超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上43階「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」の都市計画決定!三井不レジ、野村不動産、三菱地所レジによるタワマンなどが建設されます!

三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンスの3社より「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」について、2021年6月21日に東京都荒川区より都市計画決定の告示がされことが発表されました。

 階数や高さの記載はありませんでしたが掲載されている情報は過去と変わりないので規模はそのままだとすると、地上43階、地下1階、高さ約160m、延床面積約89,600屬如▲侫蹈構成は1〜3階に店舗と区営体育館、4〜43階に総戸数約760戸の共同住宅となります。共同住宅のうち4〜11階は高齢者用で一般の住宅は12〜43階となります。また、以前は事業協力者に清水建設も加わっていましたが今回の発表には含まれていませんでした。

 今後のスケジュールとしては2022年度に本組合設立認可、2023年度に権利変換計画認可の取得、2023年度に着工、2026年度に竣工予定となっています。

▼三井不動産レジデンシャル(2021年6月21日)
「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」
都市計画決定のお知らせ
~約1.5ha、住宅・商業・業務・体育館のミクストユースプロジェクト〜




三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 区域図
区域図[出典:荒川区]

 場所はJR常磐線「三河島」駅の北側に位置する約1.5haの区域です。計画地には荒川区が所有する約3500屬竜貎薪攵学校跡地も含まれているため区営体育館も計画に含まれています。

 南側の「三河島駅前南地区」は「アトラスブランズタワー三河島」(地上34階、最高高さ119.68m)のことで2014年に完成しています。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 三河島駅と言ってもどこかわからない人がほとんどだと思いますが、常磐線の日暮里駅と南千住駅の間の駅で、鶯谷駅から北側に1.2キロくらいに位置しています。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 東京スカイツリーから見た「三河島」駅方面で中央のタワーマンションが「アトラスブランズタワー三河島」(地上34階、最高高さ119.68m)です。この右側にこれれよりも高い「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)が建設されることになります。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 ピンボケ気味ですがほぼ同じ角度からの空撮です。計画地に矢印を入れました。三河島駅は15両編成も止まるホームですが、改札はタワマンがある東端にしかないため電車に乗る場所によってはホームをかなり歩くことになります。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 その三河島駅のホームから2015年1月に撮影した「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。当時は旧真土小学校がまだありましたが現在は解体され広場として暫定利用されています。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 しばらく三河島には行っておらず過去の写真を使いまわしているので本組合設立前には行っておきたいところです。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 ちなみにこうして改札を出なくても撮れてしまうので、地上部の建設が始まるまでは改札を出ずに撮る手抜がことが多くなりそうです(^^;)

■物件概要■
名称:三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都荒川区西日暮里1丁目4番の一部、5番、6番の一部、7番
用途:共同住宅(4〜11階:高齢者用、12〜43階:単身者、ファミリー用)、店舗、区営体育館、駐車場
総戸数:約760戸
階数:地上43階、地下1階
高さ:約160m
構造:RC造一部S造
区域面積:約1.5ha
延床面積:約8万9600
建築主:三河島駅前北地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産レジデンシャル・野村不動産・三菱地所レジデンスJV
コンサルタント:佐藤総合計画
工期:2023年度着工〜2026年度竣工予定

地上48階、高さ225m「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建設状況!新宿ミラノ座の跡地の再開発です(2021.6.12)

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地で建設中の「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)です。西新宿の青梅街道沿いから6月12日に撮影しました。建築主は東急レクリエーションと東急で2023年1月11日竣工予定となっています。

 低層部から中層部にかけて商業施設、劇場、映画館等となり、そして中層部から高層部は東急ホテルズが運営するホテルとなります。現在はホテルフロアを建設中です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 近くから撮影。建設地は大きな通りに面していないため目の前から見上げる感じの写真が多くなってしまいます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 建設地の西側は「西武新宿」駅となっており、他にもJR「新宿」駅、東京メトロ丸の内線「新宿」駅、都営大江戸線「新宿西口」駅、京王線「新宿」駅も近い立地です。ただ、都営新宿線「新宿」駅は他の駅と比べると若干距離があります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「ハイジア」前の広場から撮影したかったのですが人がそこそこいたので広場前から見上げて撮影。左は「アパホテル<新宿 歌舞伎町タワー>」(地上28階、高さ90.5m)です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「シネシティ広場」から撮影。左の建物にはライブハウスの「新宿BLAZE」があり、この日はライブあったようで大勢の人がいたので広場部分は入らないように撮りました。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 高層部にズームです。ホテルフロアへ切り替わるところのギザギザした感じのところは、そういった模様の外壁になっているだけで実際にはギザギザしていないようです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 それにしても周辺は路地ばかりで撮りにくい超高層ビルです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 昨年10月に閉店したLABI新宿前は割りといい感じに撮れる場所でした。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ホテルフロアの建設が結構進んでいるように見えますがまだまだ高くなります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 公式の情報が2019年8月5日の着工時のニュースリリース以降、特に新しい情報を見ていない気がしたので調べてみるとエンタテイメント施設の企画・運営を行うために設立したTSTエンタテイメントのHPに資料が掲載されていました。

 たぶんこれが最新の情報だと思いますが、見た感じだと外観は特に変更はないようです。また、画像が4000x3000のサイズなので拡大すると細部まで見ることができます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 断面図
断面図[出典:TSTエンタテイメント]

 断面図等を見るとフロア構成は地下1階〜地下4階が約1500人収容可能なライブホール、1階〜5階が店舗等、6階〜8階が約850席の劇場、9階〜11階が8スクリーンの映画館、そしてその上が東急ホテルズが運営するホテルとなります。

 以前の情報だと8階〜11階が劇場、12階〜15階が映画館、17階〜47階がホテルとなっていたのでフロア構成に変更があったように思われます。ただ、外観に変更はないように見えるのと建築計画のお知らせを見る限りでは階数の変更もないので、ホテルフロアはどうなるのか等は不明です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 劇場平面図
劇場平面図[出典:TSTエンタテイメント]

 6階〜8階に入る劇場平面図も掲載されていたので低層部のフロア構成は上記情報が正かと思います。ちなみに劇場は演劇はもちろん映画や音楽ライブにも利用可能となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 LIVE HALL平面図
LIVE HALL平面図[出典:TSTエンタテイメント]

 地下1階〜地下4階に入るライブホールの平面図です。着席580名、スタンディング1500名の収容規模となっています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 ライブホールは天井にも照明が設置される大きめのライブハウスとなるようです。すぐ近くの「新宿BLAZE」がスタンディング800名なので倍くらいの規模となるよです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 低層部の完成予想図です。ビル本体には屋外ビジョンも設置され目の前にある「シネシティ広場」と連携したイベントも開催できるようになります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 「シネシティ広場」と連携した野外音楽イベントも開催できるようになります。ただ、当時に左側にある「新宿BLAZE」でも別の集客力のあるライブが開催されるとカオスな状況になりそうです(^^;)



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 位置図

位置図[出典:出典:新宿区]

 建設地は「新宿ミラノ座」跡地で西新宿の超高層ビル群とは少し離れており、歌舞伎町では圧倒的な高さの超高層ビルとなるので歌舞伎町のランドマーク的存在となりそうです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。延床面積が87,949.98屬ら87,208.30屬悗半し減っていました。

■物件概要■
仮称:(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
計画名称:新宿 TOKYU MILANO 再開発計画
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3
用途:ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:225m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,603.74
建築面積:3,171.05
延床面積:87,208.30
建築主:東急レクリエーション、東急
設計者:久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者:清水・東急建設共同企業体
工期:2019年8月1日着工〜2023年1月11日竣工予定

広場整備中!地上33階「ブリリアタワー有明ミッドクロス」の建設状況(2021.6.5)

ブリリアタワー有明ミッドクロス

 有明で建設中のタワーマンション「ブリリアタワー有明ミッドクロスBrillia Tower 有明 MID CROSS)」(地上33階、高さ113.80m)です。見た感じではマンション本体はほぼ完成しているように見えました。竣工予定は2021年11月中旬です。

 最寄り駅はゆりかもめ「お台場海浜公園」駅で徒歩8分。同駅から徒歩10分圏内の分譲マンションは2006年に完成した「ザ・タワーズ台場」ぶりです。徒歩圏内にはゆりかもめ「有明テニスの森」駅徒歩11分、りんかい線「国際展示場」駅徒歩13分、りんかい線「東京テレポート」駅徒歩13分があります。駅近ではありませんがお台場が徒歩圏となるタワーマンションです。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 有明地区では東京建物のブリリアシリーズ4棟目でここが一番細身のタワーマンションとなっています。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 建設地前にある交差点から撮影。建設地の目の前には「有明スポーツセンター」がありますが、横断歩道がコの字状にしかないので行くにはやや面倒です。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 その「有明スポーツセンター」から見た「ブリリアタワー有明ミッドクロス」です。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 お台場側から撮影。こちらの面のみまだ住宅部のネットが撤去されていませんでした。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 敷地の交差点側では交流広場となるミッドクロスガーデンが整備中でした。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 こういった広場や植栽といった外構の整備はマンション建設の最終段階です。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 マンション本体側には1階に入るカフェテラスのデッキ部分も見えていました。



ブリリアタワー有明ミッドクロス 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 公式HPに掲載されている配置図です。敷地に対してかなりの広さが広場となっており空地率は約70%となっています。



ブリリアタワー有明ミッドクロス カフェテラス
カフェテラス[出典:公式HP]

 マンション1階部分には地域貢献施設としてカフェテラスが設置されます。



ブリリアタワー有明ミッドクロス 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 地域貢献施設としてカフェの他に2階にはワークスペース、コミュニティスペース、認可保育園が設置されます。そして共用施設として32階にゲストルーム、パーティルーム、ラウンジ、33階に屋上テラスが設置されます。



ブリリアタワー有明ミッドクロス ルーフトップテラス
ルーフトップテラス[出典:公式HP]

 33階に設置される「ルーフトップテラス」の完成予想図です。屋上に行けて窓にも近付ける共用施設っていいですよね。自分の住まいには共用施設はないので憧れます。



ブリリアタワー有明ミッドクロス アウトドアテラス
アウトドアテラス[出典:公式HP]

 32階にはペット可の「アウトドアテラス」も設置されます。



ブリリアタワー有明ミッドクロス スカイエアラウンジ
スカイエアラウンジ[出典:公式HP]

 32階に設置される「スカイエアラウンジ」の完成予想図です。レインボーブリッジがすぐ近くの立地ですがシーリアお台場が邪魔をしてほとんど見えません。そこがちょっと残念な部分ですね。



ブリリアタワー有明ミッドクロス パーティルーム
パーティルーム[出典:公式HP]

 32階に設置される「パーティルーム」の完成予想図です。



豊洲ぐるり公園からの眺め

 現地の写真に戻って近くの「豊洲ぐるり公園」からの眺めです。ここからは有明のブリリア4兄弟を一望することができ、左から順に以下のように並んでいます。

・ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン(地上33階、最高高さ119.117m)
・ブリリア有明スカイタワー(地上33階、最高高さ118.27m
・ブリリアタワー有明ミッドクロス(地上33階、高さ113.80m)
・ブリリア有明シティタワー(地上33階、最高高さ119.4m)



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 「ブリリアタワー有明ミッドクロス」にズームです。右側は「ブリリア有明シティタワー」です。



レインボーブリッジからの眺め

 場所は変わってレインボーブリッジからの眺めです。ここからもブリリア4兄弟を見ることができます。



ブリリアタワー有明ミッドクロス

 ただ「ブリリアタワー有明ミッドクロス」は「シーリアお台場」の隙間から見る感じとなります。



レインボーブリッジからの眺め

 レインボーブリッジを芝浦側に行っても「シーリアお台場」の横から見える程度となっています。公式HPを見たら6月下旬から第2期9次の販売開始予定で間取りは1LDK〜3LDK、専有面積44.48屐89.99屬罵縦衄稜箍然覆5000万円台〜1億2900万円台となっています。

■物件概要■
名称:ブリリアタワー有明ミッドクロス(Brillia Tower 有明 MID CROSS)
計画名:(仮称)有明北2-1-A街区計画(Brillia有明)
所在地:東京都江東区有明1丁目3-16
用途:共同住宅、駐車場、保育園、店舗等
総戸数:300戸(うち、提携企業優先住戸5戸含む)
階数:地上33階、地下1階
高さ:113.80m
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:4,913
建築面積:1,275.46
延床面積:30.629.17
建築主:東京建物
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2018年8月上旬着工〜2021年11月中旬竣工予定
入居:2021年11月下旬予定

地上22階、高さ146m「(仮称)六本木七丁目計画」の建設状況!住友不動産によるSK・CCCターミナルビル跡地の再開発です(2021.5.30)

(仮称)六本木七丁目計画

 六本木の住友不動産による超高層オフィスビル「(仮称)六本木七丁目計画」(地上22階、高さ146m)の建設地です。色々あったことで知られる「TSK・CCCターミナルビル」の跡地です。詳細はウィキペディアでも見てください。

 敷地面積4,242.86屬紡个靴瞳築面積3,100屐延床面積32,500屐∪澤彈圓脇建設計、施工者は大成建設で2024年9月30日竣工予定です。住友不動産のHPにはまだ同プロジェクトは見当たりませんでしたが、いつも通りならば割と早い段階で掲載されると思います。また、22階という階数に対して高さ146mで単純計算すると1フロア6.636mとなってしまうので、塔屋の高さがかなりあるオフィスビルになるのかもしれません。



(仮称)六本木七丁目計画 配置図

 現地に設置されている案内に掲載されている配置図です。このように敷地の一部は六本木通りに面していますが大部分はちょっとだけ中に入った部分となっています。



(仮称)六本木七丁目計画

 2019年12月14日にヘリから撮影した「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。敷地右上の六本木通り沿いの白い「A7ビル」も再開発に含まれることを期待したのですがそれはなかったようです。



(仮称)六本木七丁目計画

 こちらは2020年12月18日にヘリから撮影した六本木方面で「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」の間が建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 再び現地から撮影した「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。「六本木西公園」前から見た様子です。現地写真は着工予定日の前日、5月30日の撮影です。



(仮称)六本木七丁目計画

 六本木通り側から撮影。



(仮称)六本木七丁目計画

 六本木通りに面している場所から撮影。間口はそれほど広くはありません。



(仮称)六本木七丁目計画

 ところでこの建設現場はなぜか暴力団追放のポスターがいっぱい。



(仮称)六本木七丁目計画

 いわくつきの土地とは言え今でも治安が悪いのでしょうか?左上には防犯カメラらしきものも設置されています。



(仮称)六本木七丁目計画

 あちこち建設現場を撮りに行っていますが他にこのような場所は見た記憶がありません。



(仮称)六本木七丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ちなみに以前ここには住友不動産によるタワーマンション「(仮称)六本木7丁目新築工事」(地上34階、最高高さ120.56m)の建築計画のお知らせが設置されたこともありました。その建築計画のお知らせは撤去され今の計画となっています。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木七丁目計画
所在地:東京都港区六本木七丁目25番-1他(地番)
用途:事務所
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:146m(最高146m)
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,242.86
建築面積:3,100
延床面積:32,500
建築主:住友不動産
設計者:日建設計 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2021年5月31日着工〜2024年9月30日竣工予定

地上40階「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の権利変換計画認可!三井不動産レジデンシャルによるタワマンが建設されます

西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 三井不動産レジデンシャルより西新宿で計画しているタワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の権利変換計画について東京都知事の認可を2021年6月16日に受けたと発表がありました。

 同プロジェクトはJR「新宿」駅から北西へ約1.2kmの位置で、規模は地上40階、地下1階、免震構造(中間免振)、総戸数470戸の住宅棟と、商業、業務、保育所で構成される地上4階建ての施設棟で計画されています。全体の敷地面積は約5,922屐延床面積は約53,742屬埜什漾現地では既存建物の解体工事が行われており、2021年度に本体工事を着工し、2024年度に竣工予定となっています。

 再開発組合の設立認可時の情報では地上43階、高さ約160m、約58,140屬竜模でしたが、今回の公開された情報では地上40階、延床面積約53,742屬塙發犠霾鵑呂覆少しだけ規模縮小しています。そのため高さは150m程度まで低くなっているかと思います。

▼三井不動産レジデンシャル:ニュース(2021年6月17日)
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」
権利変換計画認可のお知らせ
〜約0.8ha、住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースプロジェクト〜




西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 計画地は十二社通りに面しており、低層の施設棟はその十二社通り側に配置されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 配置図の上に書かれている「西新宿五丁目中央北地区(中央北地区)」は「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)のことで、なるべくお見合い部屋にならないよう住宅棟の角度を変えて敷地西側に配置したものと思われます。

 また、現地に行くと敷地北側にある「新宿区立淀橋けやきばし公園」と計画地との間には道路がありますが、同再開発ではその道路は撤去され敷地内に整備される広場と一帯となった公園になるようです。また、東側の道路は拡幅され、南側には新しい道路が整備されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ図
断面イメージ図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 住宅棟と施設棟は分離されており、施設棟よりも高い位置の5階〜40階が住宅フロアとなります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 最寄り駅は都営大江戸線「西新宿五丁目」駅で、他にも都営大江戸線「都庁前」駅、都営大江戸線・東京メトロ丸の内線「中野坂上」駅、東京メトロ丸の内線「西新宿」駅が徒歩圏です。ただどの駅も多少距離があります。また、この位置図の右端にJR「新宿」駅もありますがGoogleMap調べだと新宿区立新宿中央公園を通り抜けるルートで徒歩20分程度の距離となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮です。左の白いタワーマンションが「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)で、さらに左の工事現場が「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」(A地区:地上33階、高さ151.40m、B棟:地上35階、最高高さ131.57m)の建設地でこれらは全て十二社通りに面しています。

 また、計画地の右側の白いタワーマンションは「コンシェリア西新宿 TOWER'S WEST」(地上44階、最高高さ159.8m)で、これよりも少し低いタワーマンションになるものと思われます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 このように西新宿の超高層ビル群が途切れる場所のため西側は開けた視界が広がります。逆に東側には西新宿の超高層ビル群が広がっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ちょうど先週末の6月12日に現地の写真を撮っていました。十二社通り沿いの建物にも解体工事のお知らせが設置されていましたが、まだ解体工事が始まっている様子はありませんでした。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ただ、十二社通りから中に入った場所ではいくつかの建物で解体工事が始まっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 解体工事は特定業務代行者である熊谷組によって2021年12月31日までの工期で行われています。

 同物件は建築主は西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合で三井不動産レジデンシャルが参加組合員として参画するタワーマンションとなります。そのため三井不動産レジデンシャルのマンションブランド「パークタワー」か「パークコート」シリーズになるかと思いますが、「パークコート」は山手線内側のもっと都心のイメージがあるので「パークタワー」シリーズになると予想しています。ただ、新宿には「新宿パークタワー」という地上52階、高さ235mの超高層ビルと「パークタワー西新宿エムズポート」という地上27階、最高高さ93.39mのタワーマンションがあるので、混同を避けるために単純に「パークタワー新宿」や「パークタワー西新宿」にはせずにちょっとひねった名称になるのかなとも思っています。名称予想が難しいタワーマンションです。

■物件概要■
計画名:西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目及び六丁目の一部
用途:住宅、商業・業務、保育所 等
総戸数:470戸
階数:地上40階、地下?階
高さ:約150m程度?
地区面積:約0.8ha
敷地面積:約5,922
延床面積:約53,742
建築主:西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所
特定業務代行者:熊谷組
工期:2021年度着工〜2024年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク