超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

竹芝

高さ209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2018.2.24)

(仮称)竹芝地区開発計画
 竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画」(地上40階、高さ208.83m)です。旧芝離宮恩賜庭園から撮影しました。観測スポットとして思っていた以上に良い場所でした。今回はここに満足してしまったので「貿易センタービル」には登っていません。

(仮称)竹芝地区開発計画
 近くから撮影。現在6階でしょうか?鉄骨がどんどん組まれています。

(仮称)竹芝地区開発計画

(仮称)竹芝地区開発計画
 海側の鉄骨が組まれていませんが、こちら側には階段状のテラスが誕生します。

(仮称)竹芝地区開発計画
 竹芝駅から撮影。建設地は都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)」「東京都計量検定所」の跡地で、低層部には中小企業向けの展示施設となる「新産業貿易センター」や「コンテンツ支援施設」などが入ります。

(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟)
 「東京都公文書館」の跡地では「(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)が建設されます。計画発表時はシェアハウス、賃貸住宅、サービスアパートメントという3種類の賃貸が入る共同住宅でしたが、規模が縮小しているので今もその構成かどうかは不明です。

鈴与竹芝ビル ホテル新築工事
 住宅棟建設地の隣に空き地が誕生していますが、ここには「鈴与竹芝ビル ホテル新築工事」(地上13階、高さ44.70)が建設されます。

 また、ゆりかもめの下に歩道橋が建設されていますが、これは「(仮称)竹芝地区開発計画」の一部でゆりかもめ「竹芝」駅から「浜松町」駅までペデストリアンデッキで繋がることとなります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 このように浜松町駅側でもペデストリアンデッキの工事は行われており既に支柱が立っています。

(仮称)竹芝地区開発計画
 首都高の隣では既にデッキ部分の工事も始まっていました。首都高の上を通るペデストリアンデッキのためかなりの高さがあります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 前回、現地看板を撮影した完成予想図です。

(仮称)竹芝地区開発計画
 このペデストリアンデッキは眺めも良さそうなので同再開発の楽しみの一つです。2020年完成予定となっていますが、一部早めに開放して欲しいですね。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■業務棟の物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

(仮称)竹芝地区開発計画(地上40階、高さ約209m)の建設状況(2018.1.6)

(仮称)竹芝地区開発計画
 「世界貿易センタービル」の展望台から見た建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画」(地上40階、高さ208.83m)です。タワークレーン3基で鉄骨がどんどん組まれはじめています。

(仮称)竹芝地区開発計画
 現地看板を撮影した完成予想図です。低層部の海側はこのように階段状のテラスが設置されます。また、最上階の海側にはラウンジが設置されますがオフィスビルの入居者専用かと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)
 地上から見た「(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)」です。角地の柱は「浜松町」駅まで繋がるペデストリアンデッキの柱です。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)
 まずは首都高側からどんどん鉄骨が組まれていっています。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)
 階段状のテラスとなる場所はまだまだ鉄骨は組まれなさそうな雰囲気でした。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)
 建設地は都有地である「都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)」「東京都計量検定所」の跡地で約70年間の定期借地となります。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)
 ゆりかもめ「竹芝」駅から見た「(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)」です。

(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟)
 手前の「東京都公文書館」の跡地は「(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)の建設地となっています。

(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟)
 当初は地上21階、高さ約100mで計画されており、そのときのフロア構成は子育て支援施設、シェアハウス、賃貸住宅、サービスアパートメントとなっていました。今もその構成かは不明です。

(仮称)竹芝地区開発計画
 もう一度「世界貿易センタービル」の展望台からの眺めです。「(仮称)竹芝地区開発計画」までの間には「旧芝離宮恩賜庭園」があります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 その隣の道路沿いに「浜松町」駅と「竹芝」駅を繋ぐペデストリアンデッキが建設されます。現在はその柱が建ち並んでいます。

(仮称)竹芝地区開発計画
 地上から見るとこのような感じです。

(仮称)竹芝地区開発計画
 そして現地看板のイメージパースを見ると屋根付きで「旧芝離宮恩賜庭園」を望めるペデストリアンデッキとなるようです。階段状のテラスも楽しみですがこのペデストリアンデッキも楽しみの一つです。

(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟) 建築計画のお知らせ
 業務棟の建築計画のお知らせです。

■業務棟の物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定


(仮称)竹芝地区開発計画(住宅棟) 建築計画のお知らせ
 住宅棟の建築計画のお知らせです。

■住宅棟の物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番3号(地番)
用途:共同住宅、店舗、保育所
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m(最高70m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,434.49
建築面積:2,223.44
延床面積:19,560.41
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション、鹿島建設
工期:2018年4月20日着工〜2020年6月30日竣工予定

四季劇場(春・秋)の解体状況と高さ122m「竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設状況(2017.11.5)

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 竹芝の再開発「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の計画地です。手前の山留工事が行われている場所が地上26階、高さ122mの高層棟の建設地で、低層階が商業施設、中層階がオフィスフロア、そして高層階がホテルフロアとなる複合ビルが建設されます。奥の解体中のビルは四季劇場で、解体後は再び劇団四季や商業施設が入る劇場棟が建設されます。

 右奥の緑地は浜離宮恩賜庭園で、中央奥の超高層ビル群は汐留です。最寄り駅はゆりかもめ「竹芝」駅でJR「浜松町」駅等も徒歩圏の立地です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 少し移動してもう1枚。高層棟の建設地はJR東日本浜松町社宅や弥生会館の跡地です。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 解体中の「アートセンター四季劇場(春・秋)」です。劇団四季の [春]・[秋]の劇場があった場所で[春]ではライオンキングが上演されていました。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場[秋]側です。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場の中央です。どんどん解体されています。

アートセンター四季劇場(春・秋)
 四季劇場[春]側です。解体工期は2018年6月16日までとなっています。

竹芝ウォーターフロント開発計画 イメージパース
竹芝ウォーターフロント開発計画 イメージパース[出典:JR東日本]

竹芝ウォーターフロント開発計画 配置図と断面図
竹芝ウォーターフロント開発計画 配置図と断面図[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。東京五輪前の2020年6月30日に竣工予定です。

■(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:122m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.300屐粉存建物含む面積:15,700屐
延床面積:108,500屐粉存建物含む面積:111,500屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:未定
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

「竹芝地区開発計画」住宅棟の建築計画のお知らせ設置!(2017.11.5)

都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)の完成予想図
(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図の完成予想図[出典:東急不動産、鹿島建設]

 竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画」の完成予想図です。海側に描かれいる大きな超高層ビルが数日前に当ブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)で、その左側の小さい方が「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)です。

 この完成予想図が発表された当時の住宅棟は地上21階、高さ約100mの規模で計画されていました。フロア構成として子育て支援施設、シェアハウス、賃貸住宅、サービスアパートメントが計画されていましたが、今もその構成で計画されているのかは不明です。建築計画のお知らせの用途では共同住宅、店舗、保育所となっています。

竹芝
 世界貿易センタービルから撮影した竹芝方面の眺めです。タワークレーン1基で建設中のビルが業務棟で、そこより海側が住宅棟です。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」にズームです。着工予定は2018年4月2日で以前はこの場所に業務棟の外装モックアップが設置されたりしていました。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)
 ゆりかもめ「竹芝」駅から見た住宅棟の建設地です。「東京都公文書館」の跡地です。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)
 反対側から撮影。正面の超高層ビルは「ニューピア竹芝サウスタワー」(地上21階、高さ99.1m)です。

歩行者デッキ工事
 最初の完成予想図に描かれていますが同再開発では浜松町駅から続く歩行者デッキが建設されます。現在はその歩行者デッキも建設中です。

歩行者デッキ工事
 首都高を超える歩行者デッキだけあって柱が高いです。隣には旧芝離宮恩賜庭園があるので、どんな眺めになるのか楽しみなペデストリアンデッキです。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。東京オリンピック前には完成予定です。

■(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番3号(地番)
用途:共同住宅、店舗、保育所
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m(最高70m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,434.49
建築面積:2,223.44
延床面積:19,560.41
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション、鹿島建設
工期:2018年4月20日着工〜2020年6月30日竣工予定

タワークレーン設置!高さ約209m「竹芝地区開発計画」の建設状況(2017.11.5)

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 世界貿易センタービルから撮影した建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。建設地は東京都計量検定所跡地と都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)跡地です。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 タワークレーンが1基設置され地上部の鉄骨が組まれ始めていました。こちら側が東京都計量検定所跡地でその背後が都産貿跡地です。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 地上から撮影。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 今はタワークレーン1基ですが、この規模なのでこれからタワークレーンが増えるかと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 ゆりかもめ「竹芝」駅から撮影。まだ背景と同化してわかりにくいですね。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 海近くのためウォーターフロントの景色が変わりそうです。

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)
 浜松町駅前のペデストリアンデッキから撮影。タワークレーンが設置されたため、どこに建つのかわかりやすくなりました。

(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図
(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図[出典:内閣府]

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:180,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。