超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎ノ門タワーズレジデンス

虎ノ門トラストシティ ワールドゲートは既存部解体中(2016.1.24)

IMG_7614
虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 完成予想図[出典:森トラスト]

 森トラストが国家戦略特別区域の特定事業として進めている「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の完成予想図です。規模は地上36階、塔屋1階、地下4階、高さ179.95m、延べ面積210,000屬把秡愽瑤ら中層部がオフィスフロア、そして高層部がサービスアパートメント・ホテルとなる複合ビルとなります。同プロジェクトの敷地からは地下通路で神谷町駅まで繋がります。完成予定は2019年7月15日の予定となっています。

東京タワーから見た虎ノ門
 東京タワーの特別展望台から見た虎ノ門です。中央下の敷地が「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の計画地です。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の建設地にズームです。ここは「虎ノ門パストラル」の跡地で敷地の半分くらいはコインパーキング、そして一時的に「MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)」として利用されていました。今はそれらの解体工事が2015年10月1日〜2017年1月31日までの工期で行われています。着工予定は2016年1月16日となっているので解体と建設工事が同時進行となりそうです。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 地上から見た「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」です。背後の白いタワーマンションは「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)です。目の前にこれよりも大きな超高層ビルが建つこととなるので眺望に影響が出そうです。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
 別角度からもう1枚。この角に「葺城稲荷神社(ふきしろいなりじんじゃ)」がありましたが姿を消していました。ただ、この再開発でまた神社は建築されます。

東京タワーからの眺め
 もう一度東京タワーからの眺めです。なかなかの超高層ビル群となっていますが、この方角にはこれから複数の超高層ビルが建設されます。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。計画名称は「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」です。施行者は未定となっていますが次に載せる解体工事は清水建設によって行われているので、そのまま施行者も清水建設になるかと思います。

虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 計画敷地内解体工事
 「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート 計画敷地内解体工事」解体工事のお知らせです。

■虎ノ門トラストシティ ワールドゲートの物件概要■
名称:虎ノ門トラストシティ ワールドゲート
計画名:(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト(本体棟)
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目1番地
用途:事務所、ホテル、共同住宅、店舗
階数:地上36階、塔屋1階、地下4階
高さ:179.95m
構造:鉄骨造、一部SRC造、一部RC造
基礎工法:直接基礎及び杭基礎
敷地面積:163,00屐平声劼魎泙狒澗痢
建築面積:7,300
延床面積:210,000
建築主:森トラスト
設計者:安井建築設計事務所
施工者:未定
工期:2016年1月16日着工〜2019年7月15日竣工予定

虎ノ門パストラル跡地の虎ノ門四丁目プロジェクトは2016年1月着工予定

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
 東京タワーの特別展望台から見た「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」の計画地です。駐車場などが見える側が計画地で、グランドが見える側では「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業」(地上14階、高さ79.25m)が計画されています。

 「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」は森トラストによる「虎ノ門パストラル跡地」の再開発で、地上36階、高さ約180mとなるオフィスやホテル・サービスアパートメント等が入る複合施設が計画されています。

 本日の建設通信新聞にその詳細が掲載され、設計が安井建築設計事務所、着工予定が2016年1月、竣工予定が2019年7月と判明しました。まずは既存建築物地下躯体の解体撤去工事から開始され、本体棟の新築工事は約39ヶ月の工期の予定とのことです。

▼建設通信新聞:2015年2月13日
1月着工、設計は安井/虎ノ門四丁目プロジェクト/森トラスト

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト方面の眺め
 東京タワーの大展望台から見た「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」方面の眺めです。虎ノ門は複数の再開発計画があるのでかなり熱い地域です。

虎ノ門の空撮
 1月25日の虎ノ門の空撮です。今は「虎ノ門ヒルズ」がランドマークになった虎ノ門ですが、周辺では名称を入れた通り複数の再開発計画があります。ほとんどが東京五輪前に完成する予定なので、この辺りは一気に超高層化して景色は一変しそうです。

▼(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
規模:地上36階、地下4階、高さ約180m、約21万
工期:2016年1月着工〜2019年7月竣工予定

▼(仮称)虎ノ門2-10計画建設事業(ホテルオークラ東京の建替)
規模:地上38階、高さ200m
工期:2015年9月建て替え開始〜2019年2月竣工予定

▼虎ノ門二丁目地区(虎の門病院整備事業)
規模:地上19階、地下3階、高さ約99m、85,550
工期:2015年度着工〜2018年度竣工予定

▼虎ノ門二丁目地区(業務棟)
規模:地上36階、地下3階、高さ開く179m、約167,300
工期:2019年度着工、2022年度竣工予定

▼(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)
規模:高さ約180m、商業、住宅などからなるビル
工期:2015年度着工〜2018年度竣工予定

▼(仮称)虎ノ門一丁目地区市街地再開発事業(虎ノ門駅南地区地区計画 A-1街区)
規模:地上36階、地下3階、高さ約185m、約17万5000
工期:2017年2月着工〜2019年12月竣工予定

▼赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
規模:地上37階、塔屋1階、地下3階、高さ200.58m、175,296.99
工期:2014年9月着工、2017年4月竣工予定

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
 東京タワーからの眺めでも空撮でも「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」の敷地に白いテントのようなものが見えていますが、これは「MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)」として暫定利用されていたその跡地です。

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの完成予想図
(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの完成予想図[出典:建設通信新聞]

 完成予想図を見る限りでは結構どっしりとした感じのビルになりそうです。背後に描かれている白い建物は「虎ノ門タワーズ レジデンス」です。素人考えだと眺望悪化を嫌がって中古物件が数多く出そうな気がしているのですが、実際はどーなるんでしょうね?

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの断面図
(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの断面図[出典:森トラスト]

 この断面図の通り神谷町駅から地下方向者通路で「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」の敷地まで繋がる予定となっています。ビルはオフィスフロアがメインですが、高層階はサービスアパートメント・ホテルとなります。森トラストのプレスリリースには「外国人の生活を包括的にサポートする施設として、短〜中長期滞在を可能とするホテルやサービスアパートメント」と記載されているので、主に外国人向けのサービスアパートメントとなるようです。旅行で普通のホテルとして使用するには敷居が高さそうな感がします。

■(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの物件概要■
計画名:(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目1
用途:事務所、ホテル・サービスアパートメント、店舗、カンファレンス、 生活支援施設、産業育成施設、神社等
階数:地上36階、地下4階
高さ:約180m
敷地面積:約163,00
建築面積:7,000
延床面積:約210,000
建築主:森トラスト
設計者:安井建築設計事務所
施工者:未定
工期:2016年1月着工〜2019年7月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

虎ノ門パストラル跡地の虎ノ門四丁目プロジェクトは地上36階、高さ約180mに!

虎ノ門方面の空撮
 本日、10月23日より港区によって「虎ノ門三・四丁目地区」の地区計画原案の縦覧が開始されます。それが一足先に公表されたのか建設通信新聞にその内容が載りました。

 「虎ノ門三・四丁目地区」はA地区とB地区の2つの地区に分けられ、A地区は森トラストによって「(仮称)虎ノ門四丁目計画建設事業」(地上36階、高さ約180m、延べ21万)として事務所、共同住宅、ホテル、店舗、診療所、神社などからなる複合施設を建設する計画となっています。
 森トラストのプレスリリースでは計画名が「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」となっていたので、以下からはこちらの名称を使用します。

 B地区は国土交通省関東地方整備局と鞆絵サイエンスパートナーズによって「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業」(地上14階、延べ約4万)として気象庁庁舎、気象に関する展示施設、区立教育センターなどが計画されています。

 場所は神谷町駅がある桜田通りから1本入った場所で、白いタワーマンション「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)の東側一帯です。A地区の「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」は「虎ノ門パストラル」跡地で、B地区の「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業」は「旧鞆絵小学校」跡地です。虎ノ門ヒルズ近くに出来る日比谷線新駅からも近い場所です。。A地区の「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」は地下道で神谷町駅と繋がります。

 スケジュールは2014年度に都市計画決定、2015年度に着工、2018年度の完成を目指しています。

▼建設通信新聞:2014年10月23日
虎ノ門三・四丁目地区2.7haに複合市街地/A地区は21万嵎9膸楡/港区が地区計画変更案

※ 本日、森トラストから「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」についてのプレスリリースも出たので内容を少し修正しています。

▼森トラスト:プレスリリース(2014年10月23日)
『(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト』始動 東京の国際競争力強化に向け、次世代型国際・防災拠点を構築

虎ノ門パストラル跡地 | (仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
 これは今年6月に撮影した「虎ノ門パストラル」跡地です。「MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)」として暫定利用されていましたが今は閉鎖されています。

虎ノ門パストラル跡地 | (仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
 敷地の半分くらいはパーキングとして暫定利用されています。「虎ノ門パストラル」が解体されて更地になってからかなりの期間が建ちますが、「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」として高さ180mの超高層ビルが計画されているという話しだけ伝わっていました。森トラストはなぜか地上37階建ての超高層ビルが多いので、ここも37階建てになると思っていたのですが、結局は地上36階、高さ約180mの計画となりました。

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの完成予想図
(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの完成予想図[出典:建設通信新聞]

 完成予想図を見ると高層階に黒い窓の2層ありますが、この2フロアからがサービスアパートメント・ホテルとなります。用途として神社も入っていますが、それは現在ある「葺城稲荷神社(ふきしろいなりじんじゃ)」のことで、その名を冠にした「(仮称)葺城の森」も整備されます。

 ところで背後の「虎ノ門タワーズ レジデンス」は、目の前にこの超高層ビルなので眺望はかなりなくなりますね。北側ではホテルオークラの建替計画も進行中なので超高層ビルに囲まれた立地になります。こういったときってマンションの価値は眺望悪化で下がるのでしょうか?それとも周辺の再開発によって地価高騰して上がるのでしょうか?ちょっと気になります。

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業
気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター整備等事業の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 こちらは随分と前から計画概要が出ていましたが、特に大きく変わった感じはしませんね。というか、ようやく建設するのか!といった感じです。

虎ノ門三・四丁目地区の配置図
虎ノ門三・四丁目地区の配置図[出典:建設通信新聞]

 この配置図からもわかるようにA地区とB地区の間に地区幹線道路も整備されます。その道路より南側のA地区側が虎ノ門4丁目、南側のB地区側が虎ノ門3丁目です。そのため、「虎ノ門三・四丁目地区」となっています。

東京タワーから見た虎ノ門方面
 今年2月の大雪後に東京タワーから撮影した「虎ノ門三・四丁目地区」(写真下の雪が積もっている場所)です。この超高層ビル群に「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」が加わります。また、この方角では他にも超高層ビルが建設、計画中なので完成する頃にはこの景色はもっと賑やかになっていそうです。

■(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクトの物件概要■
計画名:(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目1
用途:事務所、ホテル・サービスアパートメント、店舗、カンファレンス、 生活支援施設、産業育成施設、神社等
階数:地上36階、地下4階
高さ:約180m
敷地面積:約163,00
建築面積:7,000
延床面積:約210,000
建築主:森トラスト
工期:2015年度着工〜2018年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

「ホテルオークラ東京」地上38階、高さ195mへ建て替え!

ホテルオークラ東京の空撮
 「ホテルオークラ東京」が地上38階、高さ195mの複合ビルへの建て替えるというニュースが入って来ました。日本経済新聞などの記事によると、このT字型の「ホテルオークラ東京」の本館を2015年8月をめどに営業を休止し、地上38階、高さ200mでホテルとオフィスとなる複合棟と、地上13階、高さ80mのビルの2棟へ建て替える計画とのことです。総事業費は約1000億円で2019年春の営業を再開を目指します。
 地上38階の複合棟は4階〜21階までがオフィスフロア、22階以上が客室となります。また、高さ80mのビルの方はホテル専用となり、両棟合わせた客室数は約550室となります。2020年の東京五輪に間に合うよう色々なところで再開発が進みそうですね。

▼日本経済新聞(2014/05/23)
ホテルオークラ、五輪にらみ建て替え 1000億円投資

ホテルオークラ東京方面の空撮
 「ホテルオークラ東京」がある場所は周辺にはこのように超高層ビルやタワーマンションが建ち並び、せっかくの好立地の場所でも眺望とかはあまりなさそうでもったいないと思っていましたが、高さ200mへ建て替えとなれば眺望も凄そうですね。ただ隣の白いタワーマンション「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)の前にある空き地では、森トラストによる「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」(昔の記事では高さ約180m)があり、「ホテルオークラ東京」の右の方では「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ200.58m)や、「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上36階、高さ約179mと地上19階、高さ99mの2棟)があります。
 まとめると「ホテルオークラ東京」も含めてこの辺りにはまだボコボコと超高層ビルが出現します。

ホテルオークラ東京方面の空撮
 反対側から見た「ホテルオークラ東京」です。T字型の本館の右側が別館で、この別館はこのまま営業を続けるそうです。

<追記です>
 「ホテルオークラ東京」からプレスリリースが出ました。それによると本館は2015年8月末で閉館し、同年9月から建替え工事を開始、2019年2月に新本館竣工、同年春に開業予定です。新本館は地上38階、地下6階、高さ約195mとなります。また、建替え後は、敷地の約半分が緑地となります。

▼ホテルオークラ東京(2014/05/23)
プレスリリース:ホテルオークラ東京 本館 建替について(PDF)

ホテルオークラ東京

プレスリリースより新本館の完成予想図

 完成予想図を見ると「大倉集古館」は解体されずに残るようです。高さ約195mの新本館は現在の本館のある敷地の別館側に建設されるようです。



 「超高層ビビル4日本編2」発売中です!amazonにようやく表紙が表示されるようになりました。よろしくお願いします!


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)

>MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)
虎ノ門パストラル跡地」の暫定利用施設
MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)」です。

これは敷地に入ってすぐの景色で、億超えの部屋が多数ある
虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、高さ153.47m)
が正面にそびえ立っています。

>MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)
上の写真の右側です。
JTビル」(地上35階、高さ169.7m)などが見えます。

中央の大きなテントは移動型映画館の
Garden Theater in 虎ノ門四丁目」です。

>MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)
上の写真の写っている高さ1.5mくらいの台からの眺めです。

城山トラストタワー」(地上37階、高さ158m)
アークヒルズ 仙石山森タワー」(地上47階、高さ206.69m)
などを見ることが出来ます。

そして足元には謎の人型があります。

>MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)
薬草で大地に描く巨大な人型アート
ハーブマンプロジェクト
というものらしいです。

>MORI TRUST GARDEN TORA4(モリトラストガーデン トラヨン)
少し敷地の中に入ったところから見た
虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高部高さ255.5m)です。
近くで見るよりも大きく感じます。

ここの施設にはビアガーデンやフットサルコート
森虎農園モリトラファーム)」という貸菜園などがあります。

ただ、暫定利用施設ということで2014年1月下旬には終了予定です。

(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」として
高さ180mの超高層ビルが計画されている場所なので
終了後は再開発計画が動き出すものと思われます。

日綜産業の45周年本
ところで話は変わりましして
日綜産業株式会社という足場などを手掛ける会社の
45周年本に超高層ビル写真を提供しました。

その本が昨日届きました。
主に社内で配るという非売品の本です。

日綜産業の45周年本
本の半分以上はスカイツリーの足場についてで
書店で売った方がいいくらいの内容でした。

自分が提供した写真は巻末の工事実績のところで使用されていました。
こうゆう中身の濃い非売品の本は嬉しいですね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク