超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

芝浦

「(仮称)芝浦二丁目計画」長谷工が高さ約120mのタワーマンション計画!

(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 港区芝浦で計画されている「(仮称)芝浦二丁目計画」の建設地の空撮です。この赤色を付けた場所に長谷工コーポレーションによって最高高さ約120m、延床面積約54,000屬離織錙璽泪鵐轡腑鷏弉茲港区に提出された環境影響調査計画書により判明しました。

 建設地は賃貸マンションの「パークタワー芝浦ベイワード アーバンウィング」(地上29階、高さ97.14m)の南側です。屋上にRマークがある方が分譲棟で「パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウィング」(地上29階、最高部高さ104.84m)です。一番手前にあるの「インプレストタワー芝浦エアレジデンス」(地上25階、高さ88.24m)で4棟のタワーマンションが密集することとなります。

▼港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧(仮称)芝浦二丁目計画】
http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyoushidouasesutan/shibaura2.html
平成29年2月13日(月曜日)〜平成29年3月12日(日曜日)まで


(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 場所はこっちの空撮の方がわかりやすいですかね。芝浦アイランドの南側(写真右側)に行った場所が計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 昨日撮影した「(仮称)芝浦二丁目計画」の計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 まだまだ普通にオフィスとして稼働しており再開発がある雰囲気はありませんでした。

(仮称)芝浦二丁目計画
 着工予定は2019年度、竣工予定は2022年度です。そのためあと数年前このままかと思います。

■(仮称)芝浦二丁目計画の物件概要■
計画名称:(仮称)芝浦二丁目計画
所在地:東京都港区芝浦2丁目1番1 他
用途:住宅、保育施設等
階数:不明
高さ:約120m
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:約4,500
延床面積:約54,000
事業者:長谷工コーポレーション
工期:2019年度着工〜2022年度竣工予定

高さ235mツインタワー!東芝ビルディングの建替え芝浦一丁目建替計画の概要判明!

芝浦一丁目建替計画 完成予想図
芝浦一丁目建替計画 完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 本日の日刊建設工業新聞に浜松町駅近くの「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の建替え計画「芝浦一丁目建替計画」の概要が掲載されました。記事によると区域面積役4.3haで、南側の敷地に地上46階、地下5階、最高高さ235mでS棟、北側の敷地に地上47階、地下5階、最高高さ235mのN棟、総延べ面積58万屬離張ぅ鵐織錙爾魴設する計画となっています。野村不動産グループのNREG東芝不動産と野村不動産が提出した環境影響評価調査計画書から明らかになったとのことです。

 「芝浦一丁目建替計画」は東京圏国家戦略特別区域会議が認定する都市再生プロジェクトの一つです。数日前に載せた「三田三・四丁目地区」(地上42階、高さ約215m)もそうですが、国家戦略特区になると高さ制限を超えてきますね。羽田空港高さ制限回答システムによるとこの辺りは高さ約194m前後で40m近く制限を超えています。

▼日刊建設工業新聞:2016年11月24日
NREG東芝不、野村不/芝浦一丁目建替計画/超高層ビル2棟建設、総延べ58万平米

芝浦一丁目建替計画の計画地の空撮
 「芝浦一丁目建替計画」の計画地の空撮です。中央が凹んでいる「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)とその左側、そして背後にある「東芝浜松町ビル」も計画地となっています。

 まずは餞工事として左側(南側)の低層既存施設を2020年度から解体し、2023年度までに地上46階、地下5階、最高高さ235mでS棟を建設します。S棟はオフィスとホテルで構成される複合ビルとなり、2024年度中に「浜松町ビルディング」と「東芝浜松町ビル」の入居者が移動してきます。

 そして魎工事として2025年度に「浜松町ビルディング」と「東芝浜松町ビル」の解体を開始し、2029年度までに地上47階、地下5階、最高高さ235mのN棟を建設します。N棟はオフィスと約350戸の住宅からなる複合ビルとなります。住宅フロアがどこになるのかは不明ですが、もし高層階となると日本一高いフロアの住宅となりそうです。N棟の共用開始は2030年度を想定しています。

 このS棟とN棟は商業機能などが入る低層部で繋がり行き来できる構造となります。

浜松町ビルディング(東芝ビルディング)
 近くから撮影した「浜松町ビルディング」です。1984年3月に東芝本社が入る「東芝ビルディング」として竣工しました。そこまで古いビルではなくもったいない気もしますが、解体される頃には築40年を超えているのでちょうど建替えの時期なのかもしれないですね。

レインボーブリッジから芝浦方面の眺め
 レインボーブリッジからの眺めです。この辺りの東京湾岸は倉庫が建ち並び殺風景で、ビルもそこまで高くなく好きではないのですが「芝浦一丁目建替計画」が出来るとそのイメージも少し変わりそうです。でも、やっぱり倉庫街をどこかに移転して海を楽しめる場所に整備して欲しいですね。

カレッタ汐留から芝浦方面の眺め
 カレッタ汐留からの眺めです。右端に高層階だけ見えているのが「浜松町ビルディング」です。目の前の運河では船の発着所の整備なども行われる予定となっています。

芝浦・浜松町方面の空撮
 芝浦から浜松町にかけての空撮です。浜松町駅までも大規模な再開発が進み、この空撮には写っていない写真右下の竹芝でも大規模な再開発が進行中です。これから再開発が終わる頃にはどのような街になっているんでしょうね?楽しみです。

■芝浦一丁目建替計画の物件概要■
計画名称:芝浦一丁目建替計画
所在地:東京都港区芝浦1丁目
用途:事務所、ホテル、共同住宅(約350戸)
階数:地上46階、地下5階(S棟)、地上47階、地下5階(N棟)
高さ:最高高さ235m
区域面積:約4.3ha
延床面積:約58万
建築主:NREG東芝不動産、野村不動産
調査計画書の作成業務:日建設計
工期:2020年度着工〜2023年度竣工予定(餞)、2025年度着工〜2029年度竣工予定(魎)

モノレールから撮影!クラッシィハウス芝浦の建設状況(2016.8.11)

クラッシィハウス芝浦
 モノレールから撮影した建設中の「クラッシィハウス芝浦」(地上20階、最高高さ65m)です。全戸運河ビューとなる総戸数123戸の分譲マンションです。

クラッシィハウス芝浦
 既に上棟していると思うのですがネットで覆われて見えませんでした。足場が不要になるまで外観は見ることが出来なさそうです。

クラッシィハウス芝浦
 反射光が入ってしまいましたが少し広角でもう1枚。このようにやたらと広い運河に面しています。運河の対岸にはモノレールがあり、その後ろには芝浦アイランドの巨大なタワーマンションが建ち並んでいます。

■クラッシィハウス芝浦の物件概要■
名称:クラッシィハウス芝浦
計画名称:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦四丁目2番28,2番52(地名地番)
用途:共同住宅
総戸数:123戸(別途管理事務室1戸)
階数:地上20階、地下1階
高さ:59.99m(最高65m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打造成杭
敷地面積:1,729.25
建築面積:850.13
延床面積:13,240.87
建築主(売主):住友商事・大和ハウス工業
設計者:日建ハウジングシステム
施工者:安藤・間(安藤ハザマ)
工期:2014年6月1日着工〜2017年1月中旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定

モノレールから見た「クラッシィハウス芝浦」の建設状況(2016.1.23)

クラッシィハウス芝浦
 芝浦で建設中の「クラッシィハウス芝浦」(地上20階、最高高さ65m)です。2週間くらい前に載せたばかりですが今回はモノレールから撮影しました。真後ろのタワーマンションはUR賃貸の「トリニティ芝浦」(地上24階、高さ77.3m)です。さらに右後ろの白いタワーマンションは「キャピタルマークタワー」(地上47階、高さ167.31m)で三角形の形をしてします。

クラッシィハウス芝浦
 少し広角でもう1枚。「クラッシィハウス芝浦」は全戸この運河ビューとなっています。住戸から運河を眺めるとモノレールが視界に入ります。タワーマンションに住んでみて個人的に思うのは、何か動きがある景色の方が飽きがきません。ここはモノレールがその動きの役割を果たすので飽きがこない景色になるのかなと思います。

■クラッシィハウス芝浦の物件概要■
名称:クラッシィハウス芝浦
計画名称:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦四丁目2番28,2番52(地名地番)
用途:共同住宅
総戸数:123戸(別途管理事務室1戸)
階数:地上20階、地下1階
高さ:59.99m(最高65m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打造成杭
敷地面積:1,729.25
建築面積:850.13
延床面積:13,240.87
建築主(売主):住友商事・大和ハウス工業
設計者:日建ハウジングシステム
施工者:安藤・間(安藤ハザマ)
工期:2014年6月1日着工〜2017年1月中旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定

クラッシィハウス芝浦の建設状況(2016.1.10)

クラッシィハウス芝浦
 芝浦で建設中の「クラッシィハウス芝浦」(地上20階、最高高さ65m)です。全体がネット覆われていて現在何階まで建設が進んでいるのかは不明ですが、見た感じだと8〜10階くらいでしょうか?伸びるのが割りとゆっくりです。

クラッシィハウス芝浦
 すぐ後ろのタワーマンションはUR賃貸の「トリニティ芝浦」(地上24階、高さ77.3m)です。「クラッシィハウス芝浦」が建つと眺望にかなり影響が出てしまいますが、賃貸は引っ越せばいいだけなので将来の眺望を気にせずに住める点は賃貸タワマンのいいところだと思っています。

 右後ろの巨大なタワーマンションは「キャピタルマークタワー」(地上47階、高さ167.31m)です。

クラッシィハウス芝浦
 建設地は運河沿いですがここの運河の幅はかなりあります。目の前がこれだけ広い運河だと開放感はかなりありそうですね。ただ、運河の渡るとモノレールがあり、そしてその後ろには芝浦アイランドの巨大なタワーマンションがそびえ立っています。

■クラッシィハウス芝浦の物件概要■
名称:クラッシィハウス芝浦
計画名称:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦四丁目2番28,2番52(地名地番)
用途:共同住宅
総戸数:123戸(別途管理事務室1戸)
階数:地上20階、地下1階
高さ:59.99m(最高65m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打造成杭
敷地面積:1,729.25
建築面積:850.13
延床面積:13,240.87
建築主(売主):住友商事・大和ハウス工業
設計者:日建ハウジングシステム
施工者:安藤・間(安藤ハザマ)
工期:2014年6月1日着工〜2017年1月中旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。