超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

最上階到達!地上23階「ルフォン ザ・タワー大塚」の建設状況(2021.11.17)

ルフォン ザ・タワー大塚

 「サンシャイン60」の展望台から撮影した大塚方面の眺めです。中央で建設中のタワーマンションがサンケイビルが売主の「ルフォン ザ・タワー大塚」(地上23階、高さ80.16m)です。



ルフォン ザ・タワー大塚

 最上階まで達しており塔屋の建設が始まっていました。その最上部の真後ろ辺りがJR「大塚」駅で徒歩4分の距離です。



ルフォン ザ・タワー大塚

 2021年11月17日に現地で撮影した「ルフォン ザ・タワー大塚」です。



ルフォン ザ・タワー大塚 敷地配置イメージイラスト
敷地配置イメージイラスト[出典:公式HP]

 このように変形の敷地で四方が道路に接しているため色々な方向から見えます。上の現地写真が図の左上です。



ルフォン ザ・タワー大塚

 時計回りに載せていきます。



ルフォン ザ・タワー大塚

 東側から撮影。



ルフォン ザ・タワー大塚

 この場所には機械式の駐車場が設置されます。



ルフォン ザ・タワー大塚

 南側から撮影。こちら側にはマンションに行く通路の他に非常用発電機などの設備が置かれる場所になります。



ルフォン ザ・タワー大塚

 西側から撮影。この右側は大塚台公園となっています。



ルフォン ザ・タワー大塚

 最後は建設地の西の方にある「イケ・サンパーク」から見た「ルフォン ザ・タワー大塚」です。



ルフォン ザ・タワー大塚 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると12月4日〜11日の期間で最終期の登録受付中で間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は32.32屐71.16屐販売価格は4420万円〜9830万円となっています。

■物件概要■
名称:ルフォン ザ・タワー大塚
計画名称:南大塚厳弉莊設工事
所在地:東京都豊島区南大塚3丁目28番3他
用途:共同住宅
階数:地上23階、地下0階
高さ:80.16m(最高80.16m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,722.13
建築面積:623.60
延床面積:11,443.77
建築主:サンケイビル
設計者:三井住友建設
施行者:未定
工期:2020年3月1日着工〜2022年6月30日竣工予定

地上35階「プレミストタワー白金高輪」の建設状況!22階まで到達しています(2021.11.23)

プレミストタワー白金高輪

 白金高輪駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)です。桜田通りと麻布通りに挟まれた場所で住所的には高輪一丁目となります。同マンションは大和ハウス工業による分譲タワーマンションで、総戸数280戸のうち非分譲住戸127戸、分譲対象住戸153戸で既に全戸完売しています。



プレミストタワー白金高輪

 白金高輪駅周辺はタワマン建設ラッシュですがその中のでもここが一番駅の改札に近いマンションとなります。



プレミストタワー白金高輪

 ここは階数表記が絵付きの独特な文字となっていました。



プレミストタワー白金高輪

 その階数表記を頼りに階数を数えると22階まで建設が進んでいました。



プレミストタワー白金高輪

 先ほどまでは麻布通り側からの撮影でしたがここからは桜田通り側からの撮影です。



プレミストタワー白金高輪

 東京のタワーマンションの中では細身のフォルムとなっています。



プレミストタワー白金高輪

 近くの歩道橋から撮影。



プレミストタワー白金高輪

 その歩道橋越しに撮影。ここで左側に行くと麻布通りとなります。



プレミストタワー白金高輪

 高台の寺院越しに撮影。白金高輪駅周辺の超高層がポコポコと見えます。右端は数時前に載せた「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)です。



プレミストタワー白金高輪

 「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)にズームです。背後の「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)よりは低いですがこの場所からはもすうぐ見えなくなります。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸(非分譲住戸127戸含む)(別途店舗4戸、防災センター1戸、オーナーズキッチン1戸、オーナーズサロン1戸)
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定

地上部建設中!地上28階「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況(2021.11.20)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドン・キホーテ(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)が建設中の複合ビル「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。渋谷スカイから2021年11月20日に撮影しました。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 場所は写真下の109の右側の文化村通りを少し進んだところにある「東急百貨店 渋谷・本店」の手前です。「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地も建設地の一部となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらに広角で撮影。写真下が渋谷駅前のスクランブル交差点です。改札からの時間はわかりませんが表記的には渋谷駅から徒歩5分の距離となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:旧ドンキホーテホールディングス]

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の完成予想図です。文化村通りに面している部分は全て色が付いたCGとなっていますが、同再開発には含まれない既存ビルにも色が付いています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 1〜3階平面図
1〜3階平面図[出典:CBRE]

 この平面図を見た方が形がわかりやすいかと思います。飛び出た2か所が文化村通りに面した部分となっています。1階は店舗フロアとなりますが2階、3階の店舗部分はほんのわずかで事務所やロビーが大部分を占めます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 5階平面図
5階平面図[出典:CBRE]

 5階の基準階平面図です。基準階貸床面積は524.4坪(1,736.91)となっています。飛び出た部分は会議室や倉庫として使用する会社が多くなりそうな気がします。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 立面図
立面図[出典:CBRE]

 フロア構成は1階〜3階が店舗、2階〜10階が事務所、そして中高層部の11階〜28階がホテルフロアとなります。上記平面図の通り2,3階の店舗はフロアの極一部です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅側から見た文化村通り沿いの「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地では鉄骨が組まれ始めています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じ方向の完成予想図です。ここがエントランスゲートとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 最新の完成予想図ではバルコニーが無くなり完全なオフィスビルの外観に変わっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通り沿いの飛び出た部分の2ヵ所目の「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地です。ちなみに「MEGAドン・キホーテ 渋谷本店」があるのでこちらにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 今は単体のビルに見えますが背後で建設中のビル本体と接続されます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じような方向から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 建設地の周辺はビルに囲まれており撮影スポットが全然ない場所となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 大きな通りに面しているのは先ほどの文化村通り沿いだけとなっているので、今のところメインの撮影スポットは最初に載せた渋谷スカイとなっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地にはテナント募集の張り紙もありました。2023年春のグランドオープンです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値がところどころ違いますが、これは現地で流されている紹介映像に記載されていた数値を採用しているためです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:110m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,778.57
延床面積:41,874.170
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

眈招設・青木あすなろ建設の新本社ビル!地上18階、高さ約86m「(仮称)TCGビル新築計画」の建設状況(2021.11.23)

(仮称)TCGビル新築計画

 田町と浜松町の間で建設中の「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.834m)です。眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設、青木あすなろ建設が本社・本店があった「TCGビル」の建て替えでです。

 建設地は第一京浜と日本で2番目に短い国道の国道130号(旧海岸通り)が交差する芝4丁目交差点の角地です。第一京浜が大きくカーブしている交差点のため浜松町側からは道路の先に見えるビルとなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 タワークレーン2基で建設中で撮影時は外壁の工事は行なわれておらず鉄骨だけが組まれている状態でした。



(仮称)TCGビル新築計画

 板状のビルで浜松町側は丸い角となっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 建設地の隣には山手線や新幹線などJRの高架と東京モノレールの高架があります。

 超高層とは関係ありませんが写真に写っている青いスーパーはランボルギーニのアヴェンタドールSJVで新車価格は5000万円オーバーです。近くにあるランボルギーニのディーラーがあるのでこの辺を歩くとランボルギーニを見かけることがあります。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅側から東京モノレールの高架下から撮影。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅のデッキから撮影。左のタワークレーンは今朝のブログに掲載した「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)の建設地で、右奥に見えているのが「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画

 ズームです。背後には「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)が見えているので、地上43階、高さ228.88mと地上45階、高さ227.28mのツインタワーとなる「芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)」が見える場所にもなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 最後は11月20日に渋谷スカイからの景色です。ロケットのような形をした「日本電気本社ビル」(地上43階、高さ180m)の左後ろが「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画 完成予想図

完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 「(仮称)TCGビル新築計画」の完成予想図です。は「建設会社の本社ビルとしてふさわしい美しい建物」を設計コンセプトとなっています。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.834m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,488.64
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

地上鉄骨建方開始!地上29階、高さ156m「(仮称)TTMプロジェクト」の建設状況(2021.11.23)

(仮称)TTMプロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:港区]

 港区芝5丁目で建設中の超高層オフィスビル「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)の完成予想図です。一部壁面を少しずらした特徴的なデザインとなっています。建築主は三菱重工、設計者は三菱地所設計、施工者は清水建設で2023年5月末日竣工予定となっています。

 ところで「TTMプロジェクト」の「TTM」は建築計画のお知らせが設置された当初の建築主である田町ビル、徳栄商事、三菱重工業の3社の頭文字と思われます。ただ、現在の建築主は三菱重工1社となっています。



(仮称)TTMプロジェクト 立面図
立面図[出典:港区]

 東西南北全ての面が同じようなデザインとなっています。。



(仮称)TTMプロジェクト 断面図
断面図[出典:港区]

 フロア構成は低層部の1〜4階が店舗等、6〜29階がオフィスフロアとなります。29階の一部に店舗等を示すピンク色となっていますが、それが一般の人が行けるレストラン等の店舗なのか、就業者専用の店舗なのかは不明です。

 最高高さは約160mとなっていますが建築計画のお知らせは160mから156mに変更になっています。塔屋部分に調整が入ったものと思われます。



(仮称)TTMプロジェクト 土地利用平面図
土地利用平面図[出典:港区]

 隣にある「森永プラザビル」の歩行者デッキと接続されるためJR「田町」駅まで直結となります。また、同ビルの歩行者デッキはL字型に配置され新たな歩行者動線が誕生します。



(仮称)TTMプロジェクト 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 建設地の目の前にはJR「田町」駅と都営三田線・浅草線の「三田」駅があるように見えますが、JR「田町」駅は改札からは少々離れています。都営線の「三田」駅は敷地内に出入口があったため再び駅直結になると思われます。



(仮称)TTMプロジェクト

 2021年11月23日に現地で撮影した「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)です。タワークレーンが2基設置され鉄骨が組まれ始めました。



(仮称)TTMプロジェクト

 建設地は三菱自動車の本社があった「第一田町ビル」とその隣の「徳栄ビル」の跡地です。建設地の隣に見えている歩行者デッキと接続されます。



(仮称)TTMプロジェクト

 その「森永プラザビル」の歩行者デッキから見た「(仮称)TTMプロジェクト」の建設地です。



(仮称)TTMプロジェクト

 地上部の鉄骨が組まれ始めたばかりだったようです。撮影から10日くらい経っているので今はもっと鉄骨が組まれているかと思います。



(仮称)TTMプロジェクト

 左後ろのツインタワーは「msb Tamachi(ムスブ田町)」の「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上32階、高さ168.98m)です。田町駅周の超高層ビル群がゆっくりと拡大しています。



(仮称)TTMプロジェクト

 工事車両の出入りが激しく撮影しているときはゲートは開いたままで鉄骨がよく見えました。



(仮称)TTMプロジェクト

 東側から撮影。左端に見切れている建設中の超高層ビルは数日前のブログに載せた「東京三田再開発プロジェクト(三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。また、写真には写っていませんがこの線路の下には反対側へ行ける歩行者通路があります。



(仮称)TTMプロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)TTMプロジェクト
所在地:東京都港区芝5丁目315番1他
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上29階、塔屋1階、地下2階
高さ:156m(最高156m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:8,617.93
建築面積:5,949.77
延床面積:112,178.97
建築主:三菱重工業
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
工期:2021年1月末着工〜2023年5月末日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク