超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

JXビル

A棟は地上40階、高さ212mに変更!B棟は高さ390m「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.11.19)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本一の高さ390mとなる超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。手前で解体中のビルは「大和呉服橋ビル」と「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)で、ここには「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上40階、高さ212m)が建設されます。高さ390mとなるB棟はその背後となりますがまだ何年かの間はオフィスビルとして稼働します。

大和呉服橋ビル
 解体中の「大和呉服橋ビル」です。随分と解体が進み見える景色も変わってきました。解体されて地上部の建設が始まるまでの間にだけ見える景色は貴重です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 別角度から。タワークレーンで解体中のビルは「JXビルです。

JXビル
 もう少し近くから。この方向の景色も今まで見ることができなかった景色です。

JXビル
 ところであのタワークレーンはこうしてチョコンと乗っています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 東京駅日本橋口前から見た「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」の建設地方面です。当初は地上37階、高さ230mで計画されていましたが、現在は地上40階、高さ212mとなっています。高さは減りましたが階数は増えています。

日本ビル
 部分解体工事が行われて独特の壁となった「日本ビル」です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 現在はこの解体された場所で「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟」(地上9階、高さ65m)が建設中です。地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能を移転し、その後「日本ビル」の残りの部分と隣の「朝日生命大手町ビル」を解体して、高さ390mとなるB棟を建設します。このためB棟は2023年度着工、2027年度竣工予定となっています。

日本ビル
 東京駅日本橋口前から見た「日本ビル」です。

朝日生命大手町ビル
 こちらの「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)は2021年度から解体工事が行われる予定です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟、C棟鬼は戸田建設によって施工されることとなりました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ
 開発事業のお知らせです。A棟は地上37階から40階、高さ230mから212m、建築面積3,900屬ら4,000屐延床面積140,000屬ら146,000屬吠儿垢砲覆辰討い泙后9發気聾困蠅泙靴燭規模拡大です。そのため上に載せた建築計画の数値も若干変わっています。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,400
延床面積:686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:212m
建築面積:4,000
延床面積:146,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ390m!「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.10.8)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 日本一の高さ390mの超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 これは現在の「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の様子で既存ビルの解体工事が行われています。

 手前で解体中のビルは「大和呉服橋ビル」で、隣の「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)の跡地と合わせて地上37階、高さ230mのA棟が建設されます。地上61階、高さ390mとなるB棟はその後ろの方に建設されます。

JXビル
 解体中の「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)です。普通のビルの高さまで解体が進んでいました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 「JXビル」と「大和呉服橋ビル」です。この2棟の跡地に建設されるA棟は2018年度着工予定です。

 ところで一部報道では高さ210mとなっていますが、低くなったんですかね?最後に建築計画のお知らせを載せますが、こちらはまだ高さ230mとなっていました。最高部高さでいいので230mは維持して欲しいものです。

JXビル
 反対側から見た「JXビル」です。解体工期は2018年1月31日までで大成建設が解体工事を行っています。

日本ビル
 その隣の「日本ビル」です。こちらは部分解体工事のため一時閉鎖されていましたが、今はオフィスビルとして稼働しています。ただ、2021年度から解体工事が行われます。

朝日生命大手町ビル
 こちらの「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)も2021年度から解体工事が行われます。

日本ビル
 部分解体工事が行われた「日本ビル」の反対側です。

日本ビル
 こちら側の敷地の一部で地上9階、高さ65mのD棟が建設中です。地下では下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能が移転されます。それが終わると「日本ビル」の残りの部分も解体され、「朝日生命大手町ビル」の跡地と合わせて高さ390mとなるB棟の建設工事が始まります。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟の施工者が戸田建設となったと報道がありましたがこちらはまだ未定のままでした。戸田建設は「大和呉服橋ビル」の解体工事を行っています。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,300
延床面積:680,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上37階、地下5階
高さ:230m
建築面積:3,900
延床面積:140,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ390mの超高層ビル「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.7.22)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 390mという高さ日本一の超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」方面です。呉服橋交差点から撮影しました。

 手前で解体中のビルの跡地に地上37階、高さ230mとなるA棟、左奥の超高層ビルが建っているあたりに地上61階、高さ390mとなるB棟が建設されます。

大和呉服橋ビル
 解体中のビルの一つ「大和呉服橋ビル」です。パソナグループの本部が入っていました。

大和呉服橋ビル
 戸田建設によって2018年1月15日までの工期で地上部の解体工事が行われます。

JXビル
 その隣の「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)です。こちらは大成建設によって2018年1月31日までの工期で地上部の解体工事が行われています。これら2棟の跡地に地上37階、高さ230mのA棟が2021年度上期竣工予定で建設されます。

 高さ390mが建つとわかっているので高さ230mは低く感じるますが、現在の東京駅周辺では「グラントウキョウ」の高さ205mが最も高い超高層ビルなので高さ230mでもかなりの高さです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 先行して建設工事が行われている「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟」(地上9階、高さ65m)の建設地です。左のビルは「日本ビル」で工事途中のような壁をしていますが、これはその場所にあったビルを部分解体工事を行ったためです。その「日本ビル」の地下は下水ポンプ所があるのですが、下水ポンプ所がこちらのD棟の地下に新たに建設され機能を移転します。その後「日本ビル」は完全に解体され、高さ390mとなるB棟の建設工事が始まります。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 低いゲート越しに中を覗いてみました。しばらくは地下の工事かと思います。

パソナグループ本部ビル
 「日本ビル」の反対の東京駅側です。「パソナグループ本部ビル」となっています。13階には都市型観光牧場「大手町牧場」が今月中旬に開設されるとのニュースを見ましたが詳細は不明です。

パソナグループ本部ビル
 エントランスを入ってすぐの場所には様々な種類の植物が置いてありました。

朝日生命大手町ビル
 「日本ビル」のに建つ「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)です。2021年度あたりから「日本ビル」と共に解体され地上61階、高さ390mとなるB棟が建設されます。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 日本橋では「日本橋一丁目中地区」に地上51階、高さ287mの超高層ビル計画が発表されました。また八重洲では高さ250m前後の超高層ビル建設が始まります。この「常盤橋地区」の超高層ビルが完成する頃には日本最大の超高層ビル群となっていそうです。


常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]



大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,300
延床面積:680,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:ABC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上37階、地下5階
高さ:230m
建築面積:3,900
延床面積:140,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ390mの超高層ビル「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.6.17)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本一の高さ390mの超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」方面です。左に地上37階、高さ230mとなるA棟、右に地上61階、高さ390mとなるB棟が建設されます。

 B棟は一番最後に建設されるため完成は2027年度とまだまだ先ですが、A棟は2018年度着工、2021年度完成予定のため既存ビルの解体が始まっています。中央で解体中のビルがその一つで「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)です。大成建設によって2018年1月31日までの工期で地上部の解体工事が行われています。ただ、この場所は地下に変電所、地上部は広場となるC棟あたりでA棟とはかすっている程度かもしれません。A棟が建設されるのは左端に上部3フロアくらいが見えている「大和呉服橋ビル」の跡地あたりです。

大和呉服橋ビル
 その「大和呉服橋ビル」(地上9階、塔屋3階)です。屋上にモニュメントのようなものがあるビルでパソナグループの本部が入っていました。

大和呉服橋ビル
 呉服橋交差点から見た「大和呉服橋ビル」です。解体工事の準備が始まっていました。

大和呉服橋ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。2018年1月15日までの工期で戸田建設によって地上部の解体工事が行われます。

パソナグループ本部ビル
 「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の計画地内にある「日本ビル」です。パソナグループ本部はこちらに移転しており、HPを見ると「パソナグループ本部ビル」となっています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 その反対側は部分解体されおり、その跡地では地下に下水ポンプ所が入る「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟」(地上9階、高さ65m)の建設が始まっています。「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能がこちらに移転します。

常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図

常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図[出典:三菱地所]

 D棟はこのようなビルとなり、そのビルは下水ポンプ所の所有者となる東京都下水道局の事務所となる予定です。


朝日生命大手町ビル
 そのD棟完成後にはこの「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)と、開設したばかりの「パソナグループ本部ビル」を解体して地上61階、高さ390mとなるB棟の建設が始まります。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,300
延床面積:680,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:ABC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上37階、地下5階
高さ:230m
建築面積:3,900
延床面積:140,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

■D棟の物件概要■
用途:事務所、下水ポンプ、駐車場等
階数:地上9階、地下3階
高さ:65m
建築面積:2,900
延床面積:30,000
工期:2017年4月末着工〜2021年12月末竣工予定

高さ390mの超高層ビルも建設される「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.5.21)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 高さ390mという日本一の高さの超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。昨日のブログで「虎ノ門・麻布台地区」に建設される超高層ビルが高さ330mで日本一となると書きましたが、2027年度に完成するこのビルが抜き去ることとなります。


常盤橋街区再開発プロジェクト 配置図
常盤橋街区再開発プロジェクト 配置図[出典:三菱地所]

 同再開発では先行して地上9階、高さ65mとなるD棟が4月末に着工しています。この配置図のように「日本ビル」の部分解体工事を行い、そこの地下に下水ポンプ所が入るビルを建設します。


常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図
常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図[出典:三菱地所]

 そのD棟はこのようなビルとなります。ビルは下水ポンプ所の所有者となる東京都下水道局の事務所となる予定です。


大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 昨日、2017年5月21日に撮影したD棟の建設地です。左が部分解体された「日本ビル」です。部分解体するにあたり一時閉鎖されていましたが、6月から再びオフィスビルとして復活します。左下にチラッと引っ越しのトラックが写っていますが、この日はトレーニング機器の搬入作業を行っていました。ジムでも入るんですかね。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 別方向からもう1枚。来月からオフィスビルとして稼働しますが数年後には解体されます。

日本ビル
 東京駅側から見た「日本ビル」です。

朝日生命大手町ビル
 「日本ビル」に隣接している「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)です。この2棟が建っている場所が地上61階、高さ390mとなるB棟の建設地で2022年頃から解体されます。

JXビル
 「日本ビル」の隣の「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)です。大成建設によって解体工事が行われています。

JXビル
 解体後の跡地には地上1階、高さ5mのC棟が建設されます。地下に変電所が入る施設で、一般的には広場にしか見えない場所となります。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」全体です。また解体工事のお知らせは見当たりませんでしたが、正面の「大和呉服橋ビル」ももうすぐ解体工事が始まるかと思います。解体後の跡地には地上37階、高さ230mとなるA棟が建設されます。

 高さ390mの超高層ビルが建設される再開発のため高さ230mは小さく感じますが、現在の東京駅周辺の超高層ビルで一番高いのは「グラントウキョウ」の高さ205mです。そのため高さ230mは本来なら主役になれる高さです。ちなみに八重洲にそれよりも高いビルが3棟建設される予定ため東京駅周辺では5番目の高さとなります。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

 今後の工事の流れです。まとめるとメインの高さ390mの超高層ビル以外をまずは建てて、最後に高さ390mの超高層ビル建設するといった感じです。


大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,300
延床面積:680,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:ABC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上37階、地下5階
高さ:230m
建築面積:3,900
延床面積:140,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

■D棟の物件概要■
用途:事務所、下水ポンプ、駐車場等
階数:地上9階、地下3階
高さ:65m
建築面積:2,900
延床面積:30,000
工期:2017年4月末着工〜2021年12月末竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。