超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎ノ門

地上28階「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地の様子!愛宕グリーンヒルズ隣に住友不動産の分譲タワマンです(2020.9.27)

(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 虎ノ門で住友不動産による新規のタワーマンション「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」が出ました。規模は地上28階、地下1階、高さ99.99m、最高高さ105.09m、敷地面積1,433.54屬紡个靴瞳築面積は1,060屐延床面積17,005屬箸覆辰討い泙后設計と施工は西松建設で同じ敷地では俊朝寺の建替えも行われます。

 場所は赤い網掛けをした愛宕グリーンヒルズの西側、住所的には虎ノ門3丁目で敷地の北側は愛宕2丁目となります。最寄り駅は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅で徒歩2,3分くらいの距離です。

 建築計画のお知らせでは住友不動産の住宅分譲事業部が建築主となっていたので分譲のタワーマンションとなるようです。名称は「シティタワー虎ノ門」か「シティタワー愛宕」といった感じになりそうですね。



東京タワー

 建設地は東京タワーの近くでこの空撮に矢印を入れた場所あたりとなります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 その東京タワーからの眺めです。手前に建物があるため敷地は見えませんが、赤い網掛けをしたあたりが建設地となります。手前に建物があるため低中層階はわかりませんが高層階なら目の前に東京タワーというタワーマンションとなります。また、東京タワーが見えない北側の愛宕山側には墓地等があるため、今のところはお見合い部屋になって視界がなくなる心配はなさそうです。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地です。右側のゲートが緑色になっている方が計画地です。左側は東急不動産とリストデベロップメントによるマンション「(仮称)港区虎ノ門三丁目計画 新築工事」(地上17階、高さ58.98m)の建設地です。両方とも西松建設が施工者のため同じ建設現場のようにも見えてしまいます。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 「(仮称)港区虎ノ門三丁目計画 新築工事」の建設地越しに見た「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」の建設地です。通りに面した間口の奥に広い敷地があります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 裏側から見た建設地です。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 ここには俊朝寺などがありましたが解体工事は既に終わっていました。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 隣の愛宕グリーンヒルズから見た計画地です。このようにそこそこの広さがあり住友不動産のマンションの敷地は1,433.54屐⊇喞寺の敷地は912,89屬箸覆蠅泙后マンションと寺院がどのように配置されるのかは不明ですが、手前側にある道路は私道で、そして元々俊朝寺が手前側にあったため、マンションは奥、寺院は手前に配置されると予想しています。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 周辺には寺院がありそこに行く道が高い位置にあるため、こうして建設地を上から見ることができます。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 この高台側は住所的には愛宕で、この下の土地は虎ノ門となります。左は愛宕グリーンヒルズです。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 敷地内には瓦礫が少しありましたがほぼ更地となっていました。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事

 敷地奥ではまだ重機がいましたが既存建物は全て解体済みで基礎部が一部残っている感じでした。



ウェリスタワー愛宕虎ノ門

 建設地の道路を挟んだ向かい側には「ウェリスタワー愛宕虎ノ門」(地上22階、高さ77.52m)がありますが、「(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事」はそれよりも高い地上28階、最高高さ105.09mとなります。



(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(共同住宅)■
計画名:(仮称)虎ノ門3丁目計画新築工事
所在地:東京都港区虎ノ門3丁目209番1他
用途:共同住宅
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.99m(最高105.09m)
敷地面積:1,433.54
建築面積:1,060.00
延床面積:17,005.00
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
建築主:住友不動産 住宅分譲事業部
設計者:西松建設一級建築士事務所
施工者:西松建設 関東建設支社
工期:2021年5月1日着工〜2024年8月31日竣工予定

地上21階、高さ88.16m「パークコート虎ノ門」の建設状況(2020.08.30)

パークコート虎ノ門 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 虎ノ門四丁目で建設中の三井不動産レジデンシャルのタワーマンション「パークコート虎ノ門」(地上21階、高さ88.16m)の完成予想図です。場所は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅からホテルオークラ方面へ徒歩4分の位置で、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅からも徒歩7分の距離です。



パークコート虎ノ門 エントランス完成予想CG
エントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 建設地は傾斜地で急坂に切り替わる手前にエントランスがあります。



パークコート虎ノ門 エントランス完成予想CG
エントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 虎ノ門はオフィスや大使館、高級ホテルが多い一等地ですが、ここは店舗部等がない「純住宅」となります。売主は三井不動産レジデンシャル単独で総戸数は120戸(事業協力者住戸13戸含む)です。



パークコート虎ノ門 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールは都心とは思えない落ち着いた佇まいで2層吹き抜けとなっています。



パークコート虎ノ門 エントランスホール完成予想CG
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 傾斜地を活かしたエントランスホールで、大きな窓からは水と緑のあるプライベートガーデンが広がります。



パークコート虎ノ門 外観完成予想CG
虎ノ門 外観完成予想CG[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。東京タワーとの間に高層ビルもありますが、ちょうど東京タワーの全景が見える位置となっています。



パークコート虎ノ門 スカイテラス完成予想CG
スカイテラス完成予想CG[出典:公式HP]

 屋上には共用施設としてスカイテラスが設置されるため、ここの住民になれば東京タワービューを楽しむことができます。ただ、場所的にも将来に渡って東京タワービューが保障されるとは限りません。



パークコート虎ノ門 17〜19階平面概念イラスト
17〜19階平面概念イラスト[出典:公式HP]

 このように平面で見ると四角を2つ重ねたような形となっており、角住戸率は約90%となっています。そして各階ゴミ置き場は当たり前として各階宅配ボックスも設置されます。



パークコート虎ノ門 虎ノ門エリア概念図
虎ノ門エリア概念図[出典:公式HP]

 世界標準の国際都市の形成を目指して周辺では複数の再開発が行われいますが、こういった場所での生活はどのような感じなんでしょうね?



パークコート虎ノ門

 8月30日に撮影した「パークコート虎ノ門」の建設地です。傾斜地というのがよくわかります。



虎ノ門タワーズ レジデンス

 背後には「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)がそびえ立っています。



パークコート虎ノ門

 神谷町駅側から撮影。建設地は「葺手第二ビル」と「田中山ビル」の跡地です。

 左後ろは「ホテルオークラ東京 別館」ですが、ここは野村不動産が「(仮称)六本木一丁目計画」として敷地南側に地上43階、地下2階、高さ約180m、延べ6万3500屬僚斬霤錣班瀉亘迷Δ肪肋21階、高さ約115m、延べ4万7500屬了務所棟への建て替えを計画していると報道されています。



パークコート虎ノ門

 坂を登った側から撮影。奥には東京タワーが見えています。



六本木ヒルズからの眺め

 場所は変わって同じ日に撮影した六本木ヒルズからの眺めです。左端のタワークレーンが見えている場所が「パークコート虎ノ門」の建設地です。



六本木ヒルズからの眺め

 周辺には巨大な超高層ビル群が広がっていることがわかります。



パークコート虎ノ門

 そんな超高層ビル群の隙間から「パークコート虎ノ門」の建設地が見えています。



パークコート虎ノ門

 さらにズームです。2020年10月上旬から第一期の販売予定となっています。



パークコート虎ノ門 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。以前と比べて高さが88.56mから88.16mへと少しだけ低くなったりと数値は細かく変わっています。

■物件概要■
名称:パークコート虎ノ門
計画名:(仮称)港区虎ノ門四丁目計画
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目20番5
用途:共同住宅
総戸数:120戸(事業協力者住戸13戸含む)
階数:地上21階、塔屋1階
高さ:88.16m(最高高さ88.16m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,941.26
建築面積:1,042.15
延床面積:14,839.23
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:大林組一級建築事務所
施工者:大林組
工期:2019年9月24日着工〜2022年1月31日竣工予定
入居:2022年4月下旬予定

高さ約180m「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子!隣に移転した「虎の門病院」跡地の再開発です(2020.8.30)

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:都市再生機構]

 虎ノ門二丁目の再開発「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上38階、最高高さ184.935m)の完成予想図です。左の病院棟(地上19階、最高高さ99.55m)は既に完成しており、これから右の業務棟の建設が始まります。

 業務棟の建設地は元々「虎の門病院」があった場所ですが、その「虎の門病院」は新築された病院棟へ移転しています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 建物配置イメージ
建物配置イメージ[出典:都市再生機構]

 左が業務棟で1階〜3階は業務・生活支援施設や店舗となり、4階の機械室を挟んで中層部から高層部はオフィスフロアとなります。

 オフィスフロアが白と灰色に分かれているのは、新日鉄興和不動産、第一生命保険、関電不動産開発、東京ガス都市開発、九州旅客鉄道、大成建設の6社が22階〜37階部分の保留床取得者として決定しているため色分けされています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:大成建設]

 場所は東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、銀座線「虎ノ門」駅、南北線「溜池山王」駅が徒歩圏となる位置で「虎ノ門ヒルズ」のすぐ近くです。完成予想図の右下に薄く描かれていますが「虎ノ門ヒルズ」とはデッキで接続される計画にもなっています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年12月14日のヘリからの空撮で矢印を付けた建物が移転前の「虎の門病院」であり、「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上38階、最高高さ184.935m)の建設地です。その左の凹型の白い建物が現在の「虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)です。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

 現地から撮影した「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。元々あった「虎の門病院」の地上部の解体は既に完了しています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建築計画のお知らせでは9月1日着工予定で、これは8月30日の撮影のため着工直前の建設現場となります。



虎の門病院

 元々あった「虎の門病院」が解体されたため移転した「虎の門病院」がこの角度からも見えるようになっています。



JTビル

 建設地の隣に建つ「JTビル」(地上35階、高さ169.7m)です。これよりも少し背の高い超高層ビルが建設されます。



JTビル

 ところでJTビルの低層部ってこうなっていたんですね。今まで見えない場所だったのでこんな曲線のあるビルとは知りませんでした。今しか見れない低層部かと思います。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南側から撮影。この辺りはどの方向を見ても超高層ビルが見える場所となっています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。名称は「虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事」となっていますが、当ブログでは各社のニュースリリース等で使用されている「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」を使用しています。

■物件概要■
計画名称:虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟(虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事)
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目105番
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上38階、地下2階
高さ:179.935m(最高高さ184.935m)
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:22,539.74
建築面積:7,896.34
延床面積:180,439.62
建築主:都市再生機構(建築物全般)、虎ノ門エネルギーサービス(地域冷暖房施設に限る)
設計者:大成建設 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2020年9月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

地上49階、高さ265.75m「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設状況!虎ノ門ヒルズが拡大中です(2020.08.30)

虎ノ門ヒルズ ステーションタワーとは?

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:国土交通省]

 森ビルによって建設中の「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)の完成予想図です。「虎ノ門ヒルズ」を構成する超高層ビルの中で最も高い超高層ビルとなります。虎ノ門ヒルズを構成する主なビルは以下のようになっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)
・(仮称)虎ノ門二丁目計画(地上17階、高さ97.05m) ※ステーションタワーの左下



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図
配置図[出典:内閣府]

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の敷地はA-1街区〜A-4街区とB街区(虎ノ門二丁目計画)に分かれており、最高高さ265.75mの超高層棟が建設されるのはA-1街区となっています。

 また、A-1街区〜A-4街区は森ビルが建築主ですがB街区は東洋海事工業が建築主となっています。そのためB街区が「虎ノ門ヒルズ」の一部として扱われるかは不明です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 概要図
概要図[出典:国土交通省]

・A-1街区(建築物番号1:地上49階、最高高さ265.75m)は低層部が商業施設とホテル、中高層部がオフィスフロア、そして最上部がビジネス発信拠点となります。
・A-2街区(建築物番号2:地上4階、高さ30.15m)は店舗
・A-3街区(建築物番号3:地上12階、高さ59.00m)は店舗、住宅、事務所が入るビルとなります。
・A-4街区は広場となるため建物番号はありません。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:森ビル]

 中央の超高層ビルがA-1街区、左下の低層のビルがA-2街区、右下のビルがB街区です。

 B街区の「(仮称)虎ノ門二丁目計画」は97.05mの高さがあり地域によってはランドマークとなる高さですが、ここでは脇役にしかなれない高さです。そういったところでこの再開発の大きさを実感します。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:国土交通省]

 その桜田通りの上空には大規模な歩行者デッキが整備され、A-1街区とA-2街区が接続されます。そしてA-2街区はそのまま「虎ノ門ヒルズ 森タワー」にも繋がります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 オランダの建築模型を手掛ける「Vincent de Rijk」が作成した完成模型です。模型を作成した時点と現在でデザインの差異はあると思いますが、完成予想図ではわからなかったデザインがわかります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 見る角度によっては中層階が少し細くなったデザインとなります。改めて完成予想図を見ると北側が三角形、南側が逆三角形となっており、それにより南北から見るとこのような形に見えるようです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 日本ではあまり攻めたデザインの超高層ビルがないため何か法律的な問題もあるのかと思っていましたが、日本でもこういったデザインの超高層ビルが建設できるんですね。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 高層部です。最上部はビジネス発信拠点となりますが一般の人が行く機会はある場所となるのかが気になります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 その最上部は栓抜きの形となっています。



虎ノ門ヒルズ駅
虎ノ門ヒルズ駅 イメージパース[出典:東京地下鉄]

 A-1街区とA-2街区の間の桜田通りの地下には東京メトロ日比谷線が通っており新駅の「虎ノ門ヒルズ」駅が開業しています。もちろん「虎ノ門ヒルズ」駅と「虎ノ門ヒルズ」は直結となり、そして駅のさらに地下と桜田通り上部でA-1街区とA-2街区は接続されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 2020年8月30日に「虎ノ門ヒルズ 森タワー」にあるオーバル広場の端から見た「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設地です。既存ビルは姿を消して広範囲で建設が工事が行われています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 手前がA-2街区、奥が高さ265.75mの超高層ビルの建設地であるA-1街区です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 オーバル広場越しには重機がチラチラと見えるだけですが、数年後にはこの正面に高さ265.75mの超高層ビルがそびえ立っています。




虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設地です。桜田通りの神谷町駅方面から撮影しました。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 桜田通りの霞が関駅方面から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 北側から見た仮囲いの中です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 路地を入った北西側から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 西側から見ると建設地越しに「虎ノ門ヒルズ」を構成する3棟の超高層ビルを見ることができます。左から順に以下のようになっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区

 南西側から撮影。2023年7月15日竣工予定です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-1街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ところで事業主と建築主を分けて併記している珍しいパターンの建築計画のお知らせとなっています。

■物件概要(A-1街区)■
名称:虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
事業名:虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目11番1外
用途:事務所、店舗、ホテル、集会場、駐車場等
階数:地上49階、塔屋1階、地下4階
高さ:264.00m(最高265.75m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎・杭基礎併用
敷地面積:9,907.59
建築面積:8,060.89
延床面積:238,441.51
事業者:虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:鹿島建設
工期:2019年11月25日着工〜2023年7月15日竣工予定




虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-2街区

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-2街区

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-2街区」(地上4階、高さ30.15m)の建設地です。桜田通りから撮影しました。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-2街区

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」を結ぶ建物となります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-2街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。超高層ではないので書き写しは省略します。




虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-3街区

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-3街区

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-3街区」(地上12階、高さ59.00m)の建設地です。路地を入った場所が建設地です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-3街区

 背後の凹んでいるビルが「虎の門病院」で配置図を見ると「虎の門病院」とはペデストリアンデッキで接続されるようです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-3街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。こちらも超高層ではないので書き写しは省略します。




虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-4街区

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-4街区

 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-4街区」の建設地です。ポニーキャニオンが入居するビルがあった場所で同再開発では広場として整備されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー A-4街区

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」から見ると重機もいない空き地のようになっていました。




(仮称)虎ノ門二丁目計画

(仮称)虎ノ門二丁目計画

 B街区の「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上17階、高さ97.05m)の建設地です。建築計画のお知らせが設置された当初はB街区となっていましたが、途中から「(仮称)虎ノ門二丁目計画」に名称が変わっています。そのため今もB街区扱いなのかは不明です。



(仮称)虎ノ門二丁目計画

 路地を入ったところから撮影。



(仮称)虎ノ門二丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。こちらはA-1〜A-4街区よりも早い2022年3月31日の竣工予定です。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)虎ノ門二丁目計画
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目9番1、9番3、9番4、9番6
用途:事務所・店舗
階数:地上17階、地下2階
高さ:98.00m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,702.71
建築面積:1.464.16
延床面積:26,173.77
建築主:東洋海事工業
設計者:山下設計
施工者:大林組
工期:2019年5月15日着工〜2022年3月31日竣工予定

地上30階、高さ180m「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の都市計画(素案)が公開されました!

虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:中央日本土地建物グループ]

 日本土地建物、都市再生機構、住友不動産による虎ノ門駅直結の再開発ビル「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の都市計画(素案)が国家戦略特区の第18回 東京都都市再生分科会の資料として公開されました。他にも中央日本土地建物グループから同再開発について都市計画手続きが開始のニュースリリースが発表され、港区では環境影響調査計画書の縦覧が開始されています。

 規模は地上30階、地下5階、高さ約180m、敷地面積約6,400屐延床面積約126,000屬濃務所、店舗、ビジネス支援施設等で構成される超高層オフィスビルとなります。2022年度着工、2025年度竣工予定です。今後は東京圏の国家戦略特別区域の特定事業として、東京都および港区の都市計画審議会による審議、国家戦略特別区域会議の合意を経て、内閣総理大臣による国家戦略特別区域計画の認定を受けるべく手続きを進められます。


▼内閣府:国家戦略特区(2020年9月4日)
第18回 東京都都市再生分科会 配布資料
資料3 都市再生特別地区(虎ノ門一丁目東地区)都市計画(素案)の概要

▼中央日本土地建物グループ:ニュースリリース(2020年9月9日)
「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」計画概要について
〜駅と一体となった国際的なビジネス交流拠点を創造〜


▼港区:環境アセスメント(2020年9月11日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業】
※令和2年9月11日(金曜日)から令和2年10月10日(土曜日)



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 夜景イメージパース
夜景イメージパース[出典:内閣府]

 夜景バージョンの完成予想図です。シンプルなデザインですが角もライトアップされるのが特徴的です。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 平面イメージ
平面イメージ[出典:中央日本土地建物グループ]

 場所は外堀通りと愛宕下通りが交差する角地で東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅と直結となります。左の虎ノ門駅前地区と書かれている場所は「東京虎ノ門グローバルスクエア」(地上24階、最高高さ119.65m)で既に完成しています。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:中央日本土地建物グループ]

 低層部の広場や店舗、虎ノ門イノベーションセンターとして4階に交流ランジ、6階にカンファレンス、7階にビジネス支援施設が配置されます。そして中高層階がオフィスフロアとなります。




虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:中央日本土地建物グループ]

 このように地上駅前広場と地下駅前広場が整備されます。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 地上・地下鉄駅前広場
地上・地下鉄駅前広場[出典:中央日本土地建物グループ]

 銀座線は古い地下鉄のため地下1階レベルの深さしかなく地下に潜るとすぐに駅があります。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 地上・地下鉄駅前広場
地上・地下鉄駅前広場[出典:内閣府]

 敷地南西角には広場も整備され、地下駅前広場から大階段とエスカレーターで接続されます。その大階段ではコンサートなどのイベントも計画されているようです。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 地上・地下鉄駅前広場
地上・地下鉄駅前広場[出典:内閣府]

 銀座線は地下が浅すぎるため反対側のホームに行くには改札に入る前に地上で移動するか、改札に入ってからさらに地下に降りないと行けませんでした。銀座線の反対側に行くには地上か銀座線のさらに地下から行くことになるのは変わりませんが、今回の再開発では改札外の地下2階レベルにも地下歩行者通路が整備され反対側ホームに行けるようになります。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 地上広場
地上広場[出典:内閣府]

 南西角に整備される広場のイメージ図です。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 鳥瞰イメージ
鳥瞰イメージ[出典:内閣府]

 少し離れた場所から見た完成予想図です。近くには「虎ノ門ヒルズ」があるため高さ180mでもそこまで目立ちません。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:内閣府]

 外堀通りから見た東側の低層部です。4階から7階にかけての吹き抜けが印象的です。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:内閣府]

 外堀通りから見た北側の低層部です。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:内閣府]

 外堀通りから見た西側の低層部です。こちら側が虎ノ門駅に繋がる大階段がある場所となります。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:内閣府]

 南側の低層部です。外壁は緑化されるようです。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:中央日本土地建物グループ]

 先に完成した「東京虎ノ門グローバルスクエア」から「虎ノ門ヒルズ」は地下通路で接続され、日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅まで繋がっています。その地下通路とも「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」は繋がることになります。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業

 2019年11月30日にヘリから撮影した虎ノ門です。左が「虎ノ門ヒルズ」で右の赤い網掛けをした場所が「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業

 街区内には東西に貫く路地が2本ありかなりの棟数のビルがありますが、解体するときは街区を閉鎖、廃道して一気に解体が始まりそうな気がします。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業

 反対側からもう1枚。虎ノ門方面の超高層ビル群と内幸町や日比谷方面の超高層ビル群を繋ぐ超高層ビルとなりそうです。



虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業

 昨年の6月に撮影した「虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の建設地予定地です。解体が始まる前にもう一度撮っておこうと思います。

■物件概要■
計画名:虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目4番、5番、8番
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上30階、地下5階
高さ:約180m
敷地面積:約6,400
延床面積:約126,000
事業者:日本土地建物、都市再生機構、住友不動産
工期:2022年度着工〜2025年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク