超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

(仮称)虎ノ門2-10計画

高さ約189m「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.10.1)

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 本館」の建て替え「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)の建設現場です。1ヶ月前に見に行ったときはタワークレーン2基でしたが3基に増えていました。そのタワークレーンがある側がオフィスとホテルからなる高層棟となり、その右手前の鉄骨が組まれている場所が中層棟で地上13階、高さ85mのホテルとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 別館」前から撮影した高層棟です。8階〜25階がオフィスフロアでその上がホテルとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 改修・増築工事が行われている「大倉集古館」越しに撮影。右側が高層棟、左側が中層棟となります。左に見えてるタワークレーンは隣で建設中の「新虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)です。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

 地上38階建てとなっていますが運用呼称は地上41階となります。この完成予想図では描かれていませんがここはかなりの傾斜地で、坂を降りた側を建築基準法の1階にして運用ではこの坂を登ったところを1階とするようです。


ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

 中層棟はホテル機能のみの建物となります。高層棟のホテルからはどのような眺めになるのか気になるところですが、気軽に泊まれる宿泊費にはならないでしょうね。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定

地上38階「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.9.3)

ホテルオークラ東京 新本館
 虎ノ門で建設中の「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。「ホテルオークラ東京 本館」の建て替えで地上38階建て(運用呼称地上41階)の高層棟と地上13階、高さ85mの中層棟が建設されます。2台のタワークレーンで鉄骨を組んでいるのは高層棟側です。

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 別館」前から撮影。8階〜25階がオフィスフロアとなり高層階がホテルとなります。中層棟はホテル機能のみとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 反対側から撮影。建設地は傾斜地のためここからだと見上げる感じになります。

ホテルオークラ東京 新本館
 最初に運用呼称41階と書きましたがそれはこの傾斜地のためで、どこを1階として運用するかで階数は変わります。

ホテルオークラ東京 新本館
 仮囲いの透明部分から撮影。手前の鉄骨は中層棟かと思われます。

ホテルオークラ東京 新本館
 以前は散策路があった斜面です。この辺りはどう生まれ変わるんでしょうね?

ホテルオークラ東京 新本館
 「世界貿易センタービル」の展望台から見た「ホテルオークラ東京 新本館」方面です。中央のタワマンの背後に見える2基のタワークレーンが建設地です。そのうち姿が見えるようになります。

虎ノ門方面の超高層ビル群
 広角で見るとこのような感じです。虎ノ門あたりは超高層化がどんどん進んでいますが、右側の「虎ノ門ヒルズ」の周りに3棟の超高層ビルが建設されるのでこの景色は大きく変わります。ただ、撮影場所の「世界貿易センタービル」は建て替えられるため、将来この方向の超高層ビル群が見られなくなるのが残念です。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。2019年オープン予定です。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定

タワークレーン設置「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.7.8)

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 本館」の建て替え「ホテルオークラ東京 新本館」の建設地です。地上38階、高さ188.65mの高層棟と地上13階、高さ85mの中層棟が建設されますが、高層棟側の鉄骨が組まれ始めていました。この辺りは急な傾斜地のため地下部分の鉄骨です。高層棟は地上38階、地下4階ですが、運用上は坂の上を1階として扱うため運用呼称は地上41階、地下1階となります。

ホテルオークラ東京 新本館
 上の写真の右側です。こちらはまだ土が見える状態でした。

ホテルオークラ東京 新本館
 反対側の坂を登りきった場所から撮影。角地の建物はは改修・増築工事が行われている「大倉集古館」です。

ホテルオークラ東京 新本館
 建設地には1基だけタワークレーンも設置されていました。最近はあまり変化がなく来る頻度が減っていましたが、これからはまた撮影頻度をあげて行こうかと思います。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

 同建て替えでは旧本館を設計した谷口吉郎氏のご子息である谷口吉生氏が設計チームに起用されています。


ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

 高層棟は8階〜25階がオフィスフロアとなりその上の高層部がホテルとなります。中層棟は全体がホテルとなります。


ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定

高さ188.65m「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.4.30)

ホテルオークラ東京 新本館
 2017年4月30日の「ホテルオークラ東京 新本館」の建設地です。「ホテルオークラ東京 本館」建て替えで地上38階、高さ188.65mの高層棟と地上13階、高さ85mの中層棟が建設されます。高層棟は低中層部がオフィスフロアで高層部がホテルとなり、中層棟は全体がホテルとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 仮囲いの透明な部分から撮影。現在は解体工事と新本館の建設工事が同時に進行中です。

ホテルオークラ東京 新本館
 少しズームです。この辺りは確実に解体中ですね。解体工事は2015年9月1日〜2017年12月15日を第一期、2018年8月1日〜2018年11月30日を第二期として行われます。新本館は2016年6月1日着工、2019年6月28日竣工予定となっているので、建物の外観がほぼ完成してもどこかで解体工事が行われていそうです。

ホテルオークラ東京 新本館
 反対側から撮影。中を覗いてみたいのですが撮影スポットが最初に載せたところくらいしか見当たりません。

ホテルオークラ東京 新本館
 最初の写真を見てもわかると思いますが建設地はこのような急斜面となっています。そのため地上38階となっていますが、これは坂の上の方を基準としているようで、実際は坂の下の方を1階として地上41階建てとして運用するようです。

大倉集古館
 敷地西側の「大倉集古館」です。こちらは改修・増築工事が行われます。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]


ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]


ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 「ホテルオークラ東京 新本館」の建築計画のお知らせです。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定

ホテルオークラ東京の本館解体状況と新本館建設状況(2016.12.17)

解体中のホテルオークラ東京 本館
 2016年12月17日の「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)の建設地です。元々ここに建っていた本館の解体工事と新本館の建設工事が同時に進行中です。

解体中のホテルオークラ東京 本館
 解体中の「ホテルオークラ東京 本館」の外壁が一部まだ残っていました。また、この通りかなりの高低差があり、その高い方を申請上では1階としているようですが、実際は低い方を1階として地上38階建てではなく地上41階として運用するようです。高さが高くなると色々な規制が増えてくるので傾斜地ではこういったことがよくあります。

解体中のホテルオークラ東京 本館
 その傾斜地の上の方から撮影。この向こう側は崖のようになっているかと思います。

ホテルオークラ東京 新本館
 ここからは「ホテルオークラ東京 新本館」の建設地を南東側から撮影。高層棟のことしか書いていませんでしたが地上13階、高さ85mの中層棟も同敷地に建設されます。

ホテルオークラ東京 新本館
 南西側の「ホテルオークラ東京 別館」横から撮影。

ホテルオークラ東京 新本館
 西側から撮影。角地の建物は「大倉集古館」で改修・増築工事が行われます。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京 本館 解体工事のお知らせ
 「ホテルオークラ東京 本館」の解体工事のお知らせです。2期に分けて解体工事が行われます。

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 「ホテルオークラ東京 新本館」の建築計画のお知らせです。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。