.40m、高さ131.57m「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設状況(2020.12.18〜27)

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した住友不動産による「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。左の青梅街道沿いがA地区、中央がB地区、右上の三角形部分がC地区、下の神田川沿いの三角形部分がD地区です。

 A地区は地上33階、高さ151.40mの店舗、オフィス、SOHO向けマンションで構成される複合ビルが建設されます。B地区には地上35階、最高高さ131.57mの店舗、SOHO向けマンション、共同住宅で構成されるタワーマンションが建設されます。C地区には権利者向けの小規模ビル、D地区は親水公園が整備されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
配置図[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 各地区の配置図です。B地区をグルっと一周する道路も整備されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

イメージパース[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 A棟は以前の情報だと3階〜17階がオフィスフロア、19階〜34階がSOHO住宅でした。最新情報では35階から33階に2フロア減っているためどこかのフロアが削られています。さらに前の計画ではA棟は住宅中心のタワーマンションでしたが、オフィス中心に大きく計画変更となっています。

 B棟は3階だけSOHO住宅で4階に駐輪場を挟んで5階〜35階が住宅フロアとなるタワーマンションとなります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 断面図です。A棟のSOHO住宅は約94戸で1戸あたり200岼幣紊鳩觜修聞さで計画されています。

 B棟は総戸数404戸(ワンルーム36戸)で計画されています。分譲マンションになるかと思いますが住友不動産なので安いということはあり得ません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 せっかくなので空撮をいっぱい載せていきます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 建設地の隣には現時点で日本一の階数を誇るタワーマンション「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)があります。まだ解体工事すら始まっていませんがその右側には「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)が計画されています。西新宿の端にはタワーマンションが建ち並ぶことになります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 新宿の超高層ビル群の空撮です。新宿の超高層ビル群と言えば都庁があるオフィスビル街のイメージが強いと思いますが、未だに西新宿の超高層ビル群は成長を続けています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 中野坂上の超高層ビル群と新宿の超高層ビル群の空撮です。中野坂上側と新宿側の間に見える線は神田川です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 この角度からだと神田川がはっきりとわかりますね。

 それにしてもこの超高層ビルとタワーマンションの密集度。都庁側の超高層ビル群はゆとりある配置ですがこちらはビッシリと詰まった感が凄いですね。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地にズームです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 空撮最後は別角度から見た新宿の超高層ビル群全体です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 2020年12月27日に現地から撮影した「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。これはC地区側です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 C地区では先行して地上6階、最高高さ19.210mの店舗、共同住宅で構成される建物が建設中です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 A地区、B地区方面です。地上から見ても何をしているのかはわかりません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 ただ、今だけは空が広いです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 そのため今だけこういった新宿の超高層ビル群を見ることができます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 地上部の建設が始まるまでの間はこういった景色を楽しむ期間です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。以前と比べて地上35階、高さ158.85mから地上33階、高さ151.40m、延床面積が90,823.78屬ら90,012.09屬悗半し規模縮小となっています。

■物件概要 A棟■
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,012.09
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。こちらは特に変更はないようです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.15
建築面積:2,072.25
延床面積:44.555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク