虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:内閣府]

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の西側の大規模再開発「(仮称)虎ノ門二丁目計画」の完成予想図です。

 ここも「虎ノ門ヒルズ」として再開発され、A-1街区は「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、高さ約265m)となり「虎ノ門ヒルズ」で最も高い超高層ビルとなります。隣のB街区は小さく見えますが、地上17階、高さ98mという規模があります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図
配置図[出典:内閣府]

 このように東京メトロ日比谷線の新駅の隣接地が計画地となっており駅直結となります。

 また、この配置図の右下が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」で、その上下では「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)と「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)が建設中です。つまり「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の三方向に超高層ビルが建設され「虎ノ門ヒルズ」が拡大されることとなります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 断面図
断面図[出典:内閣府]

 断面図です。A-1街区の低層部にはホテルが配置されます。最上階のビジネス発信拠点にはフォーラム、ギャラリー、レストラン等が設置されイベント等にも対応する場所となるようです。


(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区
B街区[出典:内閣府]

 B街区の完成予想図とフロア構成です。外国人就業者・居住者等のための情報、交流拠点が整備されます。


(仮称)虎ノ門二丁目計画A-1街区
 そんな「(仮称)虎ノ門二丁目計画」の計画地です。こちらはA-1街区方面で「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、高さ約265m)が建設されます。

(仮称)虎ノ門二丁目計画A-4街区
 こちらはA-4街区方面で公園が整備されます。

(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区
 こちらはA-4街区の裏のB街区方面です。

(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区
 現在はコインパーキングとなっています。

(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区
 この場所には地上17階、高さ98mとなるビルが建設されます。

(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区 建築計画のお知らせ
 現地には建築計画のお知らせも設置されとり、それによると2018年9月1日着工、2020年11月30日に竣工となっています。建築主は森ビルではなく東洋海事工業です。メインとなるA-1街区の建築計画のお知らせはまだ見つけることはできませんでした。

■物件概要■
計画名:(仮称)虎ノ門二丁目計画B街区
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目9番1、9番3、9番4、9番6
用途:事務所・店舗
階数:地上17階、地下2階
高さ:98.00m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,700.00
建築面積:1.490.00
延床面積:26,500.00
建築主:東洋海事工業
設計者:山下設計
施工者:未定
工期:2018年9月1日着工〜2020年11月30日竣工予定