超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

(仮称)竹芝地区開発計画B街区(住宅棟)

高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.4.28)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 竹芝で建設中の超高層ビル「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。「世界貿易センタービル」の展望室から撮影しました。ソフトバンクの本社が汐留からここに移転してきます。



(仮称)竹芝地区開発計画

 同再開発の特徴の一つとして竹芝と浜松町を結ぶペデストリアンデッキがあります。



(仮称)竹芝地区開発計画

 建設中のビルから浜松町駅までは結構な距離があるので初めて計画を聞いたときは半信半疑でしたが、幅もある大きなペデストリアンデッキの工事はかなり進んでいます。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 地上から見るとこのような感じです。知らない人が見れば歩道橋だとは思わなさそうな規模です。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 そのペデストリアンデッキの隣にある芝離宮恩賜庭園から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。高さ200m超えはさすがに大きいです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 残念なのは展望台がないところですが最上階にはラウンジが設置されるそうです。最上階を借りている企業だけかもしれませんが、ここで働く人ならば最上階に行くことができそうです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 ゆりかもめ「竹芝」駅前から撮影。目の前のタワークレーンは同再開発の住宅棟「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)です。



(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

 「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」はまだ地上部の建設が始まったばかりです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 こうして見ると「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」は板型の超高層ビルのようにも見えますが三角形に近い形となっています。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 低層部では階段状となるスキップテラスの建設も始まっていました。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 このスキップテラス部は一般の人も行ける場所となりそうなのでどんな景色が見られるのか楽しみです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 日の出方面から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。ここから見ると板状ではないことが良くわかります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 これだけ撮影日が4月13日ですが晴海客船ターミナルから見た竹芝方面です。高さが揃った超高層ビル群よりもこうして凸凹している方が好きです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 最後は東京スカイツリーの天望回廊から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。手前の緑地は旧浜離宮庭園です。芝離宮恩賜庭園もすぐ近くで両庭園を借景できる立地かつ海もすぐ近くのため高層階からはかなり贅沢な景色となりそうです。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

ソフトバンクの本社が移転してくる高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.3.2)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。「カレッタ汐留」の46階無料展望スペースから撮影しました。汐留に本社があるソフトバンクがこのビルに移転することが決定しています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「浜離宮恩賜庭園」から見た様子です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 浜松町駅前にある「旧芝離宮恩賜庭園」から見た様子です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 高層部にズームです。ガラスの取り付けが着々と進んでいます。。

(仮称)竹芝地区開発計画
 同再開発では建物だけではなく「浜松町」駅からゆりかもめ「竹芝」駅まで繋ぐペデストリアンデッキも建設しています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 このようにペデストリアンデッキは途中にある首都高の上も通ります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 ここで「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」と接続され「竹芝」駅まで繋がっていきます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」は角度によって見た目が大きく変わります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 形だけなくデザインも方向によって異なります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 このように細く見える場所もあります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 こちら側から見るとガラスカーテンウォールの超高層ビルとなっています。ところで低層部の外壁がまだないのは、この場所にはスキップテラスと呼ばれる階段状のテラスが整備されるためです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「竹芝」駅の改札近くから見ると目の前にタワークレーンがあります。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 ここでは住宅棟となる「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)が建設中です。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 この敷地の右側あたりにペデストリアンデッキが建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 地上から見た住宅棟の建設地です。右後ろがゆりかもめ「竹芝」駅です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「竹芝」駅の隣の「日の出」駅から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。足元の屋根が赤いマンション「イトーピア浜離宮」は地上32階、高さ118.60mのタワーマンションへの建替が計画されています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 東京湾から見た竹芝です。右端が昨日のブログに載せた「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 最後は3月2日に「恵比寿ガーデンプレイスタワー」から撮影した「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。やっぱり高さ200mを超えると存在感が大きくなりますね。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

地上40階!都市再生ステップアップ・プロジェクト「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.1.13)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟) (1)
 竹芝で建設中の超高層ビル「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。汐留から撮影しました。撮影時点で37階まで鉄骨が組まれており、新たに38階〜40階部分の鉄骨が組まれ始めたばかりでした。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟) (2)
 ゆりかもめ「竹芝」駅近くから撮影。残念ながら展望台はないようですが最上階にはラウンジが設置されるそうです。ここで働く人ならば最上階に行くことができそうです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 低層部を見るとまだ壁がありませんが、これはこの場所にスキップテラスと呼ばれる階段状のテラスが整備されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ビルの形は四角ではなく三角形に近い形なので見る角度によっては細く見えます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 首都高越しに撮影。首都高の上を通して工事しているのは浜松町駅から竹芝駅まで繋ぐペデストリアンデッキです。「(仮称)竹芝地区開発計画」の一部で再開発ビルを経由して竹芝まで行き来できるようになります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 そのペデストリアンデッキも随分と伸びてきました。

(仮称)竹芝地区開発計画
 最初はこの汐留から伸びるペデストリアンデッキと繋がるのかと思っていたのですが上を通ります。そして線路を超えて浜松町駅まで繋がります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 以前、現地看板を撮影したものですがこのように繋がります。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 そのペデストリアンデッキが繋がるゆりかもめ「竹芝」駅前です。ここは「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)としてマンションが建設中です。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 上から見ると鉄筋コンクリートの型枠が組まれていました。次回訪問時には地上からも本体が見えるようになっていそうです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 1ヶ月くらい前にフジテレビの球体展望室から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。

竹芝・汐留
 引きで見ると竹芝と汐留の超高層ビル群が合わさってなかなかの超高層ビル群に成長しています。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

29階部分建設中!地上40階「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2018.10.8)

(仮称)竹芝地区開発計画
 竹芝で建設中の超高層ビル「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。「世界貿易センタービル」の展望台から撮影しました。26階まで鉄骨が組まれており、27〜29階の鉄骨を組み始めたところでした。最上階までまだ10フロア以上あります。やっぱり高さ200m超えは大きいです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 首都高越しに撮影。首都高を超えるペデストリアンデッキも同再開発で建設中です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 昨日のブログに載せた地上32階建てタワマンに建て替えられる「イトーピア浜離宮」前の首都高側から撮影。ここから見ると細いビルに見えますが、三角形の形をしているので実際はどっしりしたビルです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 手前側低層部に階段状のスキップテラスが整備されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ゆりかもめ「竹芝」駅から撮影。「竹芝」駅とはペデストリアンデッキで接続されます。また、手前の青い重機がいる敷地はB街区で地上18階、最高高さ70mの住宅棟が建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 竹芝ふ頭からも目立つ超高層ビルになってきました。右側に見切れている建設中の超高層ビルは「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 この方向から見ると一番どっしりとした形に見えます。

(仮称)竹芝地区開発計画
 汐留シオサイトから見た「(仮称)竹芝地区開発計画」です。

(仮称)竹芝地区開発計画
 同じような方向から見た「(仮称)竹芝地区開発計画」のイメージパースです。浜松町駅から竹芝駅に繋がるペデストリアンデッキが整備されるのがこの再開発の特徴の一つです。

(仮称)竹芝地区開発計画
 そのペデストリアンデッキの工事もこのように着々と進んでいます。芝離宮恩賜庭園のすぐ隣なので眺めも良さそうです。

(仮称)竹芝地区開発計画
 首都高を超える場所です。

(仮称)竹芝地区開発計画
 近くから見上げた様子です。後ろのビルの解体が始まっていました。同再開発による解体のようです。

(仮称)竹芝地区開発計画
 浜松町駅側です。途中まで架かっていたペデストリアンデッキの上を通ります。

title="(仮称)竹芝地区開発計画" target="_blank">(仮称)竹芝地区開発計画
 地上から見るとこのような感じでJRの線路も超えるペデストリアンデッキとなります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 先程のイメージパースの同じ場所を拡大してみました。このようなペデストリアンデッキになります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売です!もう書店に並んでいると思いますがかなり大きな書店の建築コーナーに行かないとないと思います。書店で見つからないときはamazonなど通販でも購入できるのでよろしくお願いします。そんな中から1枚。インチョンのタワーマンション群です。インチョンにはこういった同じデザインのタワマン群があちことにありました。

高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2018.8.11)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 竹芝で建設中の超高層ビル「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。海側からゆりかもめの高架越しに撮影しました。左側にゆりかもめ「竹芝」駅、中央の道路を真っ直ぐ進むと「浜松町」駅があります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ゆりかもめ「竹芝」駅から撮影。20階まで建設が進んでおり、21〜23階の鉄骨を組み始めたところでした。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 手前の「竹芝」駅の目の前では「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)が建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 今は垂直にそびえる超高層ビルですが階段状のテラスが整備されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ビルは三角形の形をしているためこうして細くしか見えない場所もあります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 反対側の都立芝商業高校のグラウンド越しに見ると超高層ビルらしい外観となっています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 首都高越しに見ても目立つようになってきましたがまだ半分です。

(仮称)竹芝地区開発計画
 その首都高の上にはペデストリアンデッキが架けられました。

(仮称)竹芝地区開発計画
 このペデストリアンデッキは「(仮称)竹芝地区開発計画」によるもので「浜松町」駅から再開発ビルを通って「竹芝」駅まで繋がります。隣のビルと見比べると5階レベルの高さがあるので眺めも良さそうです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ビルには展望台は設置されないようですが、ペデストリアンデッキの隣には「芝離宮恩賜庭園」があるので歩くのが楽しみです。

(仮称)竹芝地区開発計画

(仮称)竹芝地区開発計画
竹芝駅側から見た住宅棟・業務棟外観イメージ[出典:東急不動産]

(仮称)竹芝地区開発計画
完成予想図[出典:東急不動産]

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク