超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

豊洲地区1-1街区

地上48階・豊洲の東急タワマン「豊洲地区1-1街区開発計画」に建築計画のお知らせ設置!

豊洲地区1-1街区開発計画 建築計画のお知らせ
 豊洲で計画されている東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産のタワーマンション「豊洲地区1-1街区開発計画」の建築計画のお知らせが設置されました。

 2017年11月30日に同再開発についてニュースリリースがが出たましたが、そののときの計画では地上50階、高さ約180m、総延べ床面積約148,000屐¬1230戸でした。今回設置された建築計画のお知らせでは地上48階、高さ174.80m、延べ床面積139,802.73屬半し規模縮小となっています。着工予定は2018年9月、竣工予定は記載されていませんがニュースリリースでは2021年度竣工予定となっています。

豊洲地区1-1街区開発計画 外観図
 外観図部分にズームです。高層階部分の窓は凸凹した感じになるようで、全体的に見ても目立つデザインとなっています。

豊洲地区1-1街区開発計画 外観図
 同敷地に建設予定の生活利便施設(地上1階、高さ9.20m)と保育所棟(地上2階、高さ8.61m)です。

豊洲地区1-1街区開発計画 配置図
 配置図です。下の方に「豊洲西小学校(増築後)」とありますが、この敷地は同再開発で小学校が定員オーバーとなるため江東区に譲渡される部分です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 ゆりかもめから撮影(2018.3.10)した「豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地です。この場所にはレンタルのニッケン、ヤマト運輸、保育園がありましたが全て解体されて更地となっています。

豊洲地区1-1街区開発計画
 地上から撮影。奥に見えるタワーマンションは「SKYZ」(地上44階、最高高さ154.9m)や「BAYZ」(地上31階、最高高さ110m)です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 中央に見えるマンションが「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」(地上22階、最高高さ74.15m)です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 豊洲駅方面です。タワークレーンが何基も見えている場所が豊洲駅前の再開発「豊洲ベイサイドクロス(豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」(地上36階、高さ180m)です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 「豊洲西小学校」の増築予定の敷地です。ちなみに2015年4月1日に開校したばかりです。

豊洲地区1-1街区開発計画
 生活利便施設が建設される場所です。今は駐車場や駐車場跡地となっています。

 人気の豊洲で駅チカタワーマンション。どれくらいの価格帯になるんでしょうね?気になるところです。

■物件概要■
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m
敷地面積:24,276.31
建築面積:7,335.45
延床面積:139,802.73
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
工期:2018年9月着工予定

地上50階・豊洲の東急タワマン計画「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地の様子(2017.12.3)

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図[出典:大成有楽不動産]

 豊洲5丁目で計画されている「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」に関して東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産より2017年11月30日に地区計画の都市計画決定が告示されたと発表がありました。同計画は地上50階、高さ約180m、延べ約145,000屐¬1230戸のタワーマンションを中心とした総延べ床面積約148,000屬諒9膤発です。

 豊洲駅から徒歩4分、隣接地には東電堀といった水辺もあり遊歩道や公園も整備されています。また、同計画地内には生活利便施設としてスーパーマーケットの導入も予定されています。かなり高額となりそうですが注目を集めるタワーマンションとなりそうです。

▼大成有楽不動産:ニュースリリース(2017年11月30日)
〜新たな都心居住のモデルとなる、うるおいとにぎわいある水辺のライフスタイルを創出〜
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 都市計画決定 2021年度完成予定



(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図[出典:大成有楽不動産]

 配置図です。敷地の真ん中に住宅棟が建設され、新豊洲駅側に生活利便施設が配置されます。また、右下の「豊洲西小学校」に増築棟が描かれていますが、これは人口増加で小学校が定員オーバーになるため計画地の一部を江東区に譲渡し増築することになっています。


(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画の空撮
 昨年の10月に撮影した「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」方面です。以前に載せた写真の使い回しなので小学校の増築棟部分も赤くなっています。このように向きによっては将来の眺望も安泰な立地で、駅もららぽーと豊洲も近い良い場所かと思います。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 12月3日に撮影した「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地です。草原の奥に見えるのが「豊洲西小学校」です。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 この場所にはレンタルのニッケン、ヤマト運輸、保育園がありましたが全て解体されています。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
 東電堀横から撮影。

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 完成予想図
(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 配置図[出典:大成有楽不動産]

 このように水辺と一体となるオープンスペースも整備されるようです。


(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画方面
 晴海側から見た「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」方面です。東京ガスの「がすてなーに」が超高層化しない限りこの方面の眺望は安泰です。

■住宅棟の物件概要■
計画名:(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1号
用途:共同住宅
総戸数:約1230戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
敷地面積:約24,300(全体)
延床面積:約145,000
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
工期:2018年度着工予定〜2021年度竣工予定

豊洲5丁目に50階建てタワーマンション計画!東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産が建設へ

豊洲地区1-1街区 完成予想図
豊洲地区1-1街区 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 豊洲5丁目の「豊洲地区1-1街区」において東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産が地上50階、高さ約180mのタワーマンションなど総延べ床面積約14.8万屬諒9膤発を計画していると、建設通信新聞、日刊建設工業新聞、江東区議会議員の鈴木あやこさんのブログなどで報じられました。延床面積は約14万5000屬覗躙与約1200戸という規模で計画されています。


▼建設通信新聞:2016年12月13日
延べ15万屐18年度着工/50階建て超高層住宅など/東急不、NIPPO、大成有楽不

▼日刊建設工業新聞:2016年12月13日
東急不ら/東京・豊洲(江東区)に高さ180mのマンション、18年度着工めざす

▼鈴木あやこ江東区議会議員:2016年12月12日
豊洲地区の開発について(防災・まちづくり対策特別委員会)


豊洲地区1-1街区 位置図
豊洲地区1-1街区 位置図[出典:建設通信新聞]

 計画地は豊洲駅近くのゆりかもめと豊洲西小学校に挟まれた場所で、豊洲駅から徒歩数分の位置です。


豊洲地区1-1街区 配置図
豊洲地区1-1街区 配置図[出典:鈴木あやこ江東区議会議員のブログ]

 配置図です。「豊洲地区1-1街区」はA街区とB街区に分かれており、A街区は既存の変電所となり、B街区が今回判明した再開発となります。この場所は東急不動産がツインタワーのタワマンを建てるという話がありましたが、人口増加で小学校が定員オーバーになるため商業施設だか何かが建設されるという話もありました。結局は計画地の一部2600屬鮃湘豢茲望渡し、隣接する豊洲西小学校を増築することによってタワマン建設となるようです。

 計画では敷地内に園児数約220人の保育所、そして約1600屬寮験萢便施設も建設されます。また、プロムナード(散策路)や広場も新設し東電堀へと繋がるようになります。配置図を見る限りでは豊洲六丁目第二公園が小さく感じそうなレベルのオープンスペースとなりそうです。


豊洲地区1-1街区の空撮
 「豊洲地区1-1街区」の空撮(10月15日撮影)です。赤色を付けた場所が計画地で、レンタルのニッケン、ヤマト運輸、保育園の跡地と現在はパーキングとなっている約2万4300屬箸い広大な敷地です。

豊洲地区1-1街区の空撮
 50階建てのタワマン建設地にズームです。角地の小さな建物がA街区の変電所です。

豊洲地区1-1街区
 空撮と同じ日に地上から撮影した「豊洲地区1-1街区」です。既に更地になっているので各種手続きが進めば無事に着工となりそうです。今後のスケジュールとしては2017年11月の都市計画決定、2018年度に着工、2021年度の竣工を目指します。豊洲西小学校の増築は2020年度の着工、2021年度の完成を予定しています。

■豊洲地区1-1-B街区 住宅棟の物件概要■
計画名:豊洲地区1-1-B街区 住宅棟
所在地:東京都江東区豊洲5丁目
用途:共同住宅
総戸数:約1200戸
階数:地上50階
高さ:約180m
敷地面積:約24,300(全体)
延床面積:約145,000
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
工期:2018年度着工予定〜2021年度竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。