超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

黎明スカイレジテル

まずは臨港消防署月島出張所の仮設庁舎整備から!「勝どき東地区」の現在状況(2017.7.2)

臨港消防署月島出張所 仮設庁舎整備業務 建築計画のお知らせ
 6月30日の当ブログで「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手と第一報を載せましたが、実際、現地どうなっているのか現地確認に行ってみたところ「勝どき東地区第一種市街地再開発事業に係る臨港消防署月島出張所 仮設庁舎整備業務」の建築計画のお知らせが掲示されていました。

 同再開発の敷地内に「臨港消防署月島出張所」がありA3地区に新たに消防署が建設されますが、それまでの間に使用する仮設の消防署をまず最初に建設ということのようでした。

 建築主は勝どき東地区市街地再開発組合、規模は地上3階、高さ11.902m、延べ803.60屬巴綛は2017年9月11日、竣工は2018年1月15日です。この仮設消防署に移転すると同再開発の解体工事が本格的に始まるかと思います。

臨港消防署月島出張所仮庁舎敷地解体業務 解体工事のお知らせ
 建設地には解体工事のお知らせも出ていました。名称は「勝どき東地区第一種市街地再開発事業に係る臨港消防署月島出張所仮庁舎敷地解体業務 解体工事のお知らせ」で、2017年7月31日から9月11日までの工期で大和リースによって解体が行われます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 仮設の消防署の建設地このコインパーキングあった場所です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 隣の倉庫のような建物の左側が敷地かと思います。
 建築計画のお知らせと解体工事のお知らせに気を取られて現地の写真をまともに撮っていませんでした…。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 コインパーキングは既に閉鎖されて撤去されています。
 また、後ろのマンションは「黎明スカイレジテル」でB地区の建設地となります。

臨港消防署月島出張所
 現在の「臨港消防署月島出張所」です。この消防署が上の敷地に仮移転しますが、再開発後は同じ場所に戻ってきます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 昨年10月に空撮した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。「臨港消防署月島出張所」は計画地の中央あたり、仮移転場所は左の「黎明スカイレジテル」の右側です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:日刊建設工業新聞]

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の概要を載せておくと以下の通りとなります。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245
 住宅(約1590戸)、公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410
 住宅(約1070戸)、事務所、商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350
 住宅(約460戸)、商業、公共公益施設

 参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しており、設計や施工などを担う特定業務代行者は清水建設と鹿島建設に決定しています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 ここからは現在の同再開発地区内の様子を載せておきます。ここはA1地区です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A1地区です。右の倉庫のさらに右側に朝潮運河があります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A地区から見たA2地区、B地区方面です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区の端から見たA1地区方面です。この左側が仮設の消防署の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A2地区で一番「勝どき駅」に近い場所です。この辺りに勝どき駅に繋がる地下通路の出入口が建設されます。

 このような感じで仮設の消防署が建設される場所以外はこれから再開発があるような雰囲気はありませんが、消防署移転後かその直前くらいから一気に解体工事などが始まるかと思います。

高さ約195m「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:日刊建設工業新聞]

 本日の日刊建設工業新聞に「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手すると掲載されました。全体の工事完了予定は10年後の2027年7月31日です。建築主は勝どき東地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しています。また設計や施工などを担う特定業務代行者は清水建設と鹿島建設に決定しています。

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」では4つの地区に分けて4棟の建物が計画されており、各地区の規模は以下の通りとなっています。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245屐⊇斬(約1590戸)・公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410屐⊇斬(約1070戸)・事務所・商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350屐⊇斬(約460戸)・商業・公共公益施設

 明日から工事着手というのは解体工事が始まるということですかね。最近、現地まで見に行ってなかったので近いうちに現地に行ってみようと思います。

▼日刊建設工業新聞:2017年6月30日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/都に着工届け提出、7月1日工事着手/組合


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 同再開発ではA2地区に勝どき駅に繋がる地下通路の出入口が設置される予定です。また、朝潮運河には晴海に繋がる人道橋も建設される予定となっています。勝どき東地区ぶ住む人にはあまり恩恵はないと思われる人道橋ですが「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)などに住む人にとっては勝どき駅がグッと近くなります。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 昨年10月の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。多少間違っているかもしれませんが計画地を赤く色を付けました。朝潮運河の両岸に巨大なタワーマンションが建ち並ぶこととなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上58階、地下1階、高さ約195mとなるA1地区方面です。現在の計画では左の「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)よりも少しだけ高くなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上45階、地下1階、高さ約165mとなるA2地区方面です。こちらの低層部にはオフィスフロアが入ります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上29階、地下1階、高さ約106mとなるB地区方面です。現在は「黎明スカイレジテル」が建っています。A地区を建設後にB地区の建設が始まる予定となっています。

勝どき方面の空撮
 最後に勝どき方面の空撮です。左のトライスター型のタワーマンション「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)の竣工によって、この周辺での新規タワマン建設は一旦区切りが付いたところですが、これから「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設が始まります。

 周辺地区では他にもタワーマンションが計画されおり、写真左下ではツインタワーマンションとなる「豊海地区第一種市街地再開発事業」(地上56階、最高高さ189m)が計画されています。また、写真右下の方に位置する選手村には東京五輪後に50階建てツインタワーマンションが建設されます。月島駅近くでは「月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ122.15m)が建設中で、晴海の端では「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)も建設中です。月島では他にもタワーマンション計画もありこの辺りのタワーマンション群はまだまだ広がります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の特定業務代行者が清水建設と鹿島建設に決定!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 勝どき東地区ではこのような大規模なタワーマンションが計画されていますが、「勝どき東地区市街地再開発組合」が特定業務代行者として清水建設と鹿島建設に決定したと各建設系新聞で報道されました。参加組合員は三井不動産レジデンシャル、事業コンサルタントと基本設計は現代建築研究所、日本設計で、今後のスケジュールは調整中とのことです。また、計画規模は以下の通りです。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245屐⊇斬(約1590戸)・公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410屐⊇斬(約1070戸)・事務所・商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350屐⊇斬(約460戸)・商業・公共公益施設

▼建設通信新聞:2017年2月2日
清水・鹿島JVに決定/4棟構成延べ約37万/勝どき東地区再開発組合

▼日刊建設工業新聞:2017年2月2日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行に清水建設と鹿島/組合


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 配置図にも描かれていますが、計画では勝どき駅と繋がる約140mの地下通路と、朝潮運河を超えて晴海へ繋がる人道橋が建設される予定となっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 2016年10月15日の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。朝潮運河の勝どき側が建設地で、現在は月島倉庫などがあります。左の白いマンション「黎明スカイレジテル」も建設地でそこがB地区となります。これからどういったスケジュールになるかはわかりませんが、以前のスケジュールだとA地区が終わってからB地区の計画でした。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 少し広角で撮影。どんどんタワーマンション密度が高くなっています。

勝どき方面の空撮
 さらに広角で撮影。左の月島側でも色々とタワーマンション計画があります。

勝どき・晴海方面の方面
 写真右側の豊海ではツインタワーとなる「豊海地区第一種市街地再開発事業」(地上56階、最高高さ189m)が計画されています。

勝どき方面の空撮
 巨大なツインタワーは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)ですが、A1棟はこれと同程度の高さのタワーマンションとなります。

勝どき・晴海方面の空撮
 朝潮運河の両岸は巨大なタワーマンションが建ち並ぶこととなります。

勝どき・晴海・月島方面の空撮
 広角で見ると東京スカイツリーまで見えます。なかなかのタワーマンション群ですがまだまだ増えます。

総数3000戸超えの「勝どき東地区再開発」で特定業務代行者募集!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
勝どき東地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 本日の建設通信新聞、日刊建設工業新聞に「勝どき東地区市街地再開発準備組合」が「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者を公募すると掲載されました。募集要項は11月12日まで都市みらい推進機構から配布されます。応募資格は経営事項審査の建築一式の総合評点が1800以上かつ、土木一式の総合評点が1600点以上、過去10年間に都内で延べ床面積10万岼幣紂高さ150m以上の建築物を施工した実績などとなっています。

 計画では住宅と公共公益施設からなるA1棟(地上56階、地下2階、延べ約17万9000屐高さ約195m)、住宅・事務所・商業・公共公益施設かなるA2棟(地上44階、地下2階、延べ13万1000屐高さ約165m)、消防署となるA3棟(地上3階、延べ約1200屐法⊇斬陝商業施設からなるB棟(地上29階、地下2階、延べ約5万1000屐高さ約106m)を建設することとなっています。住戸の総数は約3120戸となります。他にも勝どき駅と繋がる延長約140mの地下通路、晴海へ繋がる人道橋が朝潮運河に建設される予定となっています。

 事業協力者として三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設が参画、事業コンサルタントは日本設計、基本設計は現代建築研究所・日本設計JVとなっています。総事業費は約1655億円で2017年9月の本体着工、2027年3月の全体竣工を目指しています。

▼建設通信新聞:2015年10月30日
特定業務代行者を公募/11月12日まで要項配布/勝どき東再開発準備組合

▼日刊建設工業新聞:2015年10月30日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行者募集/準備組合

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「ドゥ・トゥール」側から見た朝潮運河です。月島倉庫などがある一帯が「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。「THE TOKYO TOWERS」側にA1棟(地上56階、高さ約195m)、そして右側の黒い倉庫のような建物があるあたりにA2棟(地上44階、高さ約165m)が建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 A1棟の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。今はまだ倉庫街となっています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 この道路の両側がA1棟の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 先程の道路を進んだところからの景色です。このあたりにA2棟が建設されます。運河側しか写していませんが、道路の右側の方もA2棟の敷地となります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「黎明スカイレジテル」です。ここがB棟(地上29階、高さ約106m)となります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 B棟はA地区の完成後に着工予定となっているので、ここはまだまだ再開発は行われません。

 下記物件概要ですが、住戸の総数は足すと約3020戸となります。今回の記事では総数は約3120戸となっているので、どこかの戸数が増えていると思われます。

■勝どき東地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区勝どき4丁目5、6、13、14(A地区)、2丁目18(B地区)

[A1棟]
用途:住宅・公共公益施設
階数:地上56階、地下2階
高さ:約195m
総戸数:約1660戸
延床面積:約17万9000

[A2棟]
用途:住宅・事務所・商業・公共公益施設
階数:地上44階、地下2階
高さ:約165m
総戸数:約860戸
延床面積:約13万1000

[A3棟]
用途:消防署
階数:地上3階
延床面積:約1200

[B棟]
用途:住宅・商業施設
階数:地上29階、地下2階
高さ:約106m
総戸数:約500戸
延床面積:約5万1000

[共通]
事業協力者:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設
事業コンサルタント:日本設計
基本設計:現代建築研究所・日本設計JV

[スケジュール]
2015年11月:組合設立認可
2016年12月:権利変換計画の認可
2017年9月:本体着工
2027年3月:全体竣工

地上56階、高さ195mの「勝どき東地区」は2015年度に着工へ!

勝どき東地区とドゥ・トゥールの空撮
 7月22日から8月5日までの日程で「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書の縦覧が開始されましたが、建設通信新聞にその詳細が載りました。

 場所は勝どき駅近くの朝潮運河、新月島川沿いで「月島倉庫」や「黎明スカイレジテル」などが建っている一帯です。「快適な住環境を有する都市型住宅の供給」「業務・商業・生活支援施設等の高度複合化施設の形成」「水と緑が豊かにネットワークされた複合市街地の形成」を基本構想としています。

 A地区のA1棟は公共公益施設も入るタワーマンションで地上56階、最高高さ約195m、延床面積約17万9000屐∩躙与約1660戸、A2棟は事務所、商業施設、公共公益施設も入るタワーマンションで地上44階、最高高さ約165m、延床面積約13万1000屐∩躙与約860戸となります。また名称は入れていませんが消防署となるA3棟も建設されます。そしてB棟は商業施設も入るタワーマンションで地上29階、最高高さ約106m、延床面積約5万1000屐∩躙与約500戸となります。

 A地区は2015年度着工予定で、66ヶ月(5年半)で完成予定となっています。その後、B棟の着工予定で全体が完成するのは2025年度の予定となっています。

 事業協力者として三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設が参画しており、設計などのコンサルタント業務は日本設計が担当しています。

▼建設通信新聞:2014年7月24日
A地区は15年度着工/勝どき東地区、4棟36万/再開発準備組合

勝どき東地区とTHE TOKYO TOWERSの空撮
 「勝どき東地区」と「THE TOKYO TOWERS」の空撮です。「THE TOKYO TOWERS」は地上58階、高さ193.5mで2棟で2794戸という日本最大の戸数を誇るタワーマンションです。新月島川を挟んだその隣にA地区、B地区合わせて約3020戸というTTTを超える戸数を持つ超巨大なタワーマンションが建設されることになります。

 この空撮写真には写っていませんが写真左下では巨大なトライスター型のタワーマンションの「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ179m、総戸数1420戸)が建設中です。また、1枚目の空撮写真には名称を入れていますが、朝潮運河を渡ったところでは住友不動産のツインタワーのタワーマンション「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m、2棟で1450戸)が建設中です。他にも前田建設工業によるタワーマンション「(仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区」(地上33階、最高高さ115.21m)も建設中です。他にも周辺ではタワーマンションの計画があったりとこの辺りは凄いことになっています。

勝どき東地区とドゥ・トゥール
 数日前に撮影した朝潮運河です。右側で建設中のタワーマンションが「ドゥ・トゥール」です。そして左の「月島倉庫」の文字が見える場所が「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」です。朝潮運河沿いには巨大なタワーマンションの壁が出来ることになります。

勝どき東地区の完成予想図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 完成予想図を見ると外観は独特の形状をしています。右側のA1棟は上から見るとトライスター型のようなY字型となっています。また中央のA2棟は事務所も入るということなので、低層の形状が違う部分がオフィスフロアだと思われます。

 この図にも描かれていますが、B棟とA2棟の間には朝潮運河を渡って広域避難場所となる晴海へ行ける人道橋が架けられます。また、その人道橋から真っ直ぐ勝どき側に行ったところには勝どき駅への地下連絡通路と出入り口が新設されます。これは「勝どき東地区」に住む人はもちろん、「ドゥ・トゥール」の住民にとっても便利な出入口となります。

■勝どき東地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区勝どき4丁目5、6、13、14(A地区)、2丁目18(B地区)

[A1棟]
用途:住宅・公共公益施設
階数:地上56階、地下2階
高さ:高さ約195m
総戸数:約1660戸
延床面積:約17万9000

[A2棟]
用途:住宅・事務所・商業・公共公益施設
階数:地上44階、地下2階
高さ:高さ約165m
総戸数:約860戸
延床面積:約13万1000

[A3棟]
用途:消防署
階数:地上3階
延床面積:約1200

[B棟]
用途:住宅・商業施設
階数:地上29階、地下2階
高さ:高さ約106m
総戸数:約500戸
延床面積:約5万1000

事業協力者:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、清水建設
設計者:日本設計
工期:A地区は2015年度着工、66ヶ月(5年半)で完成
   B地区はAは地区の完成後に着工、2025年度に全体完成予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。