超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

苗穂駅

苗穂駅直結ツインタワー!地上27階、地上25階「プレミストタワーズ札幌苗穂」の建設状況(2020.1.2)

プレミストタワーズ札幌苗穂

プレミストタワーズ札幌苗穂

 札幌の苗穂駅前で建設中のツインタワーマンション「プレミストタワーズ札幌苗穂」の完成予想図です。現地に「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」として現地に設置されている看板を撮影しました。

 場所は札幌駅の隣駅である「苗穂」駅の南口駅前広場に隣接した場所で、東側(完成予想図右)がA街区となる地上25階建てのアクアゲート、西側(完成予想図左)がB街区となるブライトゲートとなります。建築主は北3東11周辺地区市街地再開発組合で売主は大和ハウス工業です。

 「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」としての敷地はA街区〜D街区まであり、B街区はブライトゲートの他に医療、商業施設と地上14階建ての高齢者向け分譲住宅(総戸数77戸)が建設され、C街区には地上4階建ての寺院、D街区には地上4階建てのオフィスビルが建設されます。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 左がブライトゲートで札幌駅方面、右がアクアゲートで千歳空港方面となります。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 JR苗穂駅とは2階レベルで屋根付きの空中歩廊で接続されます。雪国でこの空中歩廊で駅直結というのはかなりポイントが高いです。札幌駅からすすきのまで地下だけで行けるので、外に出ることなくだいたいの場所に行けることになりそうです。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から撮影した「プレミストタワーズ札幌苗穂」の建設地方面です。



苗穂

 苗穂駅を挟んだ隣では昨日のブログに載せた「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)が建設中です。



苗穂

 同方向の夜景です。入居が始まるとこの方向の夜景も賑やかになりそうです。ただこの展望室の目の前では地上47階、高さ230m級を目指す「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」が計画されているため将来的にはこの方向の夜景は見れなくなるかもしれません。




プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

 「プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート」(地上25階、最高高さ85.29m)の建設地です。苗穂駅の改札内から撮影しました。そろそろ地上部の建設も始まりそうな感じでした。



プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

 地上から撮影。この通り駅のすぐ隣です。背後で建設中のタワーマンションが「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)で、その右後ろあたりにショッピングモールの「アリオ札幌」があります。



プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート 建築計画のお知らせ

 アクアゲートの建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【A街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東11丁目335-2、北3条東12丁目99-4
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:204戸(管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、ラウンジ1戸、集会室1戸)
階数:地上25階、地下1階
高さ:83.79m(最高高さ85.29m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積:4,282.72
建築面積:1,841.36
延床面積:23,384.78
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2021年11月下旬竣工予定
入居:2022年2月中旬予定



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 「プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート」(地上27階、最高高さ89.69m)の建設地です。苗穂駅から撮影しました。何やら屋根がありますが…



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 地上から見るとこのように仮設の屋根だけで、これは雪よけに使用する屋根かと思います。



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 雪国ならではの光景ですかね。



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート 建築計画のお知らせ

 ブライトゲートの建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【B街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東10丁目18-1、-2、-3、-23、-25、-32 東11丁目20-4、-5、-6、-8、-9
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、診療所、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:204戸(管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、ラウンジ1戸、集会室1戸)
階数:地上27階
高さ:88.19m(最高高さ89.69m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積:7,531.67
建築面積:3,895.72
延床面積:32,873.00
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2022年3月下旬竣工予定
入居:2022年6月中旬予定

苗穂駅直結!地上27階「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」の建設状況(2020.1.2)

ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 札幌の「苗穂」駅前で建設中のタワーマンション「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)です。札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から撮影しました。右側の屋根のついた通路がある場所が「苗穂」駅で札幌駅からは1駅です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「さっぽろテレビ塔」から見るとこのように見えます。21階あたりまで建設が進んでいました。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「苗穂」駅前から見た「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」です。マンションがあるのは北口側ですがこれは南口側から見た様子です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「苗穂」駅のコンコースから撮影。ちなみに「苗穂」は「なえぼ」と読みます。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 その「苗穂」駅の南口を出た目の前が「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」です。苗穂駅とは2階レベルに建設される空中歩廊で接続され駅直結となる予定です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 共用施設として20階にはスカイラウンジが設置されます。他の共用施設としてはコミュニティルームやゲストルームもあります。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 北側から撮影。ここで後ろを向くとショッピングモールの「アリオ札幌」があります。また、この左側にも商業施設が建設予定となっています。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。上棟までもう少しですが完成は約1年後です。

■物件概要■
名称:ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー
計画名:苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
所在地:北海道札幌市東区北四条東10丁目16-5,16-6、北四条東11丁目16-3,16-6、北五条東10丁目16-4、北五条東11丁目16-9
用途:共同住宅、空中歩廊
総戸数:300戸(住戸)他に、スカイラウンジ1戸、コミュニティルーム1戸、ゲストルーム1戸
階数:地上27階
高さ:87.50m(最高高さ89.45m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
敷地面積:8,051.18
建築面積:1,665.56
延床面積:32,897.75
建築主:大京、住友不動産、北海道旅客鉄道
設計者:西松建設
施工者:西松建設
工期:2018年8月上旬着工〜2021年1月29日竣工予定
入居:2021年3月4日予定

札幌市苗穂駅前の27階、25階建てツインタワマン「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」の空撮と建設状況(2019.06.24)

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業とは?

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

 「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」は札幌駅から1駅のJR苗穂駅の南側一帯の再開発です。JR苗穂駅南口駅前広場の東側(完成予想図右)のA街区には25階建てのタワーマンション、西側(完成予想図左)のB街区には27階建てのタワーマンションが建設されます。建築主は北3東11周辺地区市街地再開発組合で参加組合員として大和ハウス工業とコスモスイニシアが参画しています。

 敷地はA街区〜D街区まであり、B街区には医療、商業施設と地上14階建ての高齢者向け分譲住宅(総戸数77戸)も含まれています。C街区は地上4階建ての寺院、D街区は地上4階建てのオフィスビルとなります。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

 A街区とB街区のタワーマンションはこのようにJR苗穂駅とは屋根や窓が付いた空中歩廊で接続されます。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

 苗穂駅は札幌駅側に約300mほど移設して昨年、2018年11月17日に開業しました。そのためまだ駅前は再開発中の場所が多いですが、将来的にはこのようにキレイな駅前となります。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業

 苗穂駅にある完成予想の模型です。2022年5月の完成予定です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 2019年6月24日にチャーターしたセスナから撮影した「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。駅前ロータリーの右側に25階建てのタワーマンションが建設されます。その駅前ロータリーは拡張中でその左側に27階建てのタワーマンションが建設されます。さらにその左の小さな区画に寺院が建設されます。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 苗穂駅の北側には昨日のブログに載せた「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)が建設中です。その右上にはショッピングモールの「アリオ札幌」があり、空中歩廊と苗穂駅を通ることによって地上に降りることなく行けるようになります。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 写真左上のタワーマンションは「ライオンズマンション札幌スカイタワー」(地上28階、高さ92m)です。苗穂駅周辺にはタワーマンションが4棟となるため遠方からも目立つ場所となりそうです。。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 北口側から見た「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」です。苗穂駅は特急などは通過してしまいますが、千歳線と函館本線の2路線が通るので本数はそれなり多いかと思います。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 左上の青い屋根のある場所が元の苗穂駅です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 写真下側が札幌駅方面となります。ちょっと前から札幌でも電動シェアサイクルが始まり、苗穂駅前からも乗れるので電車を使わなくても気軽に札幌中心部まで行けます。今回は札幌中心部から苗穂に行くときに利用しましたが便利でいいですね。撮影効率が格段に上がります。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業の空撮

 おまけの1枚です。苗穂はJR北海道の車両基地である「苗穂運転所」があります。そのため以前の苗穂駅では現在の苗穂駅の近くにあった歩道橋を渡らないと北側に行けませんでしたが、それが苗穂駅を移転したおかげで南北の分断が解消されかなり利便性が上がったと思います。ただ、旧駅舎近くに住んで人、商売をしていた人、通勤していた人にとってはあまり歓迎できないかもしれませんね。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区」(地上25階、最高高さ85.29m)の建設地です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 このようにすぐ後ろには苗穂駅があります。これだけ駅に近いタワーマンションは全国でもそう滅多にありません。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区

 苗穂駅の改札内から撮影した建設地です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【A街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東11丁目335-2、北3条東12丁目99-4
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:204戸
階数:地上25階、地下1階
高さ:83.79m(最高高さ85.29m)
構造:RC/S造
敷地面積:4,282.72
建築面積:1,841.36
延床面積:23,384.78
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、コスモスイニシア
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2022年5月31日竣工予定



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区」(地上27階、最高高さ89.69m)の建設地です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 仮囲いの中です。右に見えるのが苗穂駅です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 その苗穂駅から見た建設地です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区

 苗穂駅のホームから見た様子です。



北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。数値は医療、商業施設と高齢者向け分譲住宅を含めた数値かと思います。

■物件概要■
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【B街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東10丁目18-1、-2、-3、-23、-25、-32 東11丁目20-4、-5、-6、-8、-9
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、診療所、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:281戸
階数:地上27階
高さ:88.19m(最高高さ89.69m)
構造:RC/S造
敷地面積:7,531.67
建築面積:3,895.72
延床面積:32,873.00
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、コスモスイニシア
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2022年5月31日竣工予定

地上27階「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」の空撮と建設状況(2019.06.24)

ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 札幌駅から1駅の「苗穂」駅前で建設中のツインタワーマンション「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)の空撮です。6月24日にセスナをチャーターして撮影しました。大京、住友不動産、JR北海道による分譲のタワーマンションです。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 左上に見えるのが苗穂駅です。以前の苗穂駅は写真左の方にありましたが2018年11月17日に札幌駅側に約300mずれて新駅舎が開業しました。そのため駅周辺はまだ建設中の場所が多いです。



アリオ札幌の空撮

 すぐ隣にはショッピングモールの「アリオ札幌」があります。左下はサッポロビール博物館とサッポロビール園です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 それにしても札幌でこうして空撮してみると土地が広くて駐車場が多いですね。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」と反対側の駅前ロータリーの両側では「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」が行われており地上27階建てと25階建てのタワーマンションが建設されます。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「さっぽろテレビ塔」からの眺めです。左のツインタワーマンションが先週のブログに載せた「ザ・タワーズフロンティア札幌」(地上21階、最高高さ69.99m)です。右側に見えるタワークレーンが「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)から見た苗穂駅方面です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」にズームです。辛うじて本体が見えていました。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 現地から撮影。まだまだ地上部の建設が始まったばかりです。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「アリオ札幌」の駐車場から撮影。左後ろに見えるタワーマンションは「ライオンズマンション札幌スカイタワー」(地上28階、高さ92m)です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 看板と一緒に撮影。看板に書いてある通り空中歩廊で駅直結となります。駅から道路を渡ることなく行ける場所ですが屋根付きの空中歩廊となり、隣に建設される商業施設にも繋がります。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー
計画名:苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
所在地:北海道札幌市東区北四条東10丁目16-5,16-6、北四条東11丁目16-3,16-6、北五条東10丁目16-4、北五条東11丁目16-9
用途:共同住宅、空中歩廊
総戸数:300戸(住戸)他に、スカイラウンジ1戸、コミュニティルーム1戸、ゲストルーム1戸
階数:地上27階
高さ:87.50m(最高高さ89.45m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
敷地面積:8,051.18
建築面積:1,665.56
延床面積:32,897.75
建築主:大京、住友不動産、北海道旅客鉄道
設計者:西松建設
施工者:西松建設
工期:2018年8月上旬着工〜2021年1月29日竣工予定
入居:2021年3月4日予定

地上27階「苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業」の建設地の様子

苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
イメージパース[出典:JR北海道]

 札幌で建設される「苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業」(地上27階、高さ87.50m)の完成予想図です。その名の通り苗穂駅前が建設地で大京、住友不動産、JR北海道による分譲のタワーマンションとなります。苗穂(なえぼ)と言われてもどこかわからない人が多いと思いますがJR札幌駅の隣駅です。


苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
イメージパース[出典:札幌市]

 こちらは札幌市のHPで公開されている「苗穂駅北口西地区」全体の完成予想図です。新苗穂駅北口と書かれた場所がありますが、現在苗穂駅は札幌駅側へ約300m移転させ橋上駅舎化を図る工事が行われており、その新駅舎の両側が再開発される計画となっています。その新駅舎は2018年11月17日に開業予定となっています。

 また、右側にサッポロガーデンパークと書いてある場所はサッポロビール札幌工場跡地で、サッポロビール園、サッポロビール博物館、アリオ札幌、北海道日本ハムファイターズ屋内練習場があります。その中でアリオ札幌とは苗穂駅からペデストリアンデッキで接続される予定となっています。


苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
配置図[出典:JR北海道]

 このように27階建てのタワーマンション以外に、駅前広場、病院、高齢者住宅、商業施設が建設される計画となっています。


苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
 2018年6月24日に撮影した「苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業」の建設地です。8月上旬着工予定のため現在は既に工事が始まっているものと思われます。

苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
 広角で撮影。このようにほとんどがまだ更地のままでした。

苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
 建設中の新駅舎の隣にある南北を繋ぐ歩道橋から撮影。真下は新駅舎のホームです。次回、札幌訪問時にはこのホームを使うことになります。

苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
 札幌駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)からの眺めです。写真中央あたりに「苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業」が建設されます。

苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
所在地:北海道札幌市東区北四条東10丁目16-5,16-6、北四条東11丁目16-3,16-6、北五条東10丁目16-4、北五条東11丁目16-9
用途:共同住宅、空中歩廊
総戸数:300戸
階数:地上27階
高さ:87.50m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:8,051.18
建築面積:1,665.56
延床面積:32,897.75
建築主:大京、住友不動産、北海道旅客鉄道
設計者:西松建設
施工者:西松建設
工期:2018年8月上旬着工〜2021年夏竣工予定


■お知らせ■
 10月上旬に発売となる超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』がAmazonで予約できます!よろしくお願いします!

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク