超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎ノ門

高さ約189m「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.12.9)

ホテルオークラ東京 新本館.
 「ホテルオークラ東京 本館」の建て替え「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。右側が地上38階、高さ188.65mのオフィスとホテルからなる高層棟で、左側が地上13階、高さ85mのホテルとなる中層棟です。真ん中の建物は改修・増築工事が行われている「大倉集古館」です。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 高層棟はオフィス部分の鉄骨を組んでいるところでした。ホテル部分は高層階となります。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 まだ鉄骨むき出しの状態で外壁やガラスが入っている箇所はなさそうでした。

ホテルオークラ東京 新本館 高層棟
 建設地はこのような傾斜地となっています。こういった傾斜地では坂の上を1階として申請し、運用では坂の下を1階として高さや階数を押さえることが多いです。そのためここも地上38階建てとなっていますが運用上は地上41階となります。

ホテルオークラ東京 新本館
 1枚目とは反対側の坂の下から見た「ホテルオークラ東京 新本館」です。左が高層棟で右が中層棟です。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 逆光なので少し移動して中層棟を撮影。

ホテルオークラ東京 新本館 中層棟
 反対側の坂の上から撮影。こちらは1棟丸々ホテルとなりますが、宿泊するなら高層棟の方に泊まってみたいですね。でも気軽に宿泊できる金額ではないでしょうね。

ホテルオークラ東京 新本館
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定

高さ約120m「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2017.10.1)

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:虎ノ門駅前地区第一種再開発組合]

 「虎ノ門」駅直結の再開発ビル「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上24階、最高高さ119.65m)の外観イメージ図です。地下1階〜地上2階が店舗スペースとなるオフィスビルとなり、そして「虎ノ門ヒルズ」まで繋がる地下通路も整備されます。そしてそのまま東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」まで繋がるようにもなります。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:虎ノ門駅前地区市街地再開発組合]

 建設地は桜田通りと外堀通りが交差する虎ノ門交差点の角地で、その外堀通り沿いにはこのように約800屬涼肋絮愾姐場も新設されます。


虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
 2017年10月1日撮影の「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。5棟の既存ビルが解体中です。ただ地上部の解体は既に終わっており、撮影時の作業工程は障害撤去工事となっていました。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
 桜田通り沿いから撮影。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
 外堀通り沿いから。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
 虎ノ門ヒルズへ続く路地から撮影。この道路の下で地下通路が建設中です。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。年明けの1月4日に着工予定で東京五輪の前には完成予定です。

■虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事及び公共施設工事
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、地下3階
高さ:119.25m(最高高さ119.65m)
構造:地上 鉄骨造
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:2,782.44
建築面積:2,003.11
延床面積:47,273.67
建築主:虎ノ門駅前地区市街地再開発組合(森村不動産、不二屋ビルデング、日本土地建物、虎ノ門リアルエステート、住友不動産、野村不動産、東京地下鉄)
設計者:日本設計・三菱地所設計 設計共同企業体
施工者:竹中・西松共同企業体(代表 竹中工務店)
工期:2018年1月4日着工〜2020年6月30日竣工予定

地上36階「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の建設状況(2017.10.1)

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 虎ノ門で建設中の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)の建設地です。完成時にはペデストリアンデッキで繋がる隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の2階部分から撮影しました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 こちらは近くの歩道橋から撮影。こうして仮囲いの中を見られるスポットが2箇所もある建設現場は数少ないです。現在は逆打支柱工事、地中障害物撤去工事、躯体解体工事となっていました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 地上から撮影。地下1階〜地上3階が店舗フロア、5階〜36階がオフィスフロアとなる超高層ビルとなります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 路地を入ったところから撮影。こちら側の1階にはBRTの発着所もあるバスターミナルが整備されます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図[出典:森ビル]

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図[出典:森ビル]

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目201番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.415m(最高185.415m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,403.69
延床面積:173,223.90
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組
工期:2017年2月1日着工〜2019年12月31日竣工予定

高さ約100m「新虎の門病院」の建設状況(2017.10.1)

虎の門病院整備事業
 「新虎の門病院虎の門病院整備事業)」(地上19階、最高高さ99.55m)の建設地です。現在は免震層の工事中のようでした。これが終わると地下部の鉄骨を組み、そして地上部の建設へと進んで行くものと思われます。

虎の門病院整備事業
 仮囲い越しに見るとこのような感じです。タワークレーン3基でこれから一気に伸びそうな雰囲気がありますが、地上部が見えてくるのはまだ先となりそうです。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 以前、現地看板を撮影した「新虎の門病院」の完成予想図です。潮見坂を登ったところにあるアメリカ大使館前から見た完成予想図です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 空から見た「新虎の門病院」の完成予想図です。右側に薄く描かれている超高層ビルは「虎の門病院」跡地に建設される高さ約179mのビルです。つまり「虎の門病院」が隣に移転後に超高層ビルが建設されます。「新虎の門病院」の建設地は国立印刷局跡地です。

虎の門病院整備事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■虎の門病院整備事業の物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:90.20m(最高高さ99.55m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,431.26
延床面積:85,458.02
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年6月20日着工〜2019年3月31日竣工予定

最高高さ約222mタワマン「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の建設状況(2017.10.1)

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 愛宕山の隣接地で森ビルによって建設中の「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)の建設地です。森ビルの高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズの最高峰となるタワーマンションで、フロア構成は1階〜3階は約1000屬両Χ隼楡澆伐餔制「ヒルズスパ」、2階に子育て支援施設、4階〜11階がサービスアパートメント、そして12階〜54階がグローバルレベルのレジデンス約550戸となります。

 完成時には高さ日本一のタワーマンションとなりますが、同じ森ビルによる大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区」にて地上63階、高さ約270mと地上53階、高さ約240mのタワーマンションが計画されています。さらに同地区で計画されている地上65階、高さ約330mの超高層ビルの56階〜65階は住宅フロアとなる予定となっています。これらタワーマンションに日本一の座は移るので、完成しても日本一でいられるのは数年かと思います。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 少し移動して撮影。作業工程では地下解体工事、障害削孔、地盤改良となっていました。

 ところで、この写真と最初の写真は愛宕山から撮影していますが、その愛宕山とはデッキで繋がり直接行けるようになります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)から撮影。「虎ノ門ヒルズ 森タワー」を中心に3棟の超高層ビルが建設され、各棟とはペデストリアンデッキで繋がります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 地上から撮影した「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の建設地です。背後にチラッと見える森が愛宕山です。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図[出典:森ビル]

 この完成予想図には描かれていませんが左下には「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、高さ約265m)も建設されます。


(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2020年4月30日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。