超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

豊洲

高さ180m「豊洲ベイサイドクロス」の建設状況(2018.8.12)

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前で建設中の「豊洲ベイサイドクロス豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」です。楕円形の広場がある「豊洲センタービルあいプラザ」から撮影しました。

 右奥に見える建設中のタワーマンションは「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。

豊洲ベイサイドクロス
 少し近づいて豊洲駅前のバスターミナルから撮影。地下1階〜地上3階が商業施設、4階〜32階がオフィスフロア、33階〜36階が三井不動産グループ直営のホテル(約225室)となります。東京五輪前の2020年6月下旬のオープン予定です。

豊洲ベイサイドクロス
 左の屋根が三角形の建物は「豊洲シビックセンター」(地上12階、高さ69.90m)で、完成時にはペデストリアンデッキで接続されます。右側は「ららぽーと豊洲」でこちらにもペデストリアンデッキで接続されます。

豊洲ベイサイドクロス
 「ららぽーと豊洲」のアネックスと本館を結び連絡通路から撮影。「豊洲ベイサイドクロス」の建設が始まる前は「豊洲シビックセンター」が見えていましたが、今は巨大な壁となりました。

豊洲ベイサイドクロス
 完成時にはこの豊洲公園に繋がる橋も架けられます。全体的に人の流れが大きく変わりそうです。

豊洲ベイサイドクロス
 右奥が地上36階、高さ180mのタワーAで、中央が5〜8階にエネルギーセンターが入る低層のタワーCです。そして左側には地上24階、高さ125mとなるタワーBが建設されます。

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:三井不動産]

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 用途構成図
用途構成図[出典:三井不動産]

豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 敷地配置図
敷地配置図[出典:三井不動産]

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定

高さ180m「豊洲ベイサイドクロス」の建設状況(2018.7.15)

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前の大規模再開発「豊洲ベイサイドクロス豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」です。手前に「ららぽーと豊洲」があることを忘れるくらいの高さになってきました。

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲公園から撮影。普段はこの原っぱで遊ぶ子供が何人もいますが猛暑のためか全然人はいませんでした。

豊洲ベイサイドクロス
 この豊洲公園側はタワーCで5〜8階にエネルギーセンターが入る低層のビルとなります。また、今後はさらに手前に地上24階、高さ125mとなるタワーBも建設されます。

豊洲ベイサイドクロス
 「豊洲シビックセンター」側から見たタワーCの低層部です。完成時にはこの辺りにペデストリアンデッキが整備されゆりかもめの「豊洲」駅と接続されます。そして「ららぽーと豊洲」にもペデストリアンデッキで接続される予定となっています。さらにはこの写真に左側には豊洲公園へ繋がる橋も建設されます。

豊洲ベイサイドクロス
 晴海通り沿いから見た「豊洲ベイサイドクロス タワーA」(地上36階、高さ180m)です。地下1階〜地上3階が商業施設、4階〜32階がオフィスフロア、33階〜36階が三井不動産グループ直営のホテル(約225室)となります。

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前のロータリーから撮影。以前はここから見るとタワーCも合わせてタワークレーン6基が見える迫力ある光景でしたが、タワーAが大きくなってきたため見えなくなってきました。

豊洲ベイサイドクロス
 「ららぽーと豊洲」本体とアネックスを結びデッキから撮影。撮影から1週間以上経過しているのでタワーAのところに辛うじて見えている空は今はもう見えないかもしれません。

豊洲ベイサイドクロス
 現地看板を撮影した完成予想図です。現在鉄骨を組んでいるのはタワーAとタワーCです。

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定

豊洲エリアの大規模複合開発「豊洲六丁目4-2街区・4-3街区プロジェクト」に建築計画のお知らせ!

(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト
オフィス棟(4-2街区)完成予想パース[出典:清水建設]

 豊洲新市場の隣、ゆりかもめ「市場前」駅の隣接地で清水建設によって建設される「(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト」(地上12階、高さ約75m)の完成予想パースです。

 4-2街区は「市場前」駅のすぐ隣で延床面積約88,000屬離フィス棟となります。1フロア約2000坪の広さとなります。


(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト
ホテル棟(4-3街区)完成予想パース[出典:清水建設]

 晴海運河側に建設される「(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト」(地上14階、高さ約70m)の完成予想パースです。

 4-3街区は延床面積約32,000屬龍ξメンテナンスが運営するホテル棟となります。共立メンテナンスと言われてもピンと来ないかもしれませんが全国に展開している「ドーミーイン」シリーズのホテルを運営している会社です。「ドーミーイン」ではないホテルも運営していますが、ここは「ドーミーイン」シリーズになるかと思います。客室数は500室超で最上階には大浴場が併設される予定となっています。


計画地周辺図
計画地周辺図[出典:清水建設]

 建設地はこのように豊洲新市場のすぐ隣です。また隣接街区には「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」があり、そこから熱供給を活用するとともに、建物側に設置するコージェネレーションシステムの一体運用により省エネルギー・省CO2を図り、※ZEB Ready3を目指します。
※再生可能エネルギーを除き、一次エネルギー消費量水準を基準一次エネルギー消費量から50%以上削減した建物。

▼清水建設:ニュースリリース(2018年6月18日)
豊洲エリアで大規模複合開発計画が始動
〜総延床11万m2超、賃貸オフィスとホテルを一体開発〜



(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト
 ゆりかもめ「市場前」駅から見た「(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト」(地上12階、高さ約75m)の建設地です。右奥の低層の建物はTBSが運営する円形劇場の「IHIステージアラウンド東京」です。

(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト
 奥がホテル棟となる「(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト」(地上14階、高さ約70m)の建設地です。東京五輪の選手村や晴海のタワーマンション群が目の前に見える部屋には宿泊してみたいです。

(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト
 「IHIステージアラウンド東京」側から見た「(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト」の建設地です。周辺の建物は「市場前」駅や豊洲新市場です。

(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト
 「(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト」側です。現在は草原ですがこの辺りにはホテルに繋がる道路も整備されます。

(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト 建築計画のお知らせ
 現地には建築計画のお知らせが設置されていました。清水建設のニュースリリースでは地上11階でしたが地上12階となっています。こちらはオフィス棟です。

(仮称)豊洲六丁目4-2街区プロジェクト 建築計画のお知らせ
 外観図と配置図も載っていました。

(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト 建築計画のお知らせ
 ホテル棟の建築計画のお知らせも設置されていました。

(仮称)豊洲六丁目4-3街区プロジェクト 建築計画のお知らせ
 配置図の範囲には入っていませんが豊洲大橋の左側が千客万来施設の建設地です。小池都知事が問題ない施設にイチャモン付けなければもうそろそろ建物が見えていたかもしれないですね。

 高さは60mを超えていますが階数的に超高層とは言い難いので物件概要は省略します。完成予定が載っていませんが2020年度内の竣工が予定されています。また施工者も載っていませんが建築主、設計者、施工者の全てが清水建設となります。投資額は約600億円で清水建設単独では過去最大規模のプロジェクトということです。

高さ180m「豊洲ベイサイドクロス」の建設状況(2018.6.17)

豊洲ベイサイドクロス
 豊洲駅前で建設中の「豊洲ベイサイドクロス豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)」です。晴海から撮影しました。手前は「ららぽーと豊洲」です。

豊洲ベイサイドクロス
 がすてなーにの屋上から見た「豊洲ベイサイドクロス」です。タワーA、B、Cからなる3棟構成で鉄骨を組んでいるのがタワーAとタワーCです。

豊洲ベイサイドクロス
 近くから撮影。奥が地上36階、高さ180mとなるタワーAで中央がタワーCがです。地上24階、高さ125mとなるタワーBは左側の敷地に建設されます。

豊洲ベイサイドクロス タワーC
 低層の「豊洲ベイサイドクロス タワーC」です。5〜8階にエネルギーセンターが入ります。

豊洲ベイサイドクロス タワーC
 ららぽーと側から見たタワーCです。外壁の設置が始まっています。

豊洲ベイサイドクロス タワーA
 メインの棟となる「豊洲ベイサイドクロス タワーA」(地上36階、高さ180m)です。フロア構成は地下1階〜地上3階が商業施設、4階〜32階がオフィスフロア、33階〜36階が三井不動産グループ直営のホテル(約225室)となります。

豊洲ベイサイドクロス タワーA
 今は豊洲駅から「ららぽーと豊洲」側に行くのに信号を渡る必要がありますが、この再開発によってペデストリアンデッキで「ららぽーと豊洲」と接続される予定となっています。

豊洲ベイサイドクロス タワーA
 その「ららぽーと豊洲」とアネックスを結ぶデッキから撮影。次回方面時には上が見えなくなっているかもしれません。

豊洲ベイサイドクロス
 ゆりかもめの車内から撮影。

豊洲ベイサイドクロス
 個人的に好きな1枚。今後には右手前に東急不動産のタワーマンション「豊洲地区1-1街区開発計画」(地上48階、最高高さ180.50m)が建設されます。この景色もまだ変わります。

豊洲ベイサイドクロス
 「ららぽーと豊洲」とデッキで接続されると書きましたが、隣の豊洲公園には橋が架けられます。

■物件概要■
名称:豊洲ベイサイドクロス
計画名:豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟
所在地:東京都江東区豊洲2丁目15番12
用途:事務所・商業・ホテル・自動車車庫・エネルギー供給施設
総客室数:約225室
階数:地上36階、塔屋1階、地下2階
高さ:180m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:19,127.66
建築面積:9,300
延床面積:185,830
建築主:三井不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月竣工予定
ホテルオープン:2020年6月下旬予定
商業施設オープン:2020年度上期予定

高さ約180m東急タワマン「豊洲地区1-1街区開発計画」の現地の様子(2018.6.17)

豊洲地区1-1街区開発計画
 豊洲駅近くに建設されるタワーマンション「豊洲地区1-1街区開発計画」の完成予想図です。建築計画のお知らせに掲載されている図を撮影しました。

 建築主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産で地上48階、最高高さ180.50m、延べ139,802.73屐∩躙与1153戸となります。敷地内にはスーパーマーケットが入る生活利便施設と保育所棟も建設されます。東急単体なら名称は「ブランズタワー豊洲」で決定だと思いますが、3社が建築主に名を連ねているのでどういった名称になるかは不明です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 生活利便施設と保育所棟の完成予想図です。

豊洲地区1-1街区開発計画 配置図
 配置図です。敷地右下の豊洲西小学校(増築後)とある部分は、同再開発で小学校が定員オーバーとなるため江東区に譲渡する部分となります。

豊洲地区1-1街区開発計画
 「がすてなーに」の屋上から撮影した「豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地方面です。ちょうどゆりかもめの高架で敷地が見えません。

豊洲地区1-1街区開発計画
 ということでゆりかもめの車内から撮影した「豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地です。レンタルのニッケン、ヤマト運輸、保育園がありましたが全て解体されています。

豊洲地区1-1街区開発計画
 背後に見えるのが豊洲西小学校で増築工事は2021年3月に完了予定となっています。

江東区立豊洲西小学校校舎増築計画
 現地には「江東区立豊洲西小学校校舎増築計画」として建築計画のお知らせが設置されています。

豊洲地区1-1街区開発計画
 この駐車場跡地にスーパーマーケットが入る生活利便施設棟が建設されます。

豊洲地区1-1街区開発計画
 地上から見た「豊洲地区1-1街区開発計画」の建設地です。写真中央やや左あたりが豊洲駅です。

豊洲地区1-1街区開発計画
 ゆりかもめからもう1枚。駅、水辺、公園、商業施設が隣接するタワマン。人気が出そうな立地ですが分譲価格は高そうですね。2022年3月竣工予定です。

豊洲地区1-1街区開発計画 建築計画のお知らせ
 最初に設置された建築計画のお知らせです。

豊洲地区1-1街区開発計画 建築計画のお知らせ
 後から設置された建築計画のお知らせです。こちらの建築計画のお知らせにより最高高さ、完了予定等が判明しています。施工者は未定となっていますが設計者の熊谷組がそのまま施工者になるかと思います。

■物件概要■
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:24,276.31
建築面積:7,335.45
延床面積:139,802.73
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:未定
工期:2018年9月着工〜2022年3月竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。