(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事
 高崎駅東口第九地区で計画されている「(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事」の計画地です。ようやく建設予定地を見に行ってきました。

 この場所にココパルクが建築主となる地上28階、高さ99.95m、群馬県最高層のタワーマンションが建設されます。今年7月から既存建物解体工事が始まり、9月には着工予定となっています。

(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事
 敷地の大部分がコインパーキングとなっており、既存建物は右側の灰色の2棟だけかと思います。この敷地の手前側(線路側)が共同住宅棟、奥側が駐車場棟となります。

(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事
 既存ビルはまだ解体されるような気配はありませんでした。

高崎駅東口第九地区とペデストリアンデッキ
 建設地は目の前まで高崎駅からペデストリアンデッキが続いており、「(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事」の完成時には駅直結となります。左側に見える高架がJRで新幹線の駅もあります。新幹線を使えば東京駅まで約1時間くらいです。

高崎市役所からの眺め
 高崎市役所の21階展望ロビーから見た高崎駅方面の眺めです。矢印と名称を入れたあたりが「高崎駅東口第九地区」です。

 左の白いタワーマンションが「セレストタワー高崎」(地上21階、高さ69.3m)、高崎駅の後ろに見えているのが「高崎タワー21」(地上22階、高さ87m)です。これらタワーマンションよりも高いマンションが建設されます。

 ちなみに群馬県で1番高いビルは「群馬県庁舎」で地上33階、最高高さ153.8m、2番目は「高崎市庁舎」で地上21階、高さ102.5m、そして3番目が「(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事」の地上28階、高さ99.95mとなります。

高崎市役所から見た高崎駅東口第九地区方面
 「高崎駅東口第九地区」方面にズームです。タカシマヤの看板の後ろが「ホテル ココ・グラン高崎」でその左がタワーマンション建設地です。

(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事の建築計画
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事
所在地:群馬県高崎市東町32-1 他 13筆
用途:共同住宅・駐車場・テナント・ペデストリアンデッキ
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.95m
敷地面積:3,542.91
建築主:ココパルク(施工者代表)
設計者:企画者
施工者:未定
工期:2016年9月着工予定