宮益坂ビルディング
 渋谷駅近くの「宮益坂ビルディング」(地上11階、1953年5月竣工)です。日本最古の分譲マンションですが、築63年となり建替されることとなりました。建て替え後は地上15階、最高高さ62.35mの共同住宅となります。

宮益坂ビルディング
 ただ、マンション単体でこの高さはないと思いますので、解体前の「宮益坂ビルディング」のように低層部は店舗フロアになるものと思っています。ただ、建築計画のお知らせの用途は「共同住宅」しか記載はりません。

宮益坂ビルディング
 場所は渋谷ヒカリエのすぐ裏で、渋谷駅からは徒歩2分という好立地です。

宮益坂ビルディング
 渋谷ヒカリエに展示されている渋谷駅周辺の再開発後の模型です。「宮益坂ビルディング」に赤色を付けてみました。本当に駅近くの立地です。どんなマンションになるんでしょうね?

宮益坂ビルディング 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。発注者はマンション建替事業を行う旭化成不動産レジデンスです。解体工期は3月1日から7月31日なので計画通りだと今日から解体工事が始まっています。

(仮称)宮益坂ビルディング建替計画 建築計画のお知らせ
 解体後の跡地の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが、解体業者が戸田建設となっていたので、施工者はそのまま戸田建設になるかと思います。

■(仮称)宮益坂ビルディング建替計画の物件概要■
計画名:(仮称)宮益坂ビルディング建替計画
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目19番4
用途:共同住宅
階数:地上15階、地下1階
高さ:58.15m(最高高さ62.35m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭工法
敷地面積:1,317.34
建築面積:1,187.90
延床面積:14,993.54
建築主:旭化成レジデンス、宮益坂ビルディングマンション建替組合
設計者:日建ハウジングシステム
施工者:未定
工期:2017年月6日着工〜2020年5月30日竣工予定