超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画

高層部はホテル『メズム東京、オートグラフコレクション』、劇場棟は『四季劇場[春]・[秋]』、高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況と空撮(2019.12.15)

ウォーターズ竹芝

 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)の空撮です。2019年11月30日にヘリから撮影しました。タワー棟とシアター棟、パーキングの3棟構成でこれはその中のタワー棟です。低層部は階段状となっており上から見ると面白いデザインとなっています。

 タワー棟の1階〜4階はアトレが運営する商業施設「アトレ竹芝」、5〜14階はオフィスフロア、そして16階〜26階は日本ホテルが運営するホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」(総客室数265室)となります。



ウォーターズ竹芝

 右下がシアター棟で劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入ります。そのシアター棟とタワー棟の間は広場とテラスとなり、そして目の前の水辺には船着場と干潟も整備されます。



ウォーターズ竹芝

 劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入るシアター棟です。1〜3階は商業施設「アトレ竹芝」で2〜6階部分が四季が運営する劇場部分となります。劇場の正式名称は『JR東日本四季劇場[秋]』と『JR東日本四季劇場[春]』です。



ウォーターズ竹芝

 建設地の目の前は「浜離宮恩賜庭園」のためタワー棟の高層部に入るホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」からの眺望はなかなか凄そうです。



ウォーターズ竹芝

 浜離宮恩賜庭園と汐留の超高層ビル群を見てみたいものです。※この空撮だけ2019年12月14日の撮影です。



ウォーターズ竹芝

 その汐留にある「カレッタ汐留」の46階無料展望室から見た「ウォーターズ竹芝」です。ヘリを飛ばさなくてもここからなら全体を見ることができます。※ここからの写真は2019年12月15日の撮影です。



ウォーターズ竹芝

 現地から撮影した「ウォーターズ竹芝」です。



ウォーターズ竹芝

 低層部の階段状となっている部分には外階段が設置されているためデッキにも自由に行けそうな感じです。



ウォーターズ竹芝

 既に「atre」の文字もありました。アトレはJR東日本グループ企業で駅直結が基本ですがここは駅からは離れています。そしてこの辺りは人通りが多い場所ではないので集客がどうなるのか気になるところです。オフィス部分は2020年4月1日開業、「アトレ竹芝」は2020年4月13日開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 四季劇場[春]・[秋]が入るシアター棟です。こちら側に入る「アトレ竹芝」と四季劇場[秋]は2020年7月14日の開業予定でこの日がグランドオープンの日となりますが、四季劇場[春]は少し遅れて2020年9月10日の開業予定となっています。



ウォーターズ竹芝

 タワー棟の16階〜26階部分に入るホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」は2020年4月27日の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 左にチラッと写りこんでいる高架がゆりかもめで最寄駅は「竹芝」駅となります。JR「浜松町」駅も徒歩圏ですが公式サイトでは徒歩6分の距離となっています。



ウォーターズ竹芝

 最後は竹芝埠頭から見た「ウォーターズ竹芝」です。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

劇場棟には四季劇場[春]・[秋]が入る高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.10.20)

ウォーターズ竹芝

 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。1階〜4階はアトレが運営する商業施設、5〜14階はオフィスフロア、そして16階〜26階は日本ホテルが運営する総客室数265室のホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」となります。



ウォーターズ竹芝

 「メズム東京、オートグラフ コレクション」の「オートグラフ コレクション」とはマリオット・インターナショナルによる独自性や個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクションのことでここのホテルはそこに加盟します。日本のホテルが加盟するのは2軒目とのことです。



ウォーターズ竹芝

 その隣では劇場棟が建設中で劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入ります。劇場棟の1〜3階は商業施設で劇場は2〜6階部分となります。左奥には10階建ての駐車場棟もあります。劇場棟は他よりは少し遅れての開業となりますが2020年内の開業が予定されています。



ウォーターズ竹芝

 超高層棟の低層部には「mesm TOKYO」の文字が見えます。建築主は東日本旅客鉄道(JR東日本)で商業施設とホテルの運営者となるアトレと日本ホテルも共にJR東日本グループです。



ウォーターズ竹芝

 劇場棟の屋根はこのように斜めになっています。この屋根の先には旧浜離宮恩賜庭園があります。



ウォーターズ竹芝

 竹芝埠頭から見た「ウォーターズ竹芝」です。竹芝の超高層化が進んでいます。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

高層階ホテルは『メズム東京、オートグラフコレクション』に!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.8.10)

竹芝の超高層ビル群

 レインボーブリッジから撮影した竹芝の超高層ビル群です。左の一番高い超高層ビルが昨日のブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。1棟だけでもこうして群を抜いて高いビルがあるとスカイラインがいい感じになりますね。



ウォーターズ竹芝

 1枚目の超高層ビル群の右側にズームです。中央の他より少しだけ高いビルが「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。

 1階〜4階はJR東日本グループのアトレが運営する商業施設、5〜14階はオフィスフロア、そして16階〜26階はJR東日本グループの日本ホテルが運営する265室のホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」となります。



ウォーターズ竹芝

 近くから見上げて撮影。日本ホテルと言えばメトロポリタンシリーズなどが有名ですが、ここはオリジナルブランドの「メズム東京、オートグラフ コレクション」となります。また、マリオット・インターナショナルによる独自性や個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクション「オートグラフ コレクション」に加盟します。日本のホテルとしては2軒目とのことです。



ウォーターズ竹芝

 こちらと反対側には「浜離宮恩賜庭園」があるので広大な庭を借景できる立地です。



ウォーターズ竹芝

 こちら側は東京都心側となりますが汐留の超高層ビルが建ち並び、そして今後は浜松町の再開発も進んで来るので、そこまで色々は見えないかもしれません。ホテルは2020年4月の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 隣では劇場棟が建設中で劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入ります。劇場棟の1〜3階は商業施設となり劇場は2〜6階部分となります。左奥の色が違う色のネットで覆われている建物は10階建ての駐車場棟です。劇場棟は挟として他よりは少し遅れての開業となりますが2020年内を予定されています。

 同再開発の建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地で建築主はJR東日本です。



ウォーターズ竹芝

 浜離宮恩賜庭園側以外はあまり抜けた視界のない場所ですが、こうして道路の先に見えるこの場所から見るのがお気に入りです。



ウォーターズ竹芝

 最後に「貿易センタービル」の展望台から見た「ウォーターズ竹芝」です。こうして一部だけ見ることができます。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

ホテルは『メズム東京、オートグラフコレクション』に決定!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.6.8)

ウォーターズ竹芝

 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。カレッタ汐留の46階無料展望室から撮影しました。手前の庭園は旧浜離宮恩賜庭園で、建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地で建築主はJR東日本です。



ウォーターズ竹芝

 高層棟の1階〜4階はJR東日本グループのアトレが運営する商業施設となり、16階〜26階はJR東日本グループの日本ホテルが運営する265室のホテルとなります。ホテルはメトロポリタンシリーズになるかと思っていたのですがオリジナルブランドの「メズム東京、オートグラフ コレクション」に名称が決定しています。また、マリオット・インターナショナルと提携し「オートグラフ コレクション」に加盟します。

 「オートグラフ コレクション」はマリオット社による独自性や個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクションで日本のホテルとしては2軒目、アジア太平洋地域では9軒目のホテルとなります。日本の1軒目は「ザ・プリンス さくらタワー東京」です。



ウォーターズ竹芝

 高層棟の隣には劇場棟と駐車場棟の建物の形が見えてきました。建設地は劇団四季のアートセンター四季劇場[春]・[秋]があった場所で再び四季劇場[春]・[秋]として復活します。



ウォーターズ竹芝

 地上から見た劇場棟です。ゆりかもめの高架のすぐ隣です。劇場棟の1〜3階は商業施設となり劇場は2〜6階部分となります。左奥が10階建ての駐車場棟です。



ウォーターズ竹芝

 近くから見上げた高層棟です。



メズム東京、オートグラフ コレクション

 「メズム東京、オートグラフ コレクション」にズームです。ところで名称の「、」は正式名称の一部なんですかね?「、」が名称に入っている建物は軽く考えてみても他に思い当たりません。2020年4月の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 竹芝駅側から撮影。



ウォーターズ竹芝

 このように両側に超高層ビルが建っているので、ホテルとしては旧浜離宮恩賜庭園側がメインとなりそうです。



ウォーターズ竹芝
イメージパース[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
断面図(フロア構成)[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
配置図[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

劇団四季の劇場も建設中!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.4.28)

ウォーターズ竹芝

 竹芝ウォーターフロント開発計画「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。建築主はJR東日本とういことで低層部の1階〜4階はアトレが運営する商業施設となります。中層部の5階〜14階はオフィス、そして高層部の16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。

 アトレも日本ホテルもJR東日本のグループ会社であり、日本ホテルは「ホテルメトロポリタン」シリーズや「ホテルメッツ」シリーズ等を運営しています。



ウォーターズ竹芝

 建設地はゆりかめもの高架と旧浜離宮恩賜庭園に挟まれた横長の敷地で、陸側となる西側では劇場棟の建設が始まっています。この場所は劇団四季のアートセンター四季劇場[春]・[秋]があった場所で再び四季劇場[春]・[秋]として復活します。高層棟と駐車場棟は鬼として2020年4月に開業しますが、劇場棟は挟として2020年内の開業となります。



ウォーターズ竹芝

 最寄り駅はゆりかもめ「竹芝」駅でJRの最寄り駅は「浜松町」駅となります。「浜松町」駅から徒歩圏とは言えそこそこ歩かないと辿り着かない場所で、どうアトレに集客して行くのか注目されるところです。



ウォーターズ竹芝

 最寄り駅のゆりかもめ「竹芝」駅前から見た「ウォーターズ竹芝」です。



ウォーターズ竹芝

 日の出方面から撮影。



ウォーターズ竹芝

 「世界貿易センタービル」の展望台から撮影。都心側は超高層ビルやタワーマンションが建ち並んでいるため開けた視界は期待できません。



ウォーターズ竹芝

 これは晴海客船ターミナルから撮影(この写真のみ4月13日撮影)した海側から見た「ウォーターズ竹芝」です。このように目の前に2棟のビルがあるため海側もあまり開けた視界は期待できません。



ウォーターズ竹芝

 これは東京スカイツリーの天望回廊から見た「ウォーターズ竹芝」です。目の前の森は旧浜離宮恩賜庭園のためこちら側は開けた視界となっています。ここのホテルに宿泊する機会があるならばこの旧浜離宮恩賜庭園側が最高でしょうね。どんな景色が広がっているのか見てみたいです。ビルの足元には広場・テラスが整備されるため地上から旧浜離宮恩賜庭園方面は誰でも見ることが出来るようになります。



ウォーターズ竹芝
イメージパース[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
断面図(フロア構成)[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
配置図[出展:JR東日本]


■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク