超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

赤坂

解体される地上20階「国際赤坂ビル」の解体工事準備状況(2019.3.16)

国際赤坂ビル
 数年前の撮影ですが赤坂、永田町方面の空撮です。この中で左下の赤色の網掛けをしているビルが「国際赤坂ビル」(地上20階、高さ76.4m)で解体の準備が始まりました。

国際赤坂ビル
 昨日撮影した「国際赤坂ビル」です。解体工事の発注者は積水ハウス、解体工事の施工者は大成建設で解体工期は2019年2月1日〜2020年5月15日までとなっています。

国際赤坂ビル
 場所は「溜池山王」駅のすぐ上で敷地内に駅への出入口があります。また、少し地下通路を歩くことになりますが「国会議事堂前」駅にも繋がっています。

国際赤坂ビル
 この写真右端の部分が仮囲い設置の真っ最中でした。

国際赤坂ビル
 建設通信新聞の記事によると、日生が持ち分の50%を取得しており積水ハウスと日生の両社で建替え事業の具体化に取り組むとのことでまだ詳細は決定していないようです。

 右後ろに見えているのが道路を渡ったところに建つ「山王パークタワー」(地上44階、最高高さ194.45m)で、ここまでの規模は敷地的に無理だと思いますが駅直結の好立地のため超高層ビルに建て替えとなるかと思います。

国際赤坂ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。ところでこのように地上20階となっていますが目視では18階までしかありません。たぶん塔屋が2階ありそれを含めた数値かと思います。

地上24階「フレイザースイート赤坂東京」の建設状況(2018.12.30)

フレイザースイート赤坂東京
完成予想図[出典:Japan Today]

 赤坂の高台に建設される高級サービスアパートメント「フレイザースイート赤坂東京」(地上24階、最高高さ87.70m)の完成予想図です。日本初進出となる「フレイザースイート」ブランドで運営はフレイザーズ社が担当しますが事業主は積水ハウスとなっています。

フレイザースイート赤坂東京
 年末に撮影した建設中の「フレイザースイート赤坂東京」です。TBSのところの坂を登ったところが建設地です。

フレイザースイート赤坂東京
 正直、高級感があまりないような気がしますが、派手な建物より落ち着いた雰囲気の方が好きな人向けですかね。

フレイザースイート赤坂東京
 右後ろに見えているタワーマンションは「パークコート赤坂 ザ タワー」(地上43階、高さ157.25m)です。そこと同じ通り沿いが建設地です。

フレイザースイート赤坂東京
 赤坂駅側から撮影。駅との間には結構な坂がありますがここは高台になるので眺めは良さそうです。

フレイザースイート赤坂東京 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:フレイザースイート赤坂東京
仮称:(仮称)赤坂5丁目プロジェクト
所在地:東京都港区赤坂5丁目215番2,他8筆
用途:ホテル(サービスアパートメント)
階数:地上24階、塔屋1階
高さ:84.50m(最高高さ87.70m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,423.79
建築面積:883.18
延床面積:14,750.38
建築主:積水ハウス
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2019年12月31日竣工予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から釜山の海雲台のタワーマンション群です。釜山の海雲台は激推しです。

高さ約210m『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』が国家戦略特区認定!

(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
建物外観イメージ[出典:森トラスト]

 2018年6月15に森トラストより赤坂ツインタワー跡地にて計画している『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』が東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として、内閣総理大臣による認定を受けたとプレスリリースが出ました。

 『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』は溜池山王駅近くの赤坂ツインタワー跡地を中心とした約5,000坪(約15,700)の再開発で、地上43階、最高高さ約210m、延床面積約220,000屬竜模となります。2019年度着工、2024年度竣工予定となっています。

 用途は事務所、ホテル・サービスアパートメント、店舗、展示施設、診療所等となっています。フロア構成は不明ですが高層部がホテル・サービスアパートメントになるものと思われ、ホテルは国際級ホテルを誘致することとなっています。

▼森トラスト:プレスリリース(2018年6月15日)
『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』
国家戦略特別区域計画 認定
国際水準の滞在機能を中心とする観光支援施設や歴史文化発信施設を整備



(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
エントランス広場イメージ[出典:森トラスト]


歴史・文化発信施設イメージ
歴史・文化発信施設イメージ[出典:森トラスト]

 日本の歴史文化に興味を持つ観光客のニーズを満たす歴史・文化発信施設も整備されます。


山車展示イメージ
山車展示イメージ[出典:森トラスト]

 赤坂周辺の地域資源である「江戸型山車(えどがただし)」の修復・展示も行われます。


(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
 2018年6月3日撮影の『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』の計画地です。現在はこのように駐車場として利用されています。

(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
 すぐ近くには「赤坂タワーレジデンス Top of the Hill」(地上45階、最高高さ162m)や「衆議院赤坂議員宿舎」(地上28階、最高高さ101.9m)が建っています。そして後ろを振り返れば「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ200.58m)や「ANA インターコンチネンタル ホテル東京」(地上36階、高さ133m)が建っています。

 『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』が完成する頃には虎ノ門、赤坂、麻布台の超高層ビル群が繋がり、高さ200m超えの超高層ビルが点在する大規模な超高層ビル群となっていそうです。

■物件概要■
仮称:(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
所在地:東京都港区赤坂一丁目及び二丁目
用途:事務所、ホテル・サービスアパートメント、店舗、展示施設、診療所等
階数:地上43階、地下3階
高さ:約210m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:約15,700
延床面積:約220,000
建築主:森トラスト
工期:2019年度着工〜2024年度竣工予定

地上24階!高級サービスアパートメント「フレイザースイート赤坂東京」の建設状況(2018.6.3)

フレイザースイート赤坂東京
完成予想図[出典:Japan Today]

 赤坂5丁目で建設中の「フレイザースイート赤坂東京」(地上24階、最高高さ87.70m)の完成予想図です。長期滞在を想定した高級サービスアパートメントで積水ハウスが事業主、フレイザーズ社が運営を担当します。「フレイザースイート」ブランドは日本初進出とのことです。


フレイザースイート赤坂東京
 「フレイザースイート赤坂東京」の建設地です。TBSがある赤坂の高台を登った場所で「赤坂パークビル(グリーンパーク赤坂)」(地上30階、高さ129m)の隣です。最寄り駅となる東京メトロ千代田線「赤坂」駅はこの写真中央奥あたりです。

フレイザースイート赤坂東京
 また近くには「パークコート赤坂 ザ タワー」(地上43階、高さ157.25m)も建っており、この左側では「赤坂七丁目2番地区」(地上46階、最高高さ157m)の再開発計画もあります。

フレイザースイート赤坂東京
 建設地にはタワークレーンが設置され、そろそろ地上部の建設が始まりそうな感じでした。

フレイザースイート赤坂東京
 現地には実物大モックアップもありました。ここ最近の高層建築にしては派手さのない落ち着いた外観となりそうです。

フレイザースイート赤坂東京
 現地には「フレイザースイート赤坂東京」の看板が出ていました。

フレイザースイート赤坂東京 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。2019年12月31日竣工予定で2020年の東京五輪には間に合う2020年春の開業予定となっています。

■物件概要■
名称:フレイザースイート赤坂東京
仮称:(仮称)赤坂5丁目プロジェクト
所在地:東京都港区赤坂5丁目215番2,他8筆
用途:ホテル(サービスアパートメント)
階数:地上24階、塔屋1階
高さ:84.50m(最高高さ87.70m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,423.79
建築面積:883.18
延床面積:14,750.38
建築主:積水ハウス
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2019年12月31日竣工予定

パークコート赤坂檜町ザ タワー(地上44階、高さ約166m)の建設状況(2018.1.20)

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 「六本木ヒルズ」の展望台から撮影した「パークコート赤坂檜町ザ タワー」(地上44階、最高高さ166.23m)の最上階や屋上です。屋上に設置される共用施設の空中庭園も見えます。高層階の共用施設としては27階にビューラウンジとゲストルームがあります。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 「パークコート赤坂檜町ザ タワー」全体です。全戸億ションで最高価格は15億円でした。ただ15億円の部屋一部屋だけで次に高い部屋は7億円台だったと記憶しています。デザインは隈研吾氏で一本の檜をモチーフにしています。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 広角で見るとこのような立地の場所に建っています。すぐ隣が「東京ミッドタウン」のためビル群として見たときにはあまり目立ちません。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 目の前から見上げた「パークコート赤坂檜町ザ タワー」です。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 建物本体は完成しているようで今はマンション本体の周辺の整備が行われています。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 こちらの方がまだ整備中でした。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 このあたりは「桑田記念児童遊園」となります。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 東京ミッドタウンとフラットに繋がる3階部分です。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 こちらはほぼ整備が終わっているようでした。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 こちら側の部屋は目の前がミッドタウン・ガーデンと港区立檜町公園のため低層でも眺めは良さそうです。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 東京ミッドタウンに繋がるペデストリアンデッキから撮影。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 高層部です。

パークコート赤坂檜町ザ タワー
 最後は檜町公園から見た「パークコート赤坂檜町ザ タワー」です。

■物件概要■
名称:パークコート赤坂檜町ザ タワー
仮称:(仮称)赤坂九丁目タワープロジェクト
計画名称:赤坂九丁目北地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都港区赤坂9丁目313番
用途:共同住宅、子育て支援施設、小規模多機能型居宅介護施設
総戸数:322戸(一般販売戸数163戸、事業協力者販売住戸34戸、地権者住戸125戸)
階数:地上44階、塔屋1階、地下2階
高さ:157.18m(最高高さ166.23m)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎一部杭基礎
敷地面積:4,656.24
建築面積:1,887.63
延床面積:44,443.25
建築主:赤坂九丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル(売主)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年2月26日着工〜2018年2月下旬竣工予定
入居:2018年4月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク