超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

西武鉄道池袋ビル建替え計画

西武HDの本社が入る「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2017.2.11)

西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)の完成予想図です。西武鉄道が保有する「池袋旧本社ビル」の建替えで、建替え後は西武ホールディングスの本社となります。他にも一部機能は現在の本社で継続しますが、プリンスホテル、西武プロパティーズの本社も移転予定となっています。移転時期は2019年春で4フロアを使用する予定となっています。


西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図図[出典:西武ホールディングス]

 断面図です。1階、2階は店舗フロアとなります。注目すべきはビルの右下でビル内を西武池袋線が通ります。正確には西武池袋線の上も使ってビルを建設中です。


西武鉄道池袋ビル建替え計画
 その西武池袋線側から撮影した「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 反対側から撮影。西武池袋線をまたがなくてもかなり広い敷地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 この灰色の鉄骨がある場所に西武池袋線が通っています。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
名称:西武鉄道池袋ビル建替え計画
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体(代表:大林組)
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

地上20階「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2015年8月1日)

西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 西武鉄道が保有する「池袋旧本社ビル」の建替え「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)です。

 場所は池袋駅の南側、西武鉄道池袋線沿いで池袋線の線路上空も活用した1、2階を商業施設とする賃貸のオフィスビルとなります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図[出典:西武ホールディングス]

 断面図を見ると右下に西武池袋線が通っていることがわかるかと思います。

 ところで現地建築計画のお知らせは地上18階から地上20階に変更となっていました。この図を見る限りでは地上18階、塔屋2階ですが、これを塔屋も含めて20階表記にしたのか、地上20階、塔屋2階となったのかは現時点ではわかりません。ただ、高さに変更はないのと延べ面積に大きな変更はないので塔屋を含めて20階という可能性が高いかと思います。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の計画地です。「池袋旧本社ビル」の解体工事は終わっているようでした。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 少し移動した場所からもう1枚。奥に見える線路が西武池袋線で、そこをまたいだ形でビルが建設されます。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の敷地内です。計画通り進んでいるならばちょうど撮影した8月1日に着工していますが、現地作業予定では地中障害物撤去作業となっていました。

 また、背後に見えるタワーマンションは「グランドミレーニア タワー&スイート」(地上31階、最高高さ116.4m)です。池袋の超高層ビル群はゆっくり広がっています。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建築計画のお知らせです。階数以外にも数値が微妙に変更となっています。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
名称:(仮称)西武鉄道池袋ビル新築工事
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

高さ約100mの池袋旧本社ビル建替え計画の概要判明

西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 3月25日に西武ホールディングスから「池袋旧本社ビル建替え計画」の事業決定についてのニュースリリースがありました。本事業は旧本社ビルを賃貸のオフィスビルへと建て替える計画で、池袋旧本社ビルの敷地に加えて西武池袋線の線路上空と線路西側の用地も活用し、1、2階を商業施設とする地上18階、地下2階、延べ約5万屬離フィスビルとなります。

 品川のソニー本社ビルのように斜めの線が入ったデザインとなっていますが、ソニーの斜めの線はガラスの中だったのに対して、こちらは外側に斜めの線が入るようです。また、低層部はV字で支えるようなデザインとなっています。個人的には結構楽しみなオフィスビルです。

▼西武ホールディングス:ニュースリリース(2015年3月25日)
「池袋旧本社ビル建替え計画」の事業決定について

西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図[出典:西武ホールディングス]

 断面図を見ると西武池袋線は完全にビルの下を通ります。また、オフィスフロアへと切り替わるところが中間免震層となります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画の建設地の空撮
 逆光気味で写りは悪いですが今年1月の池袋の空撮です。名称を入れた場所が「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 2月7日に撮影した「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。現地では「池袋旧本社ビル」の地上部の解体がほとんど終わっていました。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 西武池袋線の西側です。このちょっとした敷地から西武池袋線をまたいでビルが建設されます。このように駅ビルでも何でもないところで建物内を電車が通るところはかなり珍しいのではないでしょうか?鉄道については詳しくないということもありますが他には思いつきません。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建築計画のお知らせです。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上18階、塔屋2階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530
建築面積:3,950
延床面積:50,084
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体
工期:2015年7月着工〜2019年3月竣工予定
開業予定:2019年春


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。