(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図[出典:大成有楽不動産]

 豊洲5丁目で計画されている「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」に関して東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産より2017年11月30日に地区計画の都市計画決定が告示されたと発表がありました。同計画は地上50階、高さ約180m、延べ約145,000屐¬1230戸のタワーマンションを中心とした総延べ床面積約148,000屬諒9膤発です。

 豊洲駅から徒歩4分、隣接地には東電堀といった水辺もあり遊歩道や公園も整備されています。また、同計画地内には生活利便施設としてスーパーマーケットの導入も予定されています。かなり高額となりそうですが注目を集めるタワーマンションとなりそうです。

▼大成有楽不動産:ニュースリリース(2017年11月30日)
〜新たな都心居住のモデルとなる、うるおいとにぎわいある水辺のライフスタイルを創出〜
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 都市計画決定 2021年度完成予定



(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図[出典:大成有楽不動産]

 配置図です。敷地の真ん中に住宅棟が建設され、新豊洲駅側に生活利便施設が配置されます。また、右下の「豊洲西小学校」に増築棟が描かれていますが、これは人口増加で小学校が定員オーバーになるため計画地の一部を江東区に譲渡し増築することになっています。


(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画の空撮
 昨年の10月に撮影した「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」方面です。以前に載せた写真の使い回しなので小学校の増築棟部分も赤くなっています。このように向きによっては将来の眺望も安泰な立地で、駅もららぽーと豊洲も近い良い場所かと思います。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 12月3日に撮影した「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地です。草原の奥に見えるのが「豊洲西小学校」です。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 この場所にはレンタルのニッケン、ヤマト運輸、保育園がありましたが全て解体されています。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 東電堀横から撮影。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図[出典:大成有楽不動産]

 このように水辺と一体となるオープンスペースも整備されるようです。


(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画方面
 晴海側から見た「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」方面です。東京ガスの「がすてなーに」が超高層化しない限りこの方面の眺望は安泰です。

■住宅棟の物件概要■
計画名:(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1号
用途:共同住宅
総戸数:約1230戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
敷地面積:約24,300(全体)
延床面積:約145,000
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
工期:2018年度着工予定〜2021年度竣工予定