超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

豊洲

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況と空撮(2019.11.30)

ブランズタワー豊洲

 2019年11月30日のヘリによる豊洲の空撮です。この中で中央にタワークレーンがある場所が建設中のタワーマンションが「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。右上は昨日のブログに載せた豊洲駅前の「豊洲ベイサイドクロス」(地上36階、高さ180m)です。



ブランズタワー豊洲

 左は「豊洲西小学校」で「ブランズタワー豊洲」との間に仮囲いがありますが、ここのスペースはタワーマンション建設による児童増加に対応するため校舎建設用地として譲渡した土地部分です。



ブランズタワー豊洲
配置図[出展:公式HP]

 向きは違いますがこの配置図のように敷地内には認可保育所とスーパーマーケットも建設されます。また、周辺は7950屬領价篭間となり「豊洲ぐるり公園」や「豊洲六丁目第二公園」などと繋がります。



ブランズタワー豊洲

 マンション本体にズームです。



ブランズタワー豊洲

 周辺は学校や公園、東電堀となっているので左のマンションがある箇所以外は超高層が建設される可能性は低く今後も眺望は確保されそうです。目の前の水色の高架はゆりかもめです。



ブランズタワー豊洲

 ここは宝くじが当たれば購入したい場所でしたが残念ながら毎回300円しか当たりません。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から見た「ブランズタワー豊洲」です。まだ3,4階くらいですかね。



ブランズタワー豊洲

 背後に見える「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)がある辺りが豊洲駅で徒歩4分の距離です。



ブランズタワー豊洲

 東電堀越に撮影。ここから見るのが一番キレイに見えそうです。



ブランズタワー豊洲
完成予想図[出展:公式HP]

 公式サイトの完成予想図も同じような方向からの図となっています。33階には共用施設としてスカイビューラウンジが設置され、4階には2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置されます。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 隣にはもう一つの建築計画のお知らせも設置されています。年明けの1月中旬からは第1期3次の販売が開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

2020年4月24日にグランドオープン!高さ180m「豊洲ベイサイドクロス」の建設状況と空撮(2019.11.30)

豊洲ベイサイドクロスタワー

 三井不動産による豊洲駅前の大規模再開発「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区 AC棟計画」の街区名を「豊洲ベイサイドクロス」とし、2020年4月24日(金)にグランドオープンすることが決定したと発表がありました。

 同時に街区の核となる建物の名称は「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)に決定しています。また、33階〜36階はホテル「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」として2020年6月25日(木)にオープンすることも発表されています。

 これは発表翌日の2019年11月30日にヘリコプターから撮影した「豊洲ベイサイドクロス」です。地下1階〜4階に出店する全36店舗は背後に見える「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」の一部として2020年4月24日(金)にオープンします。また、その「ららぽーと豊洲」では約70店舗のリニューアルも実施されます。

▼三井不動産:ニュースリリース(2019年11月29日)
「豊洲ベイサイドクロス」が2020年4月24日(金)グランドオープン決定



豊洲ベイサイドクロスタワー
施設構成図[出展:三井不動産]

 「豊洲ベイサイドクロス」は3棟構成で主要用途はオフィスとなります。豊洲公園側ではB棟が建設中ですがこちらもオフィスビルとなります。

 地下1階〜地上4階に入る「ららぽーと豊洲」の2階には有隣堂、3階にはノジマが入居します。また、地下1階は『近隣住民やオフィスワーカーのクイックランチやディナーに対応する、イートイン併設のテイクアウト飲食ゾーン。』となり、1階は『開放的なカフェやリーズナブルなレストランなど、早朝にも仕事帰りの夜にも使えるオールデイユースの飲食ゾーン。』となるとのことです。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 「豊洲ベイサイドクロス」のほぼ真上で旋回したのでそのときの空撮を何枚か載せておきます。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 ちょっと近過ぎましたかね。でもなかなか見れない角度からの写真です。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 右側に見える「ららぽーと豊洲」の屋上駐車場も面白いです。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 正直、もうちょっと離れて撮りたかったので次回はそこをパイロットにきちんと伝えようと思います。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 なかなか見ることのない最上部部分です。この空間は33階に設置される「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」の中庭となります。また、36階の海吾川には大浴場も設置されます。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 「豊洲ベイサイドクロス」を正面に見ながら向かっているときに空撮です。結構低い位置を飛んでいます。



三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

 33階〜36階に入る「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」部分です。一度は宿泊してみたいです。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 空撮と同じ日に撮影した「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上36階、高さ180m)です。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 形は普通の箱型ですが外観が特徴的です。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 オフィス部分の特徴としてニュースリリースは以下のようになっていました。

・専有部内の一部に屋外テラスや吹き抜け階段を用意し、従来とは異なるオフィス空間を提供
・新しい働き方をサポートするワーカー向け共用施設「+C(プラスクロス)」を設置
・「三井不動産TGスマートエナジー株式会社」によるエネルギーセンターを設置し、中圧ガスを使った発電で系統電力の供給停止時にも一定の電気と熱を供給



豊洲ベイサイドクロスタワー
オフィスフロア 屋外テラス[出展:三井不動産]

 こんな屋外テラスのあるオフィスで働ける人は最高ですねー。自分ならここでサボります(笑)



豊洲ベイサイドクロスタワー
オフィスフロア 吹き抜け階段[出展:三井不動産]

 奥がガラスで仕切られてオフィスフロアとなっているので、このフロアに入居した企業だけが使える施設ですよね。いい環境です。

 この手前の広場は「ピンポンフォレスト」と呼ばれる空間となり、卓球などでリフレッシュすることが可能なスペースも整備されます。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 「豊洲ベイサイドクロス」の真ん中の棟の5階〜8階にはエネルギーセンターが入ります。



豊洲ベイサイドクロスタワーB

 その隣の豊洲公園側で建設中の「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地上24階、高さ125m)です。



豊洲ベイサイドクロスタワーB

 こちらは一部角が丸くなっているのが特徴的です。



豊洲ベイサイドクロスタワーB

 このタワーBの隣には豊洲公園と繋がる「豊洲パークブリッジ」も建設中です。



豊洲パークブリッジ

 「豊洲シビックセンター」のデッキから見た「豊洲パークブリッジ」です。



豊洲パークブリッジ
豊洲公園にかかる「豊洲パークブリッジ」(イメージ)[出展:三井不動産]

 完成予想図です。豊洲駅前から豊洲公園までが行きやすくなります。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 「豊洲シビックセンター」と「豊洲ベイサイドクロス」を繋ぐペデストリアンデッキも建設中で橋が架かっていました。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 それほど広いペデストリアンデッキではありませんが、豊洲駅からの動線が大きく変わりそうです。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 ペデストリアンデッキは真ん中の棟のあたりに繋がります。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 その「豊洲シビックセンター」との間には「クロスプラザ」も建設中です。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 ペデストリアンデッキは「ららぽーと豊洲」にも接続されます。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 つまり豊洲駅から「ららぽーと豊洲」全体まで繋がります。



豊洲ベイサイドクロスタワー
「ららぽーと豊洲」に繋がるデッキ(イメージ)[出展:三井不動産]

 そのペデストリアンデッキは屋根付きの2層構造となります。2層だとは思っていなかったのでちょっとしたサプライズでした。



豊洲ベイサイドクロスタワー

 最後は少し離れて「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)の建設地越しに見た「豊洲ベイサイドクロス」です。この辺りが完成すると豊洲駅周辺の再開発は一段落となりそうです。

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年3月31日竣工予定(※B棟は2020年10月竣工予定)
商業施設オープン:2020年4月24日
ホテルオープン:2020年6月25日

ららぽーと豊洲とも接続!高さ180m「豊洲ベイサイドクロス」の建設状況(2019.10.20)

豊洲ベイサイドクロス タワーA

 豊洲駅前で建設中の「豊洲ベイサイドクロス タワーA」(地上36階、高さ180m)です。



豊洲ベイサイドクロス タワーA

 地下1階〜地上1階が商業施設、5階〜32階がオフィスフロア(23階にスカイロビー)、そして33階〜36階が三井不動産グループ直営のホテル(約225室)となります。高層部の黒くなっている箇所がホテル部となります。



豊洲ベイサイドクロス

 反対側の晴海から見た「豊洲ベイサイドクロス」です。右側のタワークレーンが2基ある場所が「豊洲ベイサイドクロス タワーB」(地上24階、高さ125m)で、その間の白い建物が「豊洲ベイサイドクロス タワーC」です。

 タワーBではオフィスビルでタワーCは地下1階〜地上4階に店舗、5階〜8階にエネルギーセンターが入るビルとなります。



豊洲ベイサイドクロス

 少しだけ移動して撮影。



豊洲ベイサイドクロス

 同じような角度から「アーバンドック ららぽーと豊洲」越しに撮影。



豊洲ベイサイドクロス

 その「ららぽーと豊洲」と「豊洲ベイサイドクロス タワーA」はペデストリアンデッキで接続されます。



豊洲ベイサイドクロス

 このペデストリアンデッキはゆりかもめの「豊洲」駅と繋がる「豊洲シビックセンター」とも繋がります。



豊洲ベイサイドクロス

 豊洲公園から見た「豊洲ベイサイドクロス」です。白い壁のタワーCはタワーBに隠れてここからは見えなくなります。



豊洲ベイサイドクロス タワーB

 建設中の「豊洲ベイサイドクロス タワーB」(地上24階、高さ125m)です。



豊洲ベイサイドクロス タワーB

 撮影時はまだ3階部分の建設が始まったところでしたが、オフィスフロア部の建設に入ると一気に高くなるかと思います。



サンセットアーク

 そのタワーBの隣には豊洲公園と繋がる人道橋「サンセットアーク」も建設中です。



サンセットアーク

 「豊洲シビックセンター」から見た「サンセットアーク」です。この橋は地面部分と繋がりシビックセンターとは繋がりません。



豊洲ベイサイドクロス

 そのシビックセンターから見たタワーBとタワーCの低層部です。2階部分の右側が少し飛び出ていますがその辺りと「豊洲シビックセンター」のペデストリアンデッキで接続する計画となっています。



豊洲ベイサイドクロス

 バスターミナル前には商業施設が入る施設も建設中でした。商業施設の開業予定日は2020年4月1日の予定となっています。以前の情報だとB棟の竣工時期は2020年下期となっていますが、そんなに早く完成するとは思えないのでいつ竣工なのかは不明です。

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
商業施設オープン:20204月1日予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定

最高価格5億7800万円!高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2019.10.20)

ブランズタワー豊洲
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)の完成予想図です。

 売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産の3社でいよいよ今週末の10月26日(土)から第1期販売登録受付開始となります。総戸数1152戸のうち一気に450戸の販売となりますが、気になる販売価格は4430万円〜5億7800万円で、間取りは1LDK〜3LDKで専有面積は43.41屐228.42屬箸覆辰討い泙后K洲で5億7800万とは驚きです。



ブランズタワー豊洲
敷地配置イラスト[出典:公式HP]

 このようにゆとりある配置で約7,950屬緑化空間となり、プロムナードも整備され東電堀といった水辺にも気軽に行けるようになります。また、敷地内には保育所が整備され、そしてスーパーマーケットも隣に建設される予定となっています。また、右下の小学校増築予定地はこのタワマン建設による児童増加に対応するため、校舎建設用地として譲渡した土地部分です。



ブランズタワー豊洲

 完成予想図と同じような方向から見た「ブランズタワー豊洲」の建設地です。タワークレーンがいくつか見えますが一番手前です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの車内から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 まだ低層部の建設中です。住宅フロア部の建設が始まると高くなる速度は加速しそうです。



ブランズタワー豊洲

 この辺りがプロムナードの建設地かと思います。



ブランズタワー豊洲

 この辺りがスーパーマーケットの建設地です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から撮影。



ブランズタワー豊洲

 まだ2階部分の建設が始まったところのようでした。



ブランズタワー豊洲

 晴海から見た「ブランズタワー豊洲」です。高さ約180mのタワーマンションとなるので、完成するとこの景色も大きく変わりそうです。背後のタワマン群は東雲です。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

豊洲の「日本ユニシス本社ビル」の壁面を使ったプロジェクションマッピング&晴海のタワマン群夜景(2019.8.31)

日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 豊洲の「日本ユニシス本社ビル」(地上30階、高さ139m)の壁面を使ったプロジェクションマッピングを見てきました。これは東京都の「プロジェクションマッピングに係る屋外広告物規制基準(案)」の実証実験「ONE TOYOSU」として参加したもので2019年8月29日〜31日まで期間で実証実験が行われました。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 窓部分には投映しないようにしているようでしたが、壁面をスクリーンにして映像を投映しているような感じでビルの特徴を活かしたプロジェクションマッピングではありませんでした。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 そのため見ていて「凄い!」といった感じはありませんでしたが、広告としての利用ならばあまり凄いのだと事故や渋滞に繋がるのでこれくらいのがいいのかもしれないですね。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 ちなみに広告ということなのでスポンサーは付いているようでしたが、どれが何の広告だったのかは全然わかりませんでした。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 始まる前にスポンサー名が出ていた気がするので最初から最後まで動画で撮っていればわかったかもしれません。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 浮世絵の富嶽三十六景も投映されていました。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 ビル1棟ではなく深センのように大量のビルを使って実施すれば観光資源になると思うんですけど日本じゃ難しそうですね。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 日本ではこういった派手なことはなかなかやりませんが、あちこちにこういったプロジェクションマッピングが普及すれば面白そうですね。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 途中でインベーダーもありました。これはタイトーがスポンサーですね。





 動画で撮っているときにちょうどそのインベーダーがありました。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 30分間の投映でしたがだいたいこんな感じのがずっと流れていました。



日本ユニシスのプロジェクションマッピング

 晴海の夜景でも撮ろうかと場所を移動しても「日本ユニシス本社ビル」が見えました。



豊洲のモニュメントクレーンとアーバンゲートブリッジ

 豊洲のモニュメントクレーンと可動橋のアーバンゲートブリッジが見える場所からも「日本ユニシス本社ビル」のプロジェクションマッピングが見えたので画角などを調整していると…



豊洲のモニュメントクレーンとアーバンゲートブリッジ

 ちょうど橋が動き出しました。



豊洲のモニュメントクレーンとアーバンゲートブリッジ

 最終の船が入港してすぐでした。時間は20時半頃です。



豊洲のモニュメントクレーンとアーバンゲートブリッジ

 可動橋が降りる前に撮っていた夜景です。



豊洲のモニュメントクレーンと晴海のタワーマンション群

 晴海のタワーマンション群も入っていい感じでした。


晴海のタワーマンション群の夜景

 晴海のタワーマンション群の夜景です。右端が入居が始まった「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。まだ明かりが少ないので購入者全員の引っ越し真っ最中といった感じですかね。



晴海のタワーマンション群の夜景

 「DEUX TOURS (ドゥ・トゥール)」(地上52階、高さ177.3m)方面です。



晴海のタワーマンション群と豊洲の夜景

 晴海と豊洲です。夜景はオフィスビルの窓明かりが多い平日が基本ですが、こういったタワーマンション群は休みの日でも絵になるのでいいですね。



晴海のタワーマンション群の夜景

 豊洲から見る晴海の夜景はかなりいい感じになっています。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク