超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

赤坂一丁目地区市街地再開発組合

着工した「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2014年10月上旬)

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 「溜池山王駅」直結となる大規模再開発「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ200.58m)の2014年10月4日様子です。2014年9月9日に起工式が行われて着工していますが、正直なところ地上からではよくわかりません。かなり広大な敷地でメインとなる超高層ビルはこの方向に建設されます。

 建設される超高層ビルはオフィスフロア(6〜36階)がメインとなりますが、東側の12階建ての部分が住宅フロアとなります。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 上の写真の右の方です。こちらは1〜2階の商業施設が建設されますが、それほどお大きな建物ではなくかなりの範囲が緑地化されます。

 既に着工していますが、この方向は超高層ビルが建設される場所ではないのでまだ解体中の建物もあります。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 道路を挟んだ隣にはアメリカ大使館があるのでこの辺りは警察官がウヨウヨいます。写真を撮っているとジロっと見てくるので、職質されないようカメラはアメリカ大使館に向けないようにしています(笑)幸いなところにこっち側は上記の通り、1〜2階の商業施設と緑化がメインで超高層棟はないので今後の撮影には支障はなさそうです。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 首都高越しに見た「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」です。この右端あたりに「溜池山王駅」への出入口が設置されます。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図
赤坂一丁目地区の配置図[出典:新日鉄興和不動産のニュースリリース]

 最初の2枚はこの配置図の下側にある道路の真ん中あたり、3枚目は右下、4枚目は左下あたりから撮影しています。また、配置図では高層棟の業務棟が高さTP+209.7m、住宅棟が高さTP+74.2mとなっていますが、これは東京湾平均海面からの高さです。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
赤坂一丁目地区の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産のニュースリリース]

 「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。建物の左下のデザインが異なっている部分が住宅部分です。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ
 「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。建築計画だと2014年7月1日の着工予定となっていました。

■赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上37階、塔屋1階、地下3階
高さ:200.58m
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:175,296.99
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年4月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

高さ約200m「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2014年8月上旬)

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 アメリカ大使館のすぐ近くの首都高沿いの大規模再開発「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ200.58m)です。広大な敷地で数十棟の既存建物の解体工事が行われています。この撮影日は8月2日でまだ既存建物の解体が行われていましたが、建築計画のお知らせでは7月1日が着工予定となっています。

 ちょうどこの首都高側にメインとなる地上37階建ての超高層ビルが建設されます。メインはオフィスビルですが、東側低層部の一部が住宅フロアとなります。また、この角あたりに溜池山王駅へ続く地下通路の出入口が設置されます。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 超高層オフィスビルが建設される場所は、首都高沿い以外の既存建物の解体は終わっているように見えました。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 敷地東側もまだ既存建物の解体が行われています。この方向には地上1階〜2階の商業施設などが建設される予定となっていますが、緑地が多くなりそうです。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 近くの坂から見た「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」です。既存建物が解体されたため「コマツビルディング」や「衆議院第一議員会館」などが見えています。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
 六本木通り沿いから首都高越しに見た「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」です。かなり広大な敷地だということがわかるかと思います。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]

 完成予想図を見ても底辺が大きいせいか高さが200mもあるようには見えません。ただ、実際に建築がはじまると1フロアの面積が大きいのでかなり存在感がある建物になると思います。建物左下の他とデザインが違う部分が住宅フロア部分です。

■赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上37階、塔屋1階、地下3階
高さ:200.58m
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:175,296.99
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年7月着工〜2017年4月竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

高さ200.58m「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の既存建物解体工事状況(2014年3月末)

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体工事
 赤坂一丁目の大規模再開発「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ200.58m)です。現在は既存建物解体工事が地区全体で行われています。スケジュールとしては2014年8月に本体工事着工、2017年4月に本体工事竣工なので今年の夏頃にはこの一帯が更地になります。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体工事
 解体後の跡地には地上37階の業務棟、12階の住宅棟、そして1階建てと2階建ての商業棟が建設されます。敷地内には溜池山王駅に繋がる地下鉄連絡通路も整備されます。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体工事
 「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の道路を挟んだ向かい側にはアメリカ大使館があります。この道路はバリケードで警備されており怪しい車はアメリカ大使館に近付けなくなっています。もちろん警察官もいっぱいいるので怪しくない自分もここを撮りに行くときは職質されるんじゃないかとドキドキします(^^;)

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の既存建物解体工事
 「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の南東端です。右側にちょろっと写っているビルは同再開発には含まれていません。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業にともなう解体工事のお知らせ
 解体・石綿除去等工事のお知らせです。これだけの数の既存ビルが解体されます。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の地図
 解体される建物の地図です。「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」のメインとなる業務棟は左側の六本木通り沿いに建設されます。30番台の数字がある場所あたりが低層の商業棟が建設されます。
 右下に「共同通信会館」の文字が見えると思いますが、ここでは大規模再開発「(仮称)虎ノ門二丁目計画」があります。「共同通信会館」「国立印刷局」「虎の門病院」の建て替えで地上19階、高さ99mの虎の門病院、地上36階、高さ約179mの業務棟が2015年度から2022年度にかけて段階的に建設されます。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
新日鉄興和不動産のニュースリリースより赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図

 オフィスフロアは6〜36階で1フロア約780坪の無柱空間となります。また、建物の左下の一部他と異なる部分が住宅棟部分になります。詳細は新日鉄興和不動産のニュースリリースをご覧ください。

▼新日鉄興和不動産:ニュースリリース(2013.09.20)
施行区域約2.5ha、延床面積約17万屬梁腟模複合開発
「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」
権利変換計画認可について
「溜池山王」駅に直結する地下鉄連絡通路・連絡広場を整備


赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ
 「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。

■赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上37階、塔屋1階、地下4階
高さ:高さ200.58m
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:175,296.99
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計:日本設計
施工:大林組
工期:2014年8月着工〜2017年4月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上35階、高さ約200m「赤坂一丁目地区市街地再開発組合」の設立認可

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の空撮
東京都の都市整備局より本日、2012年8月8日に
赤坂一丁目地区市街地再開発組合」が設立認可されると発表されました。

場所は空撮写真赤枠あたりの赤坂一丁目で
地下鉄の「溜池山王駅直結となります。

左隣が「赤坂インターシティ」(地上29階、高さ134.77m)で
高層階が「ホーマットバイカウント」という超高級賃貸マンションです。
そしてその手前が「アメリカ大使館」です。

この再開発は「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」と呼ばれており
地上35階、地下3階、高さ約200mの
事務所、店舗、住宅からなる複合施設が建ちます。

興和不動産から発表されていた概要では
地上43階、高さ約220mとなっていたので規模が少し縮小されています。

配置図と完成予想パース、戸数約30戸という情報から
低層部東側の一部がマンション部分になると思われます。

今後の予定としては
権利変換計画認可 平成25年7月予定
工事着手 平成25年12月予定
建物竣工 平成29年3月予定
となっています。

◆東京都発表資料
平成24年8月7日:赤坂一丁目地区市街地再開発組合の設立認可について

◆興和不動産株式会社 ニュースリリース
平成23年9月12日:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 都市計画決定について

赤坂・六本木・虎ノ門方面の空撮
これは赤坂・六本木・虎ノ門方面の空撮ですが
周辺で進行中の主な再開発に名称を付けてみました。

アークヒルズ 仙石山森タワー」(地上47階、高さ198.9m)は
ちょうど昨日、2012年8月7日に竣工したと森ビルから発表がありました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」は
地上40階、高さ241mのオフィスビル
地上27階、高さ120mのタワーマンション
が建ちます。

環二・軍攻」(地上52階、最高部高さ255.5m)は
オフィス、マンション、ホテルからなる複合ビルが建ちます。

200m以上がこれから3棟。
凄いことになっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク