超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

(仮称)熱海駅前計画

ザ・クレストタワー熱海の建設状況(2016.11.12)

ザ・クレストタワー熱海
 熱海サンビーチからの眺めです。中央の丘に建っているタワーマンションが熱海駅から徒歩2分の「ザ・クレストタワー熱海」(地上29階、高さ97.39m)です。

ザ・クレストタワー熱海
 少しズームです。左の黄色とオレンジ色のマンションは「ゼファー熱海ビーチタワー」(地上19階、高さ59.95m)です。

ザ・クレストタワー熱海
 近くから撮影した「ザ・クレストタワー熱海」です。熱海のリゾートマンションらしく共用施設として温泉大浴場、露天風呂、家族風呂が設置されます。また、屋上にはスカイデッキも設置されます。海抜80mの高台なので実際の高さ以上の眺望となりそうです。もちろんゲストルームやパーティールームも用意されています。

ザ・クレストタワー熱海
 横から撮影。ここは現在分譲中のマンションですが、年明けの1月には29階南向き角部屋、2LDK+S+3WIC+2N+SIC+P(LDKは83.7畳)、専有面積277.57屐▲丱襯灰法写明35.5屐合計313.07屬料竿稜篏燦傭罅嶌脳綉藹燦諭廚諒譲が開始されます。5億円以上という話しです。

ザ・クレストタワー熱海
 海とは反対の陸側から撮影。L字型のタワーマンションとなっています。

ザ・クレストタワー熱海
 低層部です。マンション本体はほぼ完成といった感じでしょうか。竣工予定は2017年2月下旬です。

ザ・クレストタワー熱海
 これから一気にマンション周りの整備が進みそうです。

ザ・クレストタワー熱海 建築計画のお知らせ
 「ザ・クレストタワー熱海」の建築計画のお知らせです。事業着手予定年月日が2007年1月15日で、事業完成予定年月日が2017年3月31日と約10年の期間となっています。これは当初はジョイント・コーポレーションが「アデニウム熱海グランドタワー」として着工していたのですが、2009年5月に会社更生法の適用を申請して工事がストップ。その後、ゴールドクレストが事業を引き継いでマンション建設が再開したためこのような10年の工期となっています。今は高さ制限が適用されるため、このようなタワーマンションの建設は出来ません。

■ザ・クレストタワー熱海の物件概要■
名称:ザ・クレストタワー熱海
計画名:(仮称)熱海駅前計画
所在地:静岡県熱海市春日町112-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗等
総戸数:335戸(非分譲住戸・防災センター・店舗・浴場・コミュニティルーム・パーティールーム・ライブラリー・ゴルフスタジオ・ヒーリングルーム・シガールーム・ランドリールーム・パントリー各1戸、ゲストスイート・カラオケルーム各2戸含む)
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階(見た目は地上30階、塔屋1階)
高さ:97.39m
敷地面積:10,020.86m2
建築面積:4,454.09
延床面積:39,603.82
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) ※ 免震構造
事業者・売主:ゴールドクレスト
設計者:五洋建設
施行者;五洋建設
工期:2007年1月15日着工〜2017年2月下旬竣工予定
入居:2017年4月中旬予定

上棟した「ザ・クレストタワー熱海」の建設状況(2016.7.2)

ザ・クレストタワー熱海
 熱海駅から徒歩2分の「ザ・クレストタワー熱海」(地上29階、高さ97.39m)です。既に最上階まで達しており外観もかなり完成形に近づいていました。登記上は地上29階、地下2階となりますが見た目は地上30階、塔屋1階です。

ザ・クレストタワー熱海
 名前からわかる通りゴールドクレストによる分譲マンションで総戸数は335戸、温泉地熱海のリゾートマンションのため共用施設として温泉大浴場、露天風呂、家族風呂が設置されます。

ザ・クレストタワー熱海
 他にも熱海の花火大会を一望できるパーティルームや屋上スカイデッキ、2つのゲストルームやバーベキューガーデン、ライブラリー、カラオケルーム、卓球コーナー、ゴルフシミュレーター、ヒーリングルームといった多彩な共用施設が設置されます。

ザ・クレストタワー熱海
 近くから撮影。

ザ・クレストタワー熱海
 少し移動してもう1枚。公式HPを見ると7/3に登録受付は終わったようですが直近では第2期第5次で9戸が販売がされていたようです。価格は4198万円〜2億4800万円(63.49屐124.35屐砲任靴拭E豕からもすぐに行ける温泉地の駅前タワー、そして現在の熱海では高さ制限が適用されるのでタワーマンションは建設不可。それを考えるとこの価格も納得ですかね。

 ちなみになぜ高さ制限があるのに「ザ・クレストタワー熱海」が建設できるかと言うと、ここは2007年にジョイント・コーポレーションによって高さ制限適用前に「アデニウム熱海グランドタワー」として着工していました。ところが2009年5月に会社更生法の適用を申請して建設工事がストップ。その後、ゴールドクレストが事業を引き継いだためタワーマンションを建設することができました。そのため2007年1月15日着工〜2017年2月下旬竣工予定という工期が10年の物件となっています。

ザ・クレストタワー熱海
 低層部です。竣工予定は年明けの2月下旬予定ですがマンション本体の見た目はもうすぐ完成しそうな感じでした。

熱海
 最後は一気に場所を変えて熱海サンビーチに行く歩道橋からの眺めです。「ザ・クレストタワー熱海」は写真左上で建設地は海抜80mの高さとなります。

ザ・クレストタワー熱海
 「ザ・クレストタワー熱海」にズームです。上半分くらいが見えています。

■ザ・クレストタワー熱海の物件概要■
名称:ザ・クレストタワー熱海
計画名:(仮称)熱海駅前計画
所在地:静岡県熱海市春日町112-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗等
総戸数:335戸(非分譲住戸・防災センター・店舗・浴場・コミュニティルーム・パーティールーム・ライブラリー・ゴルフスタジオ・ヒーリングルーム・シガールーム・ランドリールーム・パントリー各1戸、ゲストスイート・カラオケルーム各2戸含む)
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階(見た目は地上30階、塔屋1階)
高さ:97.39m
敷地面積:10,020.86m2
建築面積:4,454.09
延床面積:39,603.82
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) ※ 免震構造
事業者・売主:ゴールドクレスト
設計者:五洋建設
施行者;五洋建設
工期:2007年1月15日着工〜2017年2月下旬竣工予定
入居:2017年4月中旬予定

ザ・クレストタワー熱海の建設状況(2016.2.11)

ザ・クレストタワー熱海
 熱海駅から徒歩2分の位置で建設中のタワーマンション「ザ・クレストタワー熱海」(地上29階、高さ97.39m)です。ゴールドクレストによる総戸数335戸の分譲マンションで、熱海のリゾートマンションらしく共用施設として温泉大浴場、露天風呂、家族風呂が設置されます。

ザ・クレストタワー熱海
 低層部です。

ザ・クレストタワー熱海
 横から撮影。現地作業予定によると24階部分の建設中です。

ザ・クレストタワー熱海
 熱海駅側から見た「ザ・クレストタワー熱海」です。このようにL字型の配置となっています。

ザ・クレストタワー熱海
 新幹線の熱海駅のホームから見た「ザ・クレストタワー熱海」です。

熱海
 熱海駅は坂の上にありますが、その坂を下った熱海サンビーチ前からの眺めです。左上に見えるのが「ザ・クレストタワー熱海」です。建設地は海抜80mあり、そこに建つタワーマンションなので眺望はかなり良さそうな場所です。

ザ・クレストタワー熱海

ザ・クレストタワー熱海 事前事業計画表示板
 事前事業計画表示板です。事業着手予定が平成19年1月15日、事業完成予定が平成29年3月31日と工期が約10年となっています。これは当初はジョイント・コーポレーションが「アデニウム熱海グランドタワー」として着工したのですが、2009年5月に会社更生法の適用を申請して建設工事がストップ。そのまま建設工事が中断したままとなっていたのが、2014年にゴールドクレストが事業主となって工事が再開したため、工期が10年近くとなっています。ちなみに熱海には高さ31m以下の制限がありますが、その制限の適用前に着工しているためその制限の適用除外となっています。

■ザ・クレストタワー熱海の物件概要■
名称:ザ・クレストタワー熱海
計画名:(仮称)熱海駅前計画
所在地:静岡県熱海市春日町112-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗等
総戸数:335戸(非分譲住戸・防災センター・店舗・浴場・コミュニティルーム・パーティールーム・ライブラリー・ゴルフスタジオ・ヒーリングルーム・シガールーム・ランドリールーム・パントリー各1戸、ゲストスイート・カラオケルーム各2戸含む)
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階(見た目は地上30階、塔屋1階)
高さ:97.39m
敷地面積:10,020.86m2
建築面積:4,454.09
延床面積:39,603.82
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) ※ 免震構造
事業者・売主:ゴールドクレスト
設計者:五洋建設
施行者;五洋建設
工期:2007年1月15日着工〜2017年2月下旬竣工予定
入居:2017年4月中旬予定

ザ・クレストタワー熱海の建設状況(2015年7月11日)

ザ・クレストタワー熱海
 熱海駅近くで建設中のタワーマンション「ザ・クレストタワー熱海」(地上29階、高さ97.39m)です。ゴールドクレストによる総戸数329戸の分譲マンションで、今年の8月上旬から販売開始予定となっています。住戸専有面積は62.62屐264.18屐1LDK+WIC+SIC〜3LDK+WIC+SIC+N)でかなり広めの設定となっています。

 共用施設として天然温泉の大浴場や、花火大会を見ることが出来るスカイデッキなども設置されます。リゾート地のタワーマンションと言えば新潟の湯沢あたりが有名ですが、東京から気軽に行ける場所ではありません。ここは東京駅から新幹線で39分で、そして駅から徒歩2分という立地のため東京から気軽に行ける場所です。

ザ・クレストタワー熱海
 「ザ・クレストタワー熱海」は2007年1月からジョイント・コーポレーションによって「アデニウム熱海グランドタワー」として事業着手していた物件です。それが2009年5月に会社更生法の適用を申請して建設工事がストップし、長年建設途中のまま動きがなかったのですが、昨年になってゴールドクレストによって再び工事が再開し、現在はタワークレーンも設置されどんどん高くなっていっています。熱海は高さ31m以下の制限がありますが、その制限の適用前に着工しているため制限の適用除外となっています。

ザ・クレストタワー熱海
 熱海駅側から見た「ザ・クレストタワー熱海」です。このように傾斜地に建っているためどこが1階になるのかわかりにくいですが、作業予定では8階部分の建設中となっていました。その8階という情報から考えるとこの道路に面している部分が地下2階〜地上1階部分かと思います。

熱海
 熱海サンビーチ前から撮影した熱海です。手前の大きなマンションは「ゼファー熱海ビーチタワー」(地上19階、高さ59.95m)で、その右側の丘の上に見えるタワークレーンが「ザ・クレストタワー熱海」です。

ザ・クレストタワー熱海
 「ザ・クレストタワー熱海」にズームです。熱海駅もこことほぼ同じ高さの位置にあります。短時間で駅から海岸まで往復したら汗だくとなりました。この建設地の海抜が80mと知って納得です。

ザ・クレストタワー熱海 建築計画のお知らせ
 事前事業計画表示板です。

■ザ・クレストタワー熱海の物件概要■
名称:ザ・クレストタワー熱海
計画名:(仮称)熱海駅前計画
所在地:静岡県熱海市春日町112-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗等
総戸数:329戸(店舗、集会室、防災センター含む)
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階(見た目は地上30階、塔屋1階)
高さ:97.39m
敷地面積:10,020.86m2
建築面積:4,480.07
延床面積:38,885.00
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) ※ 免震構造
事業者:ゴールドクレスト
設計者:五洋建設
施行者;五洋建設
工期:2007年1月15日着工〜2017年2月下旬竣工予定
入居:2017年4月下旬予定

熱海で建設中止になっていたジョイント・コーポレーションのタワーマンションがゴールドクレストで工事再開!

(仮称)熱海駅前計画 - 旧アデニウム熱海グランドタワー
 熱海駅近くでジョイント・コーポレーションによって建設中だった「アデニウム熱海グランドタワー」(地上30階、高さ99.8m)です。建設途中の2009年5月にジョイント・コーポレーションが会社更生法の適用を申請して倒産し、建設工事が長年ストップしていました。

 ジョイント・コーポレーションは2013年3月に会社更生手続終結したようですが、「アデニウム熱海グランドタワー」はゴールドクレストによって「(仮称)熱海駅前計画」(地上29階、高さ97.39m)としてとして建設工事が再開することになりました。

 建設地は高さ31m以下の制限されている地区ですが、その制限が出来る前に建設が始まった建物のため、既存建築物の建て替えにあたるとして高さ制限の適用除外が認められています。

(仮称)熱海駅前計画 事前事業計画
 現地に設置されている「(仮称)熱海駅前計画」の事前事業計画表示板(変更)です。事業着手予定年月日が平成19年1月15日、事業完成予定年月日が平成29年3月31日です。途中ストップしていたので工期は約10年です。

 総戸数は326戸で分譲マンションになると思いますが、事業者がゴールドクレストなので年数をかけてゆっくり販売されると思います。場所は熱海駅のすぐ近くで熱海駅との間に「第一ビルアタミックス名店街」があるくらいです。熱海は傾斜地なので坂を上ったり下りたりしないとマンションに辿り着かないことが多いですが、ここは熱海駅前なのでそんなことは気にしないで済む一等地です。

(仮称)熱海駅前計画
 敷地南側から見た「(仮称)熱海駅前計画」です。

(仮称)熱海駅前計画
 敷地南東側から中を見ることが出来ました。重機が敷地に入り作業員もいたので工事は既に再開しているようです。

(仮称)熱海駅前計画
 この辺りは下図によるとロータリーや平置きの駐車場となるようです。マンション本体はこの鉄板が敷かれている場所の先になります。

(仮称)熱海駅前計画の土地利用計画図
 「(仮称)熱海駅前計画」の土地利用計画図です。図の右側に熱海駅があります。

 この図を見た感じからするとメインの駐車場はマンション低層部で、平置きの駐車場は一時利用用ですかね?熱海という場所的に定住者もいれば別荘として買う人、会社の福利厚生施設として買う企業など、色々なパターンがありそうなので、一時利用する人もたくさんいそうなイメージがあります。

(仮称)熱海駅前計画
 上の土地利用計画図で山車小屋と書かれた場所です。お祭り用ですかね?

熱海
 熱海の海岸前にある歩道橋から見上げた熱海です。この左端からさらに左くらいに「(仮称)熱海駅前計画」が建設されます。

 また、写真中央の崖で何か工事をしていたような場所が見えると思いますが、ここも建設工事がストップしている場所で「熱海Jプロジェクト21」(地上42階、高さ167.16m)です。今は高さ制限されている地区なので新規で超高層は建設出来ませんが、ここも建て替えとして認められれば超高層がまだ建設出来そうです。「熱海Jプロジェクト21」が完全消滅すれば建設が再開した「(仮称)熱海駅前計画」が熱海駅周辺で最後の超高層となるかもしれません。

■(仮称)熱海駅前計画の物件概要■
計画名:(仮称)熱海駅前計画
所在地:静岡県熱海市春日町112-1他
用途:共同住宅・店舗等
総戸数:326戸
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階
高さ:97.39m
敷地面積:10,020.86m2
建築面積:4,627.26
延床面積:39,826.73
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
事業者:ゴールドクレスト
設計者:五洋建設
工期:2007年1月15日着工〜2017年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク