(仮称)西新プロジェクト 完成予想図
(仮称)西新プロジェクト 完成予想図[出典:東京建物]

 福岡県福岡市の西新駅直結となる「(仮称)西新プロジェクト」(地上40階、高さ約140m)の完成予想図です。商業施設も併設される東京建物による総戸数約330戸のタワーマンションとなります。

 建設地には既存施設として商業施設の「西新エルモールプラリバ」があり現在は解体工事中ですが、全てを解体するわけではなく減築した後、高層住宅を増築するという手法が採用されました。これは計画地内にある福岡市営地下鉄「西新」駅から地上への通路・階段を維持するためと、商業施設の早期開業を実現するため採用されたとのことです。

▼東京建物:ニュースリリース(2017.3.21)
〜既存商業施設を減築、高層住宅を増築〜 「(仮称)西新プロジェクト」計画概要について


西新エルモールプラリバ
 2016年11月に撮影した「西新エルモールプラリバ」です。2015年7月には営業を終了しており、この時点で建物は仮囲いで囲まれ解体工事が行われていました。左側(東側)の地上部は解体され住宅部が増築され、右側(西側)は8階建てから4階建ての商業施設へ減築・改修されます。

(仮称)西新プロジェクト 減築・増築概要
(仮称)西新プロジェクト 減築・増築概要[出典:東京建物]

 このように商業施設を減築し、同敷地内に共同住宅を増築するプロジュエクは例がないそうです。最近は大型店舗の閉鎖のニュースを耳にすることが多くなりましたが、今後はこの手法を使うところも出てきそうですね。東京建物もモデルケースとなることを期待しているとのことです。


西新エルモールプラリバ
 裏から撮影。こちら側は4階建ての商業施設へ減築されます。

■(仮称)西新プロジェクトの物件概要■
計画名称:(仮称)西新プロジェクト
所在地:福岡県福岡市早良区西新4 丁目1 番1
用途:店舗・共同住宅・駐車場
総戸数:約330戸
階数:地上40階、地下2階
高さ:約140m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:約4,200
延床面積:約51,000
建築主:東京建物
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店(予定)
工期:2018年1月着工〜2021年度竣工予定
開業:2019年度に商業部分一部先行開業予定