超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎の門病院

隣に建替えた「虎の門病院」の跡地!高さ約180m「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」に建築計画のお知らせ設置(2020.3.22)

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:都市再生機構]

 虎ノ門二丁目で計画されている「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。左の白い建物が既に完成している「虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)で、その右側がこれから建設の始まる「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」(地上38階、最高高さ184.935m)です。

 「虎の門病院」は元々業務棟の建設地にありましたが隣接地に建替えられ移転しています。その移転が完了したことにより業務棟の建設が始まります。その業務棟の建築主は都市再生機構ですが、地域冷暖房施設に限っては虎ノ門エネルギーサービスが建築主となっています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業
建物配置イメージ[出典:都市再生機構]

 左が業務棟で1階〜3階は業務・生活支援施設や店舗となり、4階の機械室を挟んで中高層部はオフィスフロアとなります。

 22階〜37階は新日鉄興和不動産、第一生命保険、関電不動産開発、東京ガス都市開発、九州旅客鉄道、大成建設の6社が保留床取得者として決定しているため網掛けされています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟
位置図[出典:大成建設]

 場所は6月6日開業予定の日比谷線の新駅である「虎ノ門ヒルズ」駅の近くです。他にも東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅や「溜池山王」駅も近いです。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2019年12月14日のヘリからの空撮です。矢印を付けた建物が移転前の「虎の門病院」で「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」の建設地です。

 現在の「虎の門病院」は地上19階、高さ90.20m(最高高さ99.55m)の左の白い建物へ移転しています。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 これは「虎ノ門ヒルズ」方面の空撮ですが、左の矢印を付けた場所が「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」の建設地です。

 その矢印の右側の工事現場は「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業)」(地上49階、最高高さ265.75m)の建設地となっており、近年超高層化が著しい一帯に新たな超高層ビルが誕生することになります。



虎の門病院

 これは2019年8月24日の「虎の門病院」です。この時は既に隣のビルは移転済みで既に仮囲いで囲まれていました。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2020年3月22日には解体工事の足場で囲まれており姿を見ることはもうできなくなっていました。



JTタワー

 隣の塔屋が印象的なビルは「JTビル」(地上35階、高さ169.7m)で、これよりも少し背の高い超高層ビルが建設されます。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 現在は8月17日にまでの工期で地上部の解体工事が大成建設によって行われています。

 左端に見えている建設中の建物は「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)で完成時には高さ日本一のタワーマンションとなります。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟

 2020年9月1日が着工予定日で施工者は解体工事と同じく大成建設となります。



虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。名称は「虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事」となっていますが、当ブログでは各社のニュースリリース等で使用されている「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟」を使用しています。

■物件概要■
計画名称:虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟(虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事)
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目105番
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上38階、地下2階
高さ:179.935m(最高高さ184.935m)
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:22,539.74
建築面積:7,896.34
延床面積:180,439.62
建築主:都市再生機構(建築物全般)、虎ノ門エネルギーサービス(地域冷暖房施設に限る)
設計者:大成建設 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2020年9月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

高さ約100m「新虎の門病院」の建設状況(2018.6.3)

新虎の門病院
 虎ノ門で建設中の「新虎の門病院(虎の門病院整備事業)」(地上19階、最高高さ99.55m)です。この右隣にある「虎の門病院」の建て替えで、完成後に移転すると現在の「虎の門病院」は解体され、跡地には高さ約179mの超高層ビルが建設される予定となっています。

新虎の門病院
 このように上半分はコの字型の配置となっています。タワークレーンが2基まだありましたが、そろそろタワークレーンは解体される頃かと思います。

新虎の門病院
 近くから見上げるとまた違った雰囲気です。

新虎の門病院 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:90.20m(最高高さ99.55m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,431.26
延床面積:85,458.02
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年6月20日着工〜2019年3月31日竣工予定

高さ約100m「新虎の門病院」の建設状況(2018.3.3)

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 「虎の門病院」の建て替え「新虎の門病院虎の門病院整備事業)」(地上19階、最高高さ99.55m)です。右端に少し見切れているのが現在の「虎の門病院」で、ここが完成すると移転・解体され跡地には高さ約179mの超高層ビルが建設予定となっています。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 タワークレーン4基で鉄骨がどんどん組まれています。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 坂の上から撮影。大き過ぎてカメラに入り切りません。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 上空から見た完成予想図です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■虎の門病院整備事業の物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:90.20m(最高高さ99.55m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,431.26
延床面積:85,458.02
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年6月20日着工〜2019年3月31日竣工予定

高さ約100m「新虎の門病院」の建設状況(2017.10.1)

虎の門病院整備事業
 「新虎の門病院虎の門病院整備事業)」(地上19階、最高高さ99.55m)の建設地です。現在は免震層の工事中のようでした。これが終わると地下部の鉄骨を組み、そして地上部の建設へと進んで行くものと思われます。

虎の門病院整備事業
 仮囲い越しに見るとこのような感じです。タワークレーン3基でこれから一気に伸びそうな雰囲気がありますが、地上部が見えてくるのはまだ先となりそうです。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 以前、現地看板を撮影した「新虎の門病院」の完成予想図です。潮見坂を登ったところにあるアメリカ大使館前から見た完成予想図です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 空から見た「新虎の門病院」の完成予想図です。右側に薄く描かれている超高層ビルは「虎の門病院」跡地に建設される高さ約179mのビルです。つまり「虎の門病院」が隣に移転後に超高層ビルが建設されます。「新虎の門病院」の建設地は国立印刷局跡地です。

虎の門病院整備事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■虎の門病院整備事業の物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:90.20m(最高高さ99.55m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,431.26
延床面積:85,458.02
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年6月20日着工〜2019年3月31日竣工予定

高さ約100m「新虎の門病院」の建設状況(2017.4.30)

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 4月30日撮影の「新虎の門病院虎の門病院整備事業)」(地上19階、最高高さ99.55m)の建設地です。現地作業工程では躯体工事、コンクリート工事となっていました。見た感じ地上部の建設はまだまだ先でしばらく地下部の工事が続きそうです。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 建設地は傾斜地ですがその坂を降りたところから撮影。右側に見える塔屋が三角形になっているビルが現在の「虎の門病院」です。「新虎の門病院」に移転後に解体され、跡地には高さ約179mの超高層オフィスビルが建設されます。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 現地看板を撮影した「新虎の門病院」の完成予想図です。これは坂を登ったところから見た様子です。左下にサラリーマンとOL?が描かれていますが、この部分はアメリカ大使館の関係者しか通れないので有り得ない光景です。この場所で180度反対を見るとアメリカ大使館です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 坂を降りた場所から見た完成予想図です。右側の超高層ビルが「虎の門病院」跡地に建設される超高層ビルです。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 上空から見た完成予想図です。建設地は国立印刷局の跡地です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 低層部です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業)
 車寄せです。

虎の門病院
 現在の「虎の門病院」です。

新虎の門病院(虎の門病院整備事業) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■虎の門病院整備事業の物件概要■
計画名称:虎の門病院整備事業
所在地:東京都港区虎ノ門ニ丁目105番
用途:病院
階数:地上19階、地下3階
高さ:90.20m(最高高さ99.55m)
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:10,729.72
建築面積:7,431.26
延床面積:85,458.02
建築主:国家公務員共済組合連合会
設計者:佐藤総合計画(基本設計・設計監理)、戸田建設(実施設計)
施工者:戸田建設
工期:2016年6月20日着工〜2019年3月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク