Brillia Tower 西新
建物外観予想CG[出典:東京建物]

 九州初の地下鉄直結となる免震のタワーマンション「Brillia Tower 西新」(地上40階、高さ約137m)が着工したと、東京建物より2018年3月12日にニュースリリースが出ました。同時に計画地内の商業施設の開業が2019年秋に決まったことも発表されています。

 建設地は福岡県福岡市で市営地下鉄「西新」駅直結となります。住戸フロアは8階以上で地下2階の駅コンコースからエレベーターで7階のエントランスホールまで行けるようになります。敷地内に出入口があるとかペデストリアンデッキで繋がるとかではなく完全な駅直結です。

 途中フロアの地上2階から6階は自走式の駐車場となり、その上に免震装置を設置する中間免震構造となります。また、最上階となる38階部分には共用施設として、ビューラウンジやゲストルームが設けられます。ということで、39階、40階は機械室になるようです。

▼東京建物:ニュースリリース(2018年3月12日)
西新エリアの新たなランドマーク 九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンス 「 Brillia Tower 西新 」着工 商業施設は2019年秋に開業予定

西新エルモールプラリバ
 2016年11月に撮影した「Brillia Tower 西新」の建設地にあった「西新エルモールプラリバ」です。2015年7月に営業を終了しています。

Brillia Tower 西新 減築・増築の概要
減築・増築の概要[出典:東京建物]

 このように東側から解体し、次に西側を減築、そして住宅の増築が行われます。商業施設は地上8階、約29,400屬ら地上4階、約10,000屬悗筏模縮小となります。住宅が着工したとのことなので現在は西側の減築が終わったあたりかと思います。


Brillia Tower 西新
建物外観予想CG[出典:東京建物]

 今後は2019年秋に商業棟一部開業、2021年3月に商業部分全体開業、住宅棟竣工予定となっています。

■物件概要■
名称:Brillia Tower 西新
仮称:西新リボーンプロジェクト
計画名称:(仮称)西新プロジェクト
所在地:福岡県福岡市早良区西新4 丁目113番(地番)
用途:店舗・共同住宅・駐車場
総戸数:306戸(事業協力者住戸20戸含む)
階数:地上40階、地下2階
高さ:約137m
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造・中間免震構造
敷地面積:約4,200
延床面積:約50,789
建築主:東京建物
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年1月着工〜2021年3月竣工予定
開業:2019年秋に商業棟一部開業予定